ホームページ制作予算5〜10万円で30万円以上の見栄えにする方法

ホームページ制作予算5〜10万円で30万円以上の見栄えにする方法ホームページ作成

会社やお店のホームページを5〜10万円の低予算で作成したい事業者もいると思います。

しかし安くて30万円程度が一般的なWeb制作業界において、10万円以下でホームページを制作してくれる会社はなかなか見当たりません。格安HP制作会社もあるにはあるのですが、色々と問題もあります。

そこで、制作費用5〜10万円の格安ホームページ制作会社をおすすめしない理由と、予算10万円以下で30万円以上の価値のあるHPの手に入れるオススメの方法を紹介したいと思います。

ホームページ制作費用5〜10万円の激安制作会社はオススメしない

まず初期制作費用5〜10万円程度を掲げている激安ホームページ制作会社はオススメしません。理由としては以下のようなデメリットがあるからです。

  • デザインが古く見える制作会社内製のテンプレート使っている
  • メンテナンス契約・月額利用料金が必要な業者が多い
  • HTML・CSSの知識がないと自分で編集できない
  • 会社の信用性が低いケースが多い(倒産して連絡取れなくなるリスク)
  • コーディング技術が低い(検索順位が上がりにくい)
  • マーケティング目線が乏しいので成約率の上がるホームページが作れない
  • スマホ対応(レスポンシブデザイン)は別料金のケースが多い
  • ページ数に制限がある(1〜7ページ)のケースが多い
  • サポートなどサービス全般が安かろう悪かろうな対応

10万円以下の低価格で勝負している格安ホームページ制作会社は、料金以外で他にアピールする
部分がないので、低価格な料金を打ち出すことによって集客しています。

これまで数多くのWeb制作会社の公式サイトはチェックしてきましたが、制作費用が5万円〜10万円の料金を設定している会社には、自分なら絶対に発注しないような業者が多いので、この価格帯で勝負しているホームページ制作会社はオススメしにくいです。

ホームページ作成の予算が5〜10万円なら、ワードプレスのテンプレートがオススメ

TCDの市販WordPressテーマ

ホームページ制作会社の激安プランはオススメしません。では、予算が5万円〜10万円しかない方は、どのような方法でホームページを作成するのがオススメかといえば「ワードプレスの市販テーマ(テンプレート)」を使ってホームページを自作することです。

WordPressとはWixやジンドゥー、ホームページビルダーなどのと同じくホームページ作成ツールの1つです。

ワードプレスは最初にサーバーにインストールしたり、色々と初期設定が必要ですが、設定が完了すれば、あとは無料ブログと同じような感覚で、誰でも簡単に使えるメリットがあります。

ワードプレスのメリット

  • HTML・CSSが分からなくても自分で更新できる
  • ページ数に制限がない
  • 無料でアップデートしてくれる
  • 市販のテンプレートのレベルが高い
  • テンプレートのデザインの変更が簡単
  • 無料で使えるプラグイン(追加機能)が多い
  • 年間維持コストは2万円程度
  • Wixやホームページビルダーよりもカスタマイズ性が高い

格安ホームページ制作会社に発注すると、ユーザーが少ないこともあり、バグがあったり、機能的に問題があるケースもあります。

ワードプレスのデザインテンプレートを使えば、何千・何万ものサイトにも使われており、多くのユーザーによる使いやすさ・バグの有無などの洗練を受けているので市販のワードプレステーマを使った方が中途半端なホームページ制作会社に発注するよりも品質の高いものが仕上がります。

20 BEST WordPress Themes to Create a Website in 2020

ホームページビルダーやWixやJimdoなどもワードプレスと同じように、誰でも編集できますが、ワードプレスの方が拡張性が高く、SEO対策なども行いやすいのでおすすめです。

このワードプレスのテンプレートは無料または1〜3万円程度で販売されているので、値段の安さに比較して非常にクオリティが高いのが強みの1つとなっています。Wixなどのテンプレートを変更するのと同じような感覚でデザインを変更できます。

おそらく、普通のホームページ制作会社に依頼すれば、最低30万円以上、ひょっとしたら100万円以上請求されるようなWebサイトがインストールするだけで簡単に完成させることができます。

