Webサイトの自作にオススメのホームページ作成ツール比較ランキング

ホームページ制作ツールランキング ホームページ作成

会社やお店の公式ホームページを作りたいけど、Web制作会社に申し込むと費用が高いし、自社でなんとかしたいと思っている事業者の方も多いと思います。

以前は選択肢としてはジャストシステムから発売されているのホームページビルダーぐらいしかありませんでしたが、今は多くのホームページ作成ツールが開発されています。

「Webサイトビルダー」と呼ばれるホームページ作成ツールを使えば会社やお店の公式サイトが誰にでも作れて、更新も簡単で、維持費用も安いので多くの事業者に利用さています。

そこでWebサイトビルダーのおすすめランキングを作成したので、参考にしてみてください!

 

会社やお店の公式サイトではなく、ブログをやりたい方はWordPressが唯一の選択肢なので、このページで紹介するWebサイトビルダーではなくエックスサーバーあたりのワードプレスの簡単インストール機能があるレンタルサーバーを借りた方が幸せになれます。

 

ホームページ作成ツールを選ぶ際の注意点5つ

ノートパソコンホームページ作成ツールのランキング発表の前に、ツールを選ぶ際に注目すべきポイントを5つ紹介します。

  1. サポート体制
  2. 学習コスト
  3. 日本語サイトに適しているか
  4. 維持コスト
  5. デザインテンプレートの種類

 

サポート体制

第一にサポート体制が充実しているかどうかです。

ホームページ作成ツールを利用してホームページを作成したい方は、おそらくそこまでWeb制作の知識が無い方が大半ではないかと思います。

分からないことが出てきたときに、問い合わせをしたら教えてくれる体制があるかどうかはチェックポイントの1つです。

 

学習コスト

ホームページ作成ツールを利用する際に、ホームページを完成させたり、更新する際にどれぐらい勉強しなければならないかなども重要になってきます。

学習コストが高いほど、作り込みができます。学習コストが低いホームページ作成ツールほど作り込みはできませんが、その分操作性がシンプルで学習時間も少なくて済みます。

 

日本語サイトに適しているか

ホームページ作成ツールの中には、世界中で利用されているサービスもあります。

英語のサイトなら綺麗に見えても、日本語のサイトを作成すると、なんとなく違和感を感じるデザインテンプレートも存在します。

 

維持コスト

ホームページを作成する際に、どれぐらいの年間コストが必要になるのかも重要な要素です。

 

デザインテンプレートの種類

ホームページ作成ツールを使用する際には、デザインテンプレートを使用します。

テンプレートを変更することによって、ホームページのデザインを瞬時に変更することができます。自分の作りたいホームページにマッチしたテンプレートを探すためには、種類を多く取り揃えているかどうかもホームページ作成ツールを選択する際のポイントの1つです。

 

おすすめホームページ作成ツール比較ランキング

それでは、オススメホームページ作成ツールのランキングに入りたいと思います。

 

1位:Goope(グーペ)

グーペ

大手インターネット企業のGMOペパポ株式会社が運営開発しているホームページ作成ツールです。

できることはシンプルですが、誰にでも使いやすく設計されているので、ホームページ作成が苦手な人でも簡単に利用することができます。

特にスモールビジネス向けの集客ツールが豊富なので、ホームページを集客ツールとしても利用したい場合にオススメです。シンプル設計なので、表示速度にも定評があります。

 

維持コスト学習難易度サポート体制日本語テンプレート数
★★★★☆★★★★★★★★★☆★★★★★★★★☆☆

 

グーペ
Goope(グーペ)とは?評判の特徵や料金・口コミを徹底解説!
誰にでも簡単にホームページが作成できて、集客機能も強いということで人気が高いGoope(グーペ)。GMOペパポ株式会社が運営する、待望の国産のWebサイトビルダーです。 「でもグーペって何がいいの?」 「WixやJimdoと何が違う...

2位:Jimdo(ジンドゥー)

ジンドゥー

Jimdoはドイツ製のWebサイトビルダーですが、日本ではKDDIグループがサポートをしており、日本国内で大変人気のあるホームページ作成ツールです。ドラッグ・アンド・ドロップ操作が特徴的で、誰にでも簡単に利用できます。

参考書なども数多く出版されているので、使い方の情報が手に入りやすいツールです。

 

維持コスト学習難易度サポート体制日本語テンプレート数
★★★★☆★★★★☆★★★★☆★★★★☆★★★★☆

 

Jimdo

 

3位:Wix(ウィックス)

Wix

ホームページ作成ツールの中で最も知名度があり、世界中で使用されているのがWixです。操作性はJImdoと似ていますが、より作り込みができます。

Wixはテンプレートが豊富で、カスタマイズできる幅もグーペはJimdoよりも豊富です。

しかしながら、グーペやJImdoが日本人向けにカスタマイズされているのに対し、Wixはグローバル仕様なので、少し日本人には使いにくい部分があったり、サポートがアメリカにあったりするので、少し注意が必要です。

 

維持コスト学習難易度サポート体制日本語テンプレート数
★★★★☆★★☆☆☆★★☆☆☆★★★☆☆★★★★★

 

Wix公式サイト

 

 

4位:ペライチ

ペライチ

ペライチでは全ての情報を1枚に集約するランディングページ型のホームページの作成が得意です。多くのWeb制作会社でもモックアップ(仮デザイン)やキャンペーンサイトに利用されています。

コンセプト的に、ページ数が多いサイトはあまり想定してないようで、料金的に高くなってくるので、後々ページを追加していく可能性がある場合には、注意が必要です。

 

