会社のWebサイトをワードプレスで作るメリット・デメリット

会社のWebサイトをWordPressで作るメリット ホームページ制作会社

企業のホームページ(コーポレートサイト)をWordPress(ワードプレス)を利用して新規制作や更新依頼を検討している企業も多いと思います。

「ワードプレスでサイトを作ってもらう長所って何?」
「Web制作会社に見積もりとったら、ちょっと高いんだけど…」
「セキュリティの問題とかあるって聞いて、気乗りがしない…」

など色々とワードプレスで企業サイトの制作すべきかどうか悩んでいる事業者も多いと思います。そこでワードプレスが会社のWebサイトを制作するメリット・デメリットを解説したいと思うので、参考にしてもらえれば幸いです。

 

会社のWebサイトをワードプレスで作るメリット・デメリット

企業のWebサイトをWordPressで制作するメリット・デメリットとしては以下のようなものがあります。

 

無料でしかも広告なしで使える

WordPressは無料で使えます。しかも広告なしです。

ホームページビルダーやDreamweaver、Wixなどは有料ですが、WordPressは無料で使えて、広告も表示されません。オープンソース(プログラムが全世界に公開されている)で開発されているWordPressならではの強みです。

 

Web制作の専門知識なしでも扱える

WordPressのテキストエディタのプラグイン

WordPressサイトはHTML・CSS・JavaScript・PHP・MySQLで構成されていますが、こういったマークアップ言語・プログラミング言語、データベース知識が全くなくても、誰でも扱うことができます。

インストールやデザイン、初期設定さえ完了してしまえば、あとは無料ブログサービス使っているのとほとんど同じです。

しかも記事の作成もかなり使いやすいです。筆者はこれまで、はてなブログ、SeeSaaブログ、ライブドアブログなども利用したことがありますが、どの無料ブログよりもWordPressの方が「記事が書きやすい」「更新しやすい」「装飾しやすい」という印象を受けました。

 

ブログ以外のサイトも作成できる

WordPressで作成されたサイト

WordPressはブログ向けのホームページ作成ツール(CMS)ということで、ブログ以外のサイトは制作しにくい印象を持っている方もいますが、制作できるサイトのジャンルはコーポレートサイトからECサイト、キャンペーンサイトからフォーラムサイト、Webメディアまでかなり幅広いです。実際、世界的なファッションブランドの公式サイトや、権威あるメディアの多くがWordPressで構築されていたりします。

もちろんWordPressも万能ではないので、場合によっては作れない・向いてないWebサイトも一部ありますが、中小企業が制作したいサイトの大半はWordPressで実現可能なので、まず第一にWordPressサイトを検討することによって維持コストの節約や、誰でも更新できる使いやすさなどが実現できます。

 

プラグインで色々と追加機能を自社で実装できる

WordPressではプラグイン(拡張機能)をインストールすることによって、多くのデベロッパーが作った色々な機能を持たせることができます。

たとえば3カラム(3列)表示でキャンペーンページやランディングページっぽいものを作りたいって時はPage Builder by SiteOrigin でJimdoみたいにドラッグアンドドロップでページのレイアウトをいじれます。

Web制作会社に発注すると追加料金が高くなるような機能も、大体プラグインで実装することができます。

自社で色々とカスタマイズして実験できる

WordPressで納品してもらえば、自社で色々とカスタマイズして実験できるメリットがあります。

 

問い合わせのボタンを青から赤色に変更したら売上は上がるかな?

場所を右下から右上に移動したらどうなるだろう?

 

といったABテストしたいと思った時にWeb制作会社にいちいち修正依頼していたらその都度お金をとられてしまいます。ちょっとした思いつきをCSSなど触らなくても、デザインをカスタマイズできるのがWordPressのメリットです。

 

SEOに強い

Googleアナリティクス

WordPressよりも高機能なCMSとしてJoomla!やDrupalなどもありますが、SEO的にはWordPressが最も対策しやすいです。

SEO(検索上位表示対策)が重要となるのは検索キーワードからの集客であり、主にブログや記事ページを上位表示させることで検索からの流入を増やします。ブログCMSのWordPressはブログ記事ページのSEOの為の機能が数多く用意されています。

また多くの方によってWordPressは上位表示されることが証明されています。権威性の低い個人ブログですら、上位表示させることができるのがWordPressです。個人ブロガーのサイトははてなブログやアメブロなどの無料ブログサービスを使ってない場合には、ほぼ100%の方がWordPressで作っていると考えていいでしょう。

WixやJImdoなどはブログ機能はあるものの、ほとんど誰もブログ書いてないので本当に上位表示されるのかわかりません。

またWordPressは「関連記事の表示させてサイト内回遊率を上げる」「キャッシュで表示速度を工場」「XMLサイトマップの作成」など様々なSEO対策のプラグインが開発されていたりします。

「こんな機能があったらな〜」という機能を大体どこかのエンジニアが開発してくれているのが、WordPressがSEOに強い要因の1つです。

 

