含広告

WixでのHP作成をおすすめしない理由

WixWix

世界中でホームペ ージ作成に利用されているWixやJIMDO。WebサイトビルダーやノーコードHP作成ツールと呼ばれます。

日本でも多くの人がWixやJIMDOを利用して、ホームページを作成しています。一方でWordPressのブロガーやWeb制作会社からは、おすすめされないケースも多いです。

なぜWixがおすすめされないのか、短所・長所の観点から解説したので、参考にしてもらえれば幸いです。

ちなみに筆者は以前はWixでのHP作成は非推奨でしたが、最近は機能の進化で、Wixも合理的な選択になったと感じております。

WixでのHP作成がおすすめされない理由一覧

WixでのHP作成がおすすめされない理由としては、以下の理由を原因とされるケースが多いです。

WixでのHP作成がおすすめされない理由
  1. 表示速度が遅い
  2. 使い方の情報が少ない
  3. カスタマイズ性が低い
  4. レイアウト崩れが発生しやすい
  5. ブログ集客がやりにくい
  6. 料金が高い
  7. メンテナンス契約を提案しにくい

表示速度が遅い

第一にWixは表示スピードが遅いことがあります。Wixが遅い原因の一つはページビルダー機能です。ページビルダー機能のおかげでHTML・CSSを知らない人でも簡単にHPを作成することができます。

Wixアニメーション

ちなみに同じくページビルダーでHPを作成できる方法としては「ホームページビルダー」が存在します。一太郎やATOKで有名な日本のソフトウェア会社が開発しているHP作成ソフトです。

しかし、ホームページビルダーは静的なHP作成ソフトです。一方のWixは動的なHP作成サービスです。

静的なWebサイトを作成するホームページビルダーはすでに出来上がっているHTMLを表示させるので、表示速度が速いです。

一方、動的なHP作成というのは、Webサイトが表示される時に表示されるHPがプログラムによって組み立てられます。裏でプログラムが動いている関係で、スピードが遅いです。

ちなみにWordPressも動的なWebサイトですが、WixやJIMDOよりもページビルダー機能に依存していないので、表示速度はWix以上ホームページビルダー未満のような位置づけです。

使い方の情報が少ない

Wixがおすすめできない理由の一つとして使い方の情報が少ないことです。つまり自力で勉強していくことが難しいです。日本のWebサイトの作成方法の市場シェアは以下のようになっています。

HP作成ツール日本国内でのシェア率
WordPress82.3%
Adobe3.0%
Shopify2.6%
ホームページビルダー1.6%
JIMDO1.2%
Wix0.4%
出典:Distribution of content management systems among websites that use Japanese

Wixは1%以下のシェアしかありません。圧倒的にWordPressが優勢になっています。ネットでHP作成方法やブログ集客やり方の情報を公開している大半がWordPressユーザーです。

Wixユーザーの多くがWordPressの難易度が高いと感じている方です。WixはPC操作が苦手なユーザーが中心のため使い方の情報を共有してくれません。

カスタマイズ性が低い

ホームページ作成ツールWix

WordPressと比較するとWixはカスタマイズ性が低いと言われています。

WixもWordPressも多数のプラグインが用意されています。しかしWordPressが世界的に圧倒的なシェアを確保していますが、Wixのシェアは知名度の割に1%以下です。WordPressの拡張機能を開発した方が企業としても収益性が高いです。

どのHP作成ツールでも、プラグイン開発者は完全無料ではなく、フリーミアム(一部機能有料)で運営しているケースが多いです。完全なボランティアではありません。

しかし、Webデベロッパー向けのVeloやWix Studioの登場など、Web制作会社でもハイエンドな作り込みがしやすい環境が整ってきています。しかし、ノーコードでカスタマイズするならWordPressの方がカスタマイズしやすいです。

レイアウト崩れが発生しやすい

Wixは見た目を確認しながら、自由度高くWebサイトをデザインできるページビルダー機能が強みのHP作成サービスです。HTML・CSSが全く知らない人でもデザインできる柔軟度が魅力ですが、その分レイアウト崩れが発生しやすいです。

PC版・タブレット・スマホと3バージョンでレイアウト崩れが発生していないかを確認する必要があります。

レイアウト崩れはWordPressなど他のHP作成ツールでも発生しますが、Wixほど柔柔軟性が高く設計されていない関係で、レイアウント問題はWixが発生しやすいです。精度の高いレスポンシブ(スマホ・PC対応)設計となっているWordPressユーザーからすれば、Wixのレイアウトの確認は少々面倒くさいです。

ブログ集客がやりにくい

ブログ・Webマーケティング

Wixがおすすめされない理由の一つがブログ集客がやりにくいことです。ブログは検索キーワードに対して回答を用意して集客する、広告に頼らない集客方法の一つです。

ブログ集客する大半の人はWixではなくWordPressを使っている関係で、現行のWixでSEOで結果が出るかは分からないというのが正直なところです。

WordPressはブログに強いCMSの代表格です。

近年はWixもブログ(CMS)機能が強化されており、以前よりはブログが書きやすくなっています。

しかしWix専門のHP制作会社もブログ集客ではWordPressを使っているのが現状です。これからWix専門のHP制作会社がブログもWixで作成して、検索上位表示できることを証明していけば、Wixのブログ機能の評価も変わるかもしれません。