維持コスト学習難易度サポート体制日本語テンプレート
★★★★☆★★★★★★★★★☆★★★★★★★★☆☆

 

 

ペライチ公式サイト

 5位:Squarespace(スクエアスペース)

squarespace

ニューヨーク生まれのオシャレなホームページが作成できるWebサイトビルダーです。 アメリカではWix以上に人気があるWebサイトビルダーです。特にネットショップのカスタマイズが評判なのですが、日本の商習慣にはあまりマッチしていないのが残念です。

 

維持コスト学習難易度サポート体制日本語テンプレート数
★★★★☆★★★☆☆★★☆☆☆★☆☆☆☆★★★★☆

Squarespace公式サイト

 

6位:AmebaOwnd(アメーバオウンド)

アメーバオウンド

AmebaOwnedはアメブロなどを運営するサイバーエージェントが2015年に開始した比較的新し目のホームページ作成サービスです。

アメブロなどからの集客が期待できます。ブログとホームページ両方とも作ることが可能です。

 

維持コスト学習難易度サポート体制日本語テンプレート数
★★★★☆★★★★☆★★★★☆★★★★★★★★★☆

 

AmebaOwned公式サイト

 

7位:Portfoliobox(ポートフォリオボックス)

ポートフォリオボックス

画像をいかに魅せるかを追求したWebサイトビルダーです。オシャレなテンプレートが多く、見ていて楽しいです。写真家などのクリエイターや美大生などがポートフォリオサイトとして利用できると思います。

ただし、ポートフォリオボックスで作成したサイトは、どうも日本からは読み込みが遅いように思えます。Webサイトビルダーはサーバーの移動ができないので、この読み込み時間の長さはホームページ作成ツールとしては致命的です。今後に期待。

 

維持コスト学習難易度サポート体制日本語テンプレート
★★★★☆★★★☆☆★★☆☆☆★☆☆☆☆★★★☆☆

 

ポートフォリオボックス公式サイト

 

8位:One Page(ワンページ)

One Page

One Pageは人気Webマーケティングメディア「Ferret」で名高い株式会社ベーシックが2018年新しくリリースしたばかりのホームページ作成サービスです。

One Pageの特徵として以下のようなものがあります。

  • サイトの多言語化が簡単
  • 日本語フォントが充実
  • 問い合わせフォームのカスタマイズや顧客管理ができる
  • 文章を考えるのが苦手な人のための定型文がある

純国産なのでサポート体制も整っており、SEO(検索エンジン最適化)の知識が豊富な会社が開発しているので、今後のアップデートにも期待が持てます。

2018年10月追記:運営会社からサービス終了のアナウンスがありました。たった6ヶ月でサービス終了って、後発組なのでシェア拡大が難しいのはわかってたことだとは思うのですが… ホームページ作成ツールは長く付き合っていかなければならないので、人気がなさそうなサービスには注意が必要です。

 

番外編:WordPress(ワードプレス)

WordPress

上で紹介したものはWebサイトビルダーといって、法人が開発しているサービスです。会社やお店の公式ホームページをなるべく簡単に作って、メンテナンスにも手間をかけたくないのであれば、Webサイトビルダーから探すのがおすすめです。

このサイトはWebサイトビルダーではなく、WordPress(CMS)と呼ばれるホームページ作成ツールで作っています。世界中のブロガーや中小企業の多くがWordPressを利用しています。

WordPressを使うにはレンタルサーバーの契約が必要ですが、WordPressのシステム自体は無料で利用できます。WordPressの良いところはSEOのカスタマイズが得意なので、ブログを書いて検索エンジンから集客したい場合に威力を発揮します。

 

会社の公式サイトであれば、扱いが簡単なWebサイトビルダーでも検索評価的には問題ありません。

またWebサイトビルダーと同じようにデザインテーマ(デザイン)を変更して着せ替えることができます。

WordPressのテーマは無料でも数多くリリースされていますが、海外製で日本語テキストにはマッチしないことも多いので、日本の法人が開発しているEmanonのようなテンプレートの中から選ぶことをオススメします。

WordPressは一番オススメですが、Webサイトビルダーよりも少しだけ学習量が必要となってくるので、ホームページの学習やメンテナンスの時間的コストを、なるべくかけたくない場合はWebサイトビルダーにしておきましょう。

 

維持コスト学習難易度サポート体制日本語テンプレート数
★★★★★★★☆☆☆★☆☆☆☆★★★☆☆★★★★☆

 

まとめ

  1. 1位:Goope
  2. 2位:Jimdo
  3. 3位:Wix
  4. 4位:ペライチ
  5. 5位:Squarespace
  6. 6位:AmebaOwnd
  7. 7位:ポートフォリオボックス
  8. 8位:One Page
  9. 番外編:WordPress

以上オススメのホームページ作成ツールでした。どのホームページ作成ツールも良いところがあるので、自身が気に入ったものを実際に試用してみてください。

個人的にはレンタルサーバーの設置が自分で行えるならWordPress、レンタルサーバーがよく分からない方はグーペではないかと思います。

ちなみにWordPressの場合にはWebサイトビルダーと違ってレンタルサーバーを借りて、そこにWordPressをインストールする必要があるのでエックスサーバーあたりで契約してください。WordPressの簡単インストール機能も用意されています。

エックスサーバーとは?料金プランや評判の特徵・口コミを徹底解説!
Webサイトを運営していくために欠かせないのが、ネット上のデータ置き場であるレンタルサーバー。レンタルサーバーは、「読み込み速度」や「どれだけのアクセスに耐えられるか」などが関わってくるので業者選びが重要です。 そんな中、多くのブロガ...