サイトのデザインの変更が簡単

WordPress

WordPressはWixやJimdoのテンプレートを変更する感覚でデザインを数秒で変更することができます。WordPress公式だけでも7,000近くの無料テーマが登録されており、Web制作会社に依頼しなくてもそこから選んでも構いません。

 

無料テーマはウィルス混じっているテーマもあるのでユーザー数が少ないテーマは注意してくださいね。

 

Wixやホームページビルダーだとデザインが変更されるだけですが、WordPressのテーマの場合には、そのテーマ独自の機能が色々と搭載されていたりします。

たとえば現在当サイトで使っているブログテーマのCocoonだと

 

吹き出し

 

ボックス装飾

CTAボタン

とか使えます。

他にもテーマによって色々設定できます。細かなレイアウトの変更もCSSの知識がなくても設定できるテーマも多いです。

Cocoonのテーマ設定

レベルの高い市販テーマが多い

TCDの市販WordPressテーマ

Web制作会社にコーポレートサイトを発注しようと思っている方もいると思いますが、WordPressでは市販のハイクオリティなテーマが数多くリリースされています。1〜2万円程度で、プロのWeb制作会社が作ったレベルのテーマが入手できます。

というか、Web制作会社よりもWordPressのテーマデベロッパーの方が開発レベルが高いケースが多いです。

個人的には大半の中小企業では、市販テーマをそのまま使ってもいいぐらいです。予算のない個人事業主や中小企業は、とりあえずEmanonのビジネステンプレートあたり使っておけば、きれいなワードプレスサイトが完成します。制作費2万円程度ですね(笑)

また市販のテーマは色やロゴ画像などの変更が誰にでも簡単に変更できるようにWordPressのエディタを拡張してくれていることが多いので、ちょっとした変更だったら市販テーマ買って自社で少しカスタマイズして公開でOKです。

 

バックアップも簡単に取れる

UpdraftPlus WordPress Backup Plugin

Webサイトを運営していると、万が一の自体に備えて、バックアップデータを取得しておく必要があります。

Web制作会社と保守契約をしていれば、Web制作会社がやってくれていると思いますが、保守契約を結んでいない場合には自社でバックアップデータの保存作業をやらなければなりません。

WordPressはMySQLといったデータベースも扱うのでバックアップとかもちょっと面倒に感じるかもしれませんが、実はUpdraftPlus WordPress Backup Pluginなどのバックアップ用プラグインを利用すればバックアップも自動で簡単にできます。多分Web制作会社に保守頼んでもプラグイン使ってバックアップ取得している感じです。

 

サイトの引っ越しが意外と簡単

Howto: Export and Import a WordPress blog using All in One WP Migration

Webサイトを長いこと運営していると、アクセスが増えてきて、現在のレンタルサーバーよりも大勢のアクセスに耐えられたり、表示スピードが早いサーバーに引っ越ししたい場合も出てきます。

引っ越しはWebサイトの運営の中でも面倒な作業の1つですが、WordPressではAll-in-One WP Migrationといった引っ越しプラグインを利用すれば簡単に引っ越しすることができます。

またWordPressは需要があるので、「簡単引っ越し機能」などをレンタルサーバー会社が独自に用意してくれており、Web知識がない方でもログインIDとパスワード入力するだけで、引っ越し作業がスムーズに行える環境が整っています。

 

情報量が多い

WordPressの参考書

全世界のサイトのうち20%以上がWordPressと言われるほど普及しているので、その分多くの企業や個人ブロガーがWordPressの使い方の記事を詳しく書いてくれています。

「こういった機能ってどう実装すればいいの?」「なんか変なエラーが表示されたんだけど…」といった場合にでも検索すれば大体誰かが既に情報をシェアしてくれているので、困った時にWeb制作会社にいちいち問い合わせなくても解決方法が見つかります。

 

Wixやホームページビルダーはパソコン苦手な方が使うツールなので、あまり情報をシェアしてくれる方が少ないので自己解決が難しいです。

 

参考書籍もホームページビルダーやWixが太刀打ちできない程数多くのWordPress本が出版されています。WordPressの本はプラグイン開発などのWebエンジニア向けの上級的な内容から、単純にブログを書くだけの初心者向けの内容まで様々な参考書があるので学習コストが低いです。

 

Web制作会社に発注するとちょっと料金が高い

WordPressでホームページの発注をすると、多くの制作会社がWordPressサイトは価格が高めに設定されてあります。

Web制作会社もWordPressでサイトを作る場合には何かしら自前やサードパーティ製のテンプレートをベースに作成していると思われますし、WordPressで制作したからといって、特段制作難易度が跳ね上がることはないのですが、なぜかWordPressでのサイト構築は料金が高めに設定されていることも多いのがデメリットです。

 

セキュリティ対策が面倒

WordPressはハッキングの攻撃対象になりやすいです。

たとえばLimit Login AttemptsSiteGuard WP Pluginなどを利用して、ログインページの変更やログイン実行回数の制限などのセキュリティ対策を行っておく必要があります。