実はHP制作会社の中にもかなりの制作会社が、ワードプレスの市販のテンプレートをベースにカスタマイズしている会社も多く、工程の削減にワードプレスのテンプレートの利用というのは一般的な方法です。

ワードプレスの市販テンプレートはも完成度が高いので、カスタマイズといっても、「ほとんどテンプレートと同じじゃない? 何もしてないのでは?」

と思うぐらいテキストの流し込み以外特に何もしていないように見えるホームページもあったりします。それぐらい、市販のワードプレスのテーマは完成度が高いのです。

ということで、ホームページはワードプレスのテンプレートを使うのがベストです。

しかし、そんなこと言われても、ログインとパスワードを入力すれば管理画面にログインできる状態にしたり、初期設定は、Web制作未経験の方には少し難しいかもしれないので、そこだけは外注した方がいいかもしれません。

○○というワードプレステンプレートをベースにカスタマイズしてくれる方で、プラグインの初期設定などを行ってくる方を希望します。

 

ワードプレスのインストールやテンプレートの初期設定、文章と画像の流し込み、メールアカウントの作成、各種プラグイン(XMLサイトマップ、All in One SEO Pack、Contact Form 7、TinyMCE Advamcedなど)の初期設定を行ってください。

みたいな感じで依頼すればいいでしょう。

このHP作成方法であればホームページ制作といっても以下の内容だけで完成します。

1レンタルサーバーとドメインの契約依頼主がアカウント作成する
2ワードプレスのインストールボタン押すだけ
3ワードプレスのテーマのインストールボタン押すだけ。これだけでテーマのデモサイトと同じサイトが完成する
4メールアカウントの作成1分で終わる簡単な作業
5各種プラグインの設定30分以内には完了する。作業者の力量が出やすい部分
6テキスト・文章の流し込みデモサイトの文章と画像を変更する。その他、追加して欲しい部分や削除する部分などをすり合わせる

以上がワードプレスのテンプレートを使ったホームページ制作です。通常のホームページ制作で必要なHTML・CSS・JavaScripなどのWebデザインやコーディング業務がテンプレートを用いることで、全て省略することができたので、最後のコンテンツの擦り合せ以外は1時間ぐらいでできる簡単な作業です。

この作業量で5万円〜10万円なら時間給的に悪くはないので、受けてくれる人も多いでしょう。

Webデザインの知識がほとんどないブロガーたちは、この方法でブログを作成しているので、知り合いにブロガーの方がいればお願いしてみるのもいいかもしれません。

格安ホームページ制作会社よりもブロガーの方が、SEO対策とかワードプレスのプラグインについては詳しかったりします。

ワードプレスのホームページ制作に必要となるのは以下の費用です、

内容料金相場
WPのテーマ(テンプレート)代金無料〜3万円
レンタルサーバー(HPのデータ置き場)年間1万2千円ぐらい(エックスサーバーX10など)
ドメイン(HPのURL)年間千円〜4千円ぐらい(エックスドメインなど)

知り合いがいない場合には比較ビズやクラウドワークスといったクラウドソーシングサイトで探すと見つかりやすいです。

予算5〜10万円でのホームページ制作 まとめ

  • 10万円以下の格安ホームページ制作会社はオススメしない
  • ワードプレスの市販テンプレートがクオリティが高く30万円以上のWebサイトに見える
  • テンプレートのインストールやワードプレスの初期カスタマイズだけなら5〜10万円程度の予算でも作業を外注できる

ホームページを作成したいけど、予算が5〜10万円しかない場合には、ワードプレスのテーマ(デザインテンプレート)がコストパフォーマンスが高いです。

デザインが他社とかぶるリスクはゼロではありませんが、同じクオリティをホームページ制作会社に外注すれば50万円以下は不可能です。

テンプレートは数ヶ月に一度アップデートする必要がありますが、そういったこともテーマ開発会社が行ってくれるので、メンテナンス契約する必要もありません。

市販のテーマを使えばどのようなHPが完成するか、実物を確認したい方は以下のページを参考にしてみてください。

有料/無料】WordPressの企業サイトおすすめテーマを日本語・海外一括紹介
WordPressのテーマを使った方が、無料でアップデートしてくれるので、賢い選択だと思います。そこで企業サイトにおすすめのWordPressテーマを有料・無料合わせて、日本と海外から厳選したので、参考にしてもられば幸いです。