しかし、現状としては、わざわざWordPressからWixに乗り換えてまで検証する費用対コストが合わないので、Wix専門のHP制作会社ですらWixでブログ書いていないです。

またWixはページ数が増えると編集画面が重くなるという特性があります。ブログ集客しようとすると、Webサイトが100ページ以上になってきます。このWixでブログ管理画面が重い問題があるために、Wixでのブログが不人気になってしまった理由の一つです。

Wixも毎年、ソースコードを変更しているので、改善されている可能性もあるのですが、わざわざ、ページが増えると重いと悪評が立っているWixを検証するほど、Web関連事業者は暇ではありません。確実にブログやSEOでの集客しやすいことが証明されているWordPressを採用した方が無難です。

料金が高い

Wixは以前よりもスピードも改善され、ブログも書きやすくなったと述べました。それにも関わらずユーザーが増えない原因の一つが料金が高いことです。Wixの料金は以下のようになっています。

プランフリーパーソナルスモールビジネスビジネスビジネス
プライム
エンター
プライズ
月額無料1,200円2,100円2,600円12,000円N/A
年額無料14,400円25,200円31,200円144,000円N/A
データ容量500MB2GB50GB100GB無制限無制限
独自ドメインX
優先サポートX
Wix広告削除XX
ファビコンX
ショッピングカート機能XX

以前はもっと安い料金プランも存在しましたが、数年前に料金体系が見直されて、最低でも月額1,200円になりました。

ユーザーが多いのが「パーソナルプラン」「スモールビジネスプラン」です。パーソナルプランの年間14,400円であれば、レンタルサーバーと比較してもそんなに悪い数字ではありません。WordPressサイトによく使われるエックスサーバー(レンタルサーバー)と比較しても同じぐらいの維持費です。

プランWix
パーソナル
Wix
スモールビジネス
WordPress
エックスサーバー
月額1,200円2,100円1,100円
年額14,400円25,200円13,200円
Q
レンタルサーバーとは
A

サーバーとはHPのデータ置き場のことです。

こう見ると、そこまで料金的な短所を感じないかもしれません。

しかし、WordPressの場合はレンタルサーバーは有料ですが、WordPressのシステム自体は無料で使うことができます。仮に1〜5サイトを作成するとなると、以下のようになります。

年間コストWix
パーソナル
Wix
スモールビジネス
WordPress
エックスサーバー
1サイト14,400円25,200円13,200円
2サイト28,800円50,400円13,200円
3サイト43,200円75,600円13,200円
5サイト72,000円126,000円13,200円

Wixは1サイトごとに有料契約があります。複数契約によって、割引プランも用意されていません。一方のWordPressは何サイト作ってもレンタルサーバー1台の中に収まれば同一料金となります。

Wixは確かにここ10年で見間違えるほど進化しましたが、それでもコストパフォーマンスが悪く、WordPressに対して際立った強みがないために、既存のWordPressユーザーからすれば、特にWixを乗り換える理由が見つかりません。

一つの事業者(ブロガー)でも将来的には複数のサイトを立ち上げるケースが多いために、Wixの1サイトにつき1システムを請求されてくるのでは、コスパが悪いため敬遠されています。

メンテナンス契約を提案しにくい

最後にHP制作会社の視点で言えば、Wixは月額保守契約(毎月チャリンチャリンシステム)を提案しにくいです。

WixやJIMDOのようなWebサイトビルダー系のHP作成サービスは、誰でも簡単にHPを管理できることをクライアントも知っています。よって、何かしらの付加価値を提案しないと、保守契約をしてもらいにくいです。

その分、WordPressのようなオープンソースCMSの場合には以下のような理由で保守契約を契約してもらう難易度が低いです。

  • サーバーが落ちないように管理する必要がある
  • セキュリティ対策を行う必要がある
  • WordPressは頻繁にシステムがアップデートがあり対応する必要がある

とは言いましても、ぶっちゃけWordPressの保守契約なんて、大したことはしていないケースも多いのですが…

WixやJIMDOがWeb制作会社から推奨されないのは機能性の部分もありますが、少しは、「保守契約してもらえない」という台所事情が関連している可能性もなきにしもあらずです。

WixでのHP作成をおすすめする理由一覧

以上がWixでのHP作成がおすすめされない理由です。最も普及しているWordPressからすると、デメリットも多いです。

筆者も以前はWixに関しては懐疑的なスタンスでした。しかし近年はWixでのHP作成もアリなんじゃないかとの考えにシフトしつつあります。理由は以下の通りです。

WixでのHP作成をおすすめする理由
  • ブログ集客とSEO対策の重要度が下がった
  • Wix ADIでHPを超簡単に自作できる
  • 生成AI技術を積極的に導入している
  • 表示速度が改善されている
  • ブランドサイトが作成しやすい
  • ECサイトが作りやすい
  • フォーラムサイトが作成しやすい

