Wixで作成したホームページの読み込みが重い・遅い原因と改善方法

Wix重い・遅いWix

誰でも簡単にホームページが作成できるWebサービスがWix。世界的に人気のあるHP自作ツールです。しかし、せっかくWixでホームページを作成したけど「なんか読み込み速度が遅いなぁ?「編集画面も重い…」と感じている方もいるのではないでしょうか?

そこで、Wixのホームページの読み込みが遅い原因と改善方法について解説してみたいと思います。

Wixの読み込み速度の評価

Wixは「サイトの読み込みが遅い」「編集画面が重い」といった不評が以前からありました。Wixで作ったホームページは読み込みが遅い遅いと長年言われていました。Wix陣営も「遅い」との評判を気にしてか、近年は読み込み速度が改善されてきたとも言われています。

SEO的にもGoogleウェブマスターブログで公式に「読み込み速度を」順位付けのアルゴリズムとして使用することが宣言されています。

ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します

ユーザーはページの読み込み速度を非常に気にかけていることがわかっています。 読み込み速度はこれまでもランキング シグナルとして使用されていましたが、それはデスクトップ検索を対象としていました。 そこで 2018 年 7 月よりページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素として使用することを本日みなさんにお伝えしたいと思います。

引用:Googleウェブマスター向け公式ブログ

表示速度が遅いと言われているWixにとっては、動作の速度改善は最優先課題の1つで、それに取り組みました。

実際Googleの速度テスト(Page Speed Insights)でWixのサイトを初期設定のままいじらないと、かなり良いスコアを叩き出します。

 

Wix Pagespeech Insight結果

GoodってWordPressなどの読み込み速度を改善するプラグインが豊富なホームページ作成ツールでも叩き出すにはテクニックがいるのですが、Wixはかなり優等生のようです。

たしかに、スコア的には申し分ないのですが、それでもやはり、他のサイトよりも読み込みまでに少しテンポが遅れているような感覚を受けるので、「本当にこのパフォーマンスは正当な評価なのか!?」と個人的には疑ってしまいます。

Wixが重い原因

たとえ、表示速度計測サービス上でのスピードが速くても、Wixが遅いと言われるのは「サーバー」と「システム設計」の問題があるからです。

サーバーの問題

Wixは時間帯によって、読み込みが遅いと言われています。ホームページのデータ保管場所であるサーバーですが、Wixは海外にサーバーを設置しているのが原因かもしれませんが、時間帯によっては繋がりにくい時間があることが報告されています。

システム設計の問題

WixはHTML・CSSを一切書かなくてもホームページを作成できることが売りです。しかし動的にサイトを生成するにはサーバー側での仕事が多くなり、その分サイトの読み込みには労力がかかるらしく、重くなるようです。

なのでWebサイトを見る際も、ホームページをWixで制作する編集画面も、両方で動作・表示速度がもっさりしてしまいます。

Wixの読み込み速度が遅い原因の改善方法

サーバーやアルゴリズムに関してはWix運営がなんとかしなければ解決できません。しかし、自分でもWixで作成したホームページのパフォーマンスを改善する方法はいくつかあります。

一応Wixの公式サイトでは5つが紹介されています。

  1. 掲載するコンテンツを厳選する
  2. 各ページのゴールを定める
  3. デザインをシンプルにする
  4. サイトの画像を最適化する
  5. ランディングページを利用する

Wix遅さ改善方法

 

いまいちピンと来ない方も多いと思いますが、自分なりの解釈で、Wixでのホームページ作成時の注意点を解説したいと思います。

アニメーション機能を使わない

Wixボタンアニメーション

Wixにはテキストを回転させたり、色々とアニメーションさせる機能があります。他のWixやWordPressなどのCMSでは初期設定では利用できない機能なので、Wix使うとついついアニメーション機能を利用したくなります。

しかし、アニメーション機能を実装するJavascriptはホームページの動作を重くしやすいので、多用しすぎない方が無難です。派手な演出ほど、読み込みが重くなる原因となりやすいです。

また上の画像のようなGIF画像(コマ送り画像)のアニメーションも控えた方がいいでしょう。

プラグイン(拡張機能)を減らす

Wix App Market

Wixにはプラグイン(拡張機能)があり、プラグインを利用することで様々な機能を追加することができます。このプラグインもサイトを重くする原因の1つとなるので、なるべく使わないようにしましょう。