 

ホームページを作って終わりの事業者には不向き

WordPressやWordPressのプラグインはそれぞが数ヶ月に1回はアップデートを繰り返しています。

WodPressはセキュリティの脆弱性もよく見つかるので、アップデート通知が来たら、なるべく早く更新してしまった方がいいので、最低でも1ヶ月に1度はログインしてWordPressサイトの状況を確認したいところです。

ブログを書かなくても年末年始やゴールデンウィークなどの営業日などもあるので、1年で全く更新すべき情報が存在しない会社は少ないとは思うのですが、Webサイトを公開した後は、面倒なので何もしたくない事業者であれば、WixやJImdoといったWebサイトビルダーで作成してしまった方が更新の手間が省けます。

おすすめWebサイトビルダーについてはこちらの記事を参考にしてください。

おすすめホームページ作成ソフトランキング
ホームページ作成ツールはどれでも良いわけで貼りません。どれも一長一短あり、完璧なホームページ作成ツールは存在しません。そこで、ホームページ作成ツールを比較しランキングを作成したので参考にしてみてください。

レンタルサーバー契約する必要がある

エックスサーバー

WordPress自体は無料で使うことができますが、データをネット上に設置する為のレンタルサーバーの契約は当然必要になります。

レンタルサーバーの契約やWordPressのインストールは誰でもできるような簡単な作業ですが、それでも「レンタルサーバーとかめんどくさそう」という方はWixやJimdoなどのWebサイトビルダーの方がオススメかもしれません。

ただ、WixやJimdoがサーバーが重かったり、データ容量不足と感じても、引っ越しできないのに対して、WordPressならスペックや料金など好きな条件でレンタルサーバーを自由に引っ越しできるのは大きなメリットです。

WordPressは需要が多いのでWordPressに特化して高速カスタマイズされたWpXといった専用サーバーサービスもあるぐらいです。

エックスサーバーとは?料金プランや評判の特徵・口コミを徹底解説!
多くのブロガーや中小企業で採用されている大人気のレンタルサーバーがXSERVER(エックスサーバー)。そこで、エックスサーバーの評判を上げている特徴や、口コミ、どのプランがオススメなどを徹底解説したいと思います!

カスタマーサポートはない

WordPressは無料で使えるオープンソースのプロジェクトのため、カスタマーサポートはありません。何か分からないことが起こっても自己解決が基本ですし、WordPressを利用していて何かしらトラブルになっても自己責任になります。

しっかりと企業にサポートしてもらいたいのであれば、ホームページビルダーやWebサイトビルダー、その他企業がサポートしているMovable Typeといった有料のCMSを利用するようにした方がいいかもしれません。

 

とはいってもセキュリティプラグインをインストールしておけば、Webサイトが改ざんされたり、個人情報が漏洩したりするケースは少ないです。

あと困った時に、自己解決ができるスタッフがいない事業者は、Web制作会社と月額数千円でメンテナンス契約をしておいた方がいいかと思います。

情報発信の頻度改善で集客力 & 売上アップ

売上アップ

WordPressにすると多くの企業が、自社で情報更新が簡単に行えるので、ブログを書いたり、専門性のあるページを新たに作成したりと情報発信に積極的になります。

 

この会社ってどんな会社なのか公式サイトだけでは判断できないな…

 

という印象だったのが

 

ブログで社内の雰囲気が分かるし、専門性もありそう!

 

といったように信頼性や権威性が担保され、多くの方に好印象を与えます。情報発信している会社は几帳面な印象を与えるので、サービスのレベルも高いなどと連想してもらえます。

またWeb担当者としても、ただサイトを保守する業務よりも、WordPressで見た目を変えてテストしていき、Webサイトへのアクセスや反響を上げるのはやりがいのある仕事です。ゲーム性も高いので楽しいです。営業担当者以上に売上に貢献できる可能性があるので社内での評価にもつながりやすいです。

また仕事中に磨いたWebマーケティングやWebライティングのノウハウで自分の個人ブログを立ち上げてブログ収入といった副業にも応用できたりします。

会社のWebサイトをワードプレスにしただけで、今までWeb制作会社にお金を出して依頼していた更新作業が、無料でできるので、Web集客が活発になり、好循環が生まれやすくなります。

Webからの売上アップさせるには、Webサイトの管理をWeb制作会社から自社に戻す必要があり、ワードプレスこそが最適なプラットフォームになります。

おすすめのワードプレスでの制作会社や選び方のポイントはこちらの記事を参考にしてみてください。

ワードプレスでのホームページ制作に強いWeb制作会社10選
「ワードプレスのサイトを発注する際に気をつけるポイントは?」「どこのWeb制作会社がおすすめ?」「制作費用を節約する方法は?」など様々な疑問が浮かぶと思うので、Web制作会社にワードプレスで企業サイトを作成してもらう注意点を解説したいと思います。