ブログ集客とSEO対策の重要度が下がった

SEO対策

WixではなくWordPressがおすすめされる大きな理由の一つが「ブログ集客やSEO対策がやりやすい」という理由があります。ブログ集客及びSEOは無料できる重要な集客手段です。

しかしブログ集客(コンテンツマーケティング)はここ十数年で競争過多に陥り、費用対効果が悪い集客手段に成り下がってしまいました。

同時に小手先のSEO施策も意味をなさなりました。大手企業のように予算がある企業による本質的な被リンクの集め方をできる企業じゃないとSEOやコンテンツマーケティングで勝つことは難しい時代です。

ブログやSEOにエネルギーを注ぐぐらいであれば、SNSでの情報発信やリアルな場所での営業活動の方が重要になってきました。よって、Wixの苦手だったブログやSEO対策機能の重要度が下がったのが、選択肢に入れてもいい理由の一つです。

ちなみに上でも述べたように、Wixが不得意だったブログ機能自体はWixでは強化されています。

Wix ADIでHPを超簡単に自作できる

Wixがおすすめできる理由の一つがWix ADI機能で簡単にHPを作成することができるようになったことです。いくつかの質問に回答していけば、簡単にマッチしたHPを簡単に作成することができるようになりました。質問に回答していくだけなので、スマホからでも簡単にHPを自作することが可能です。

またデザインテンプレートもついに900種類を超えました。これだけ豊富にテンプレートが用意されてあれば、自社が作成したいHPにぴったりのテンプレートも見つかるはずです。

生成AI技術を積極的に導入している

Webデザイナー

Wixは近年は生成AIを活用した機能を積極的に導入しています。

今後はAI生成機能を実装できるHP作成ツールと、予算がなくAI機能が実装できないツールに別れていくことが予想されます。Wixは勢力的に新しいテクノロジーを導入しており、今後の発展にも期待がモテるHP作成ツールの一つです。

  • ChatGPTのようなAIによるコーディング
  • 文章自動生成
  • 画像生成
  • レイアウト変更の提案
  • 背景の自動削除
  • 動画のトレーラーの自動生成
  • ドメイン名の提案

表示速度が改善されている

Wixがおすすめされない理由の一つが表示速度が遅いことです。これはWixユーザーの長年の不満ですが、徐々にですが改善されています。

また、5G時代の本格的な到来もまもなくです。Wixの表示速度が遅い問題は時間が解決してくれます。

ブランドサイトが作成しやすい

カメラマン向けのWixテンプレート

Wixでのホームページ作成がWordPressよりも強い部分としてブランドサイトが学生しやすいことです。ブランドサイトには派手なグラフィックやアニメーションが多用されます。

特にWebサイトを動かくアニメーション機能にはJavaScriptのようなプログラミングの技術が用いられます。WordPressでもJavaScriptを使って美麗なブランドサイトを構築することは可能です。

しかし、どっちかと言えば、コンテンツマーケティングやSEO集客したい人が多く、ブランディング目的でJavaScriptを実装すると表示速度の観点からマイナスになるため、WordPressのテーマ(デザインテンプレート)の多くはWixのようにゴリゴリに動きが実装できるような設計になっていないケースが多いです。

とにかくビジュアル重視という人にとってはWixの方が目的にマッチしています。

ECサイトが作りやすい

WixはECサイト(ネットショップ)作成機能も充実しています。

WordPressでもネットショップは作成できますが、設定が少し複雑なことや、オープンソースとネットショップの相性は良くないため、安全性を考えるなら、営利企業がしっかりとサポートしているWixの方が安心です。

フォーラムサイトが作成しやすい

その他フォーラムサイトも作りやすいです。掲示板機能は特殊ですが、意見を交換できるような特殊なWebサイトを構築したい場合にはWixを使えばサクっと作成することができます。

Wixがおすすめされない理由 まとめ

WixでのHP作成がおすすめされない理由
  • 表示速度が遅い
  • 使い方の情報が少ない
  • カスタマイズ性が低い
  • レイアウト崩れが発生しやすい
  • ブログ集客がやりにくい
  • 料金が高い
  • メンテナンス契約を提案しにくい
WixでのHP作成をおすすめする理由
  • ブログ集客とSEO対策の重要度が下がった
  • Wix ADIでHPを超簡単に自作できる
  • 生成AI技術を積極的に導入している
  • 表示速度が改善されている
  • ブランドサイトが作成しやすい
  • ECサイトが作りやすい
  • フォーラムサイトが作成しやすい

Wixでのホームページ作成は、現在おすすめする人、しない人が真っ二つに分かれている状況です。

Wixに否定的な人の多くがWordPressユーザーです。正直言えば、WordPressユーザーの多くはほとんどWixを使ったことがありません。よって、メリット・デメリットをよく分かっていないことが多いです。

近年のWixはAI生成機能・CMS機能・ECなどに力を入れて、かなり使い勝手が良いWeb制作ツールとなっています。もし「Wixをすでに使っている」「見た目にこだわりたい」ということであれば、Wixを選択することは決して間違った選択ではないので、Wixでホームページを新規作成するのも十分理にかなっています。