画像の枚数・サイズを減らす

画像を数多く用いているとページの読み込みサイズが上がってしまうので、読み込みが遅くなります。

Wixには多くの写真やイラスト画像が用意されていますが、一旦ダウンロードしてから、リサイズや圧縮ツールなどを利用してファイルサイズを小さくしてから再度アップロードして利用する方法も検討してみてください。

Wixの公式サイトで紹介されている以外で上記のようなアプリ・Webサービスもあります。筆者は基本この4つを使うことが大半です。(※Macのアプリ版を利用しています)

サービス名特徵
ImageOptimPNG・JPEGのファイルサイズ削減
ImageAlphaPNGファイルのサイズ削減
JPEGminiJPEGのファイルサイズ削減
Th-MakerXリサイズ

 

背景動画を使わない

動画は画像以上に容量を消費するので、基本的に使わない方が無難です。

動画背景でサイト訪問者を魅了

 

Wixには数多くの動画背景が用意されていますが、これも使わない方がいいです。特に最近は格安SIM携帯を利用しているユーザーも多いので、動画が背景のサイトは容量を大量消費するので迷惑極まりないです。

動画背景よりはマシですが、YouTubeなどからの動画の埋め込みも、できるなら避けたいです。

また、SNS機能も重要でないものは、現バージョンのWixでは外しておいてた方がいいかもしれません。スライドショーやインスタグラムで大量に画像を表示するのも控えた方がいいです。

テキストの色やフォントを多用しない

テキストの色やフォント多用すると読み込みが遅くなる原因としてWixの公式ブログでアナウンスされています。

正直テキストぐらいは好き放題やらせて欲しいですが、どうやら今のWixのアルゴリズムではフォントや色を多用すると重くなるようです。

まぁ、会社やお店の公式サイトではテキストに装飾するとブログっぽくなるので、テキストは黒一色フォントも1種類だけでも問題ないかと思います。

ページ数はなるべく少なく

Wix公式からのアドバイスで「ランディングページを利用する」というのがあります。

 

多くの情報をどうしてもたくさん掲載したい場合にはランディングページを利用しましょう。メニューにリンクを追加し、訪問者がそこをクリックするとランディングページに飛ぶような仕組みにすることで、読み込み速度を犠牲にする必要がなくなります。

 

これって、多分日本で使われているランディングページと意味が違うので日本人にはよく分かりませんよね。日本で言うランディングページはメニューなどナビゲーションを一切取っ払って、「1枚のページで全て情報を集約させたWebサイトのことを呼びます。

おそらく「ページ数を分けて情報を分散しろ!」とWix運営は言いたいのではないかと思います。だから日本のランディングページの定義とは真逆ですね(笑)

しかしながら、ページ数を分けて増やすのには同意できません。

なぜなら、Wixで最も「重いな〜」と感じるのは、別のページに遷移する時だからです。だから筆者なら最小限のページで作ってしまい、それこそ一枚に全てを集約してしまってもいいと思います。ブログもWix上では書きません。

何度もページ間を移動するよりも、少ないページ数で表現した方が、Wixの最大のネックである「読み込み」の回数を減らすことができます。

まとめ

Wixのロゴ

  • Wixが遅い原因は改善できるものとできないものがある
  • アニメーションは使わない方がいい
  • プラグインは減らす
  • 画像の枚数・サイズを減らす
  • 動画やSNSを使わない
  • テキストの色やフォントを多用しない
  • ロード時間の長い別ページへの移動はなるべく少なく

以上がWixの読み込み速度の改善方法でした。

WixはWebサイトビルダーの中でもかなりカスタマイズ性が高いのですが、その機能をふんだんに利用してしまうと、もっさりしてしまいます。だから結局機能をあまり使えません。

それだったらグーペのような最初から機能を削ぎ落として速度重視で設計している国産のWebサイトビルダーの方が、面倒な読み込み速度問題に悩まされなくて済むような気もします。

Wixのアニメーションや動画背景機能は確かにホームページが豪華になります。しかし、Yahooだって、食べログだって、世の中の人気のWebサイトはそんな重くなるような演出はしてません。

大半のホームページは基本的に情報が入手できればそれだけで十分です。特に今は半分がスマホ経由なので、容量を大きいサイトは嫌われる傾向にあります。あまり演出にこだわらず、読み込みの速いサイト設計やホームページ作成ツールを利用した方が、結果的にホームページとして集客に貢献してくれるでしょう。

おすすめホームページ作成ソフトランキング
ホームページ作成ツールはどれでも良いわけで貼りません。どれも一長一短あり、完璧なホームページ作成ツールは存在しません。そこで、ホームページ作成ツールを比較しランキングを作成したので参考にしてみてください。