ホームページ作成Jimdoの評判は?「重い」の口コミは本当?

JImdo(ジンドゥー)Jimdo

世界で1500万人以上のユーザーが存在するホームページ作成ツールJimdo(ジンドゥー)。国内だけでも既に100万サイト以上に利用されているホームページ作成サービスです。

Jimdoのようなホームページ作成ツールをウェブサイトビルダーと呼びますが、ウェブサイトビルダーの中でも特にJimdoの評判は良いですよね。

でも評判が良い理由は自分にとってどうでもいい機能かもしれません。なぜJimdoの評判がいいのか、具体的な理由が知りたいですよね。

そこで、なぜJimdoの評判が良いのか、長所と短所の点から紐解いてみたいと思います。

簡単ホームページ作成ならJimdo(ジンドゥー)

Jimdo(ジンドゥー)の評判を上げている長所

まずはJImdoの評判を上げている長所から解説したいと思います。JImdoの評価ポイントになっているのは以下の点です。

  • ドラッグ・アンド・ドロップの操作で、レイアウトを変更できる
  • AI(人工知能)が自動でホームページを完成させてくれるAIビルダーがある
  • 無料版が用意されている
  • 日本語フォントの種類が豊富
  • レスポンシブデザインで自動スマホ対応
  • SSLに全プランがオプション料金なしで対応済
  • アプリでスマートフォンやタブレットから編集・更新ができる
  • オンラインショップを設置可能
  • KDDIウェブコミュニケーションズが日本でのサポートを担当
  • Jimdoが得意なWeb制作会社が豊富
  • 参考書が多い
  • イベント・セミナーが行っている

ドラッグ・アンド・ドロップの操作で、レイアウトを変更できる

Jimdoではドラッグ・アンド・ドロップの操作でレイアウトを変更することができます。

HTML・CSSなどの難しい知識は一切必要ありません。おそらくこの点がウェブサイトビルダーに興味を持つ方にとっての一番の魅力でしょう。

JimdoのライバルであるWixの方がより多くの要素をカスタマイズできますが、操作がちょっと難しい。JImdoは設定できる部分は少ないですが、その分シンプルで直感的に扱えるというメリットがあります。Wixのようにレイアウト崩れが起こりにくい仕様になっています。

 

JImdo編集画面

 

AI(人工知能)が自動でホームページを完成させてくれるAIビルダーがある

ホームページ作成ソフトの中でも他社にはない機能が2019年にJimdoに実装されました。その名も「ジンドゥーAIビルダー」。

自分の作りたいホームページの特徴を伝えると人工知能(AI)が自動で組み立ててくれます。なるべく手を動かさずに、ホームページを完成させたい方にとっては、かなりお役立ちの機能となりそうな予感です。

ジンドゥーAIビルダー

AI機能についてさらに詳しく知りたい方はこちらの公式ページでご確認ください→ジンドゥー

無料版が用意されている

Jimdoでは半永久的に無料で利用することができるフリー版が用意されています。

 

Jimdo料金プラン

 

フリー版は独自ドメインが利用できなかったり、広告が表示されてしまうので、ビジネス用途ではオススメしませんが、「1円もホームページにお金なんて払いたくない!」という方には、Jimdoフリー版は選択肢の有力候補になってくるでしょう。

ビジネス用途で利用するならオススメは「PRO」です。

有料版に移行する前も、まずは1〜2週間程度無料版を利用してからがオススメです。無料版の詳細ページ→ジンドゥー

日本語フォントの種類が豊富

Jimdoでは日本語フォントが豊富に用意されています。PRO版では15書体、BUSINESS版ではなんと、176書体から選択することが可能です。業界スタンダードのモリサワフォントを採用しているのでどれもレベルが高いです。

フォントは可読性にも関連してくるので、日本語フォントにこだわりたいのであれば、Jimdoはオススメです。

レスポンシブデザインで自動スマホ対応

Jimdoのデザインテンプレートは全てスマホとPCの両方に対応したレスポンシブ対応になっています。

レンポンシブ対応は、本来であればWeb知識が必要になりますが、Jimdoで制作すれば、スマホ対応のことは、全く考える必要がありません。

SSLに全プランがオプション料金なしで対応済

JImdoで作成したサイトはフリー版ですらSSLが自動対応になっています。

SSLマーク

SSLの鍵マーク

SSLマークは安全な通信の証明であり、検索エンジンにもSEO的に良い影響を与えます。最近のウェブサイトビルダーの多くは、SSLオプションが有料から無料になりつつありますが、Jimdoは業界に先駆けてSSLを無料提供しました。

アプリでスマートフォンやタブレットから編集・更新ができる

JImdoはiOSとAndroidのスマホ・タブレット用にアプリも用意されています。アプリからコンテンツの編集が可能なので、パソコンがなくてもJImdoでホームページを一から作成することも可能です。

 

Jimdoアプリ

 

アプリだけでもできること

  • ホームページの新規登録
  • ホームページアドレスはご自由に
  • コンテンツの編集
  • ナビゲーションの編集
  • フォトギャラリーや写真コンテンツに画像をアップロード
  • ネットショップの運営
  • ブログ記事の作成
  • アクセス解析の閲覧

オンラインショップを設置可能

Jimdoではホームページ内にショッピング機能を追加することもできます。別途ショッピングサイト作成サービスを契約する必要もありません。

 

KDDIウェブコミュニケーションズが日本でのサポートを担当

Jimdoは日本でサポート体制が整っています。

ウェブサイトビルダーとして、おそらく最も知名度が高いのはWixでしょう。しかし、Wixのサポートはアメリカで行っており、メール問い合わせも少し遅いなどがネックになっています。

JImdoはドイツで開発されているウェブサイトビルダーですが、日本国内ではKDDIウェブコミュニケーションズがサポートを行っているのでWixよりもサポートがしっかりしています。

 

JImdoとKDDIウェブコミュニケーションズのロゴ

 

Jimdoが得意なWeb制作会社が豊富

日本国内にはJimdoエキスパートJimdoリメイクと呼ばれるJimdoでのホームページ制作が得意なWebデザイナーやWeb制作会社を紹介してくれる制度があります。

 

JImdo Expert

一般的にホームページ制作会社は、Jimdoといったウェブサイトビルダーでのサイト制作が得意ではありません。Jimdoは自分での更新も簡単なので、一度納品したら、メンテナンス契約をしてもらえる可能性も低いですし、Web制作会社側にとって、もっと制作の効率が高いツールが存在するからです。

しかしJimdoで制作されたホームページは自分で簡単に更新できるので管理が簡単です。でもデザインは得意じゃないので、誰かにデザインだけはプロに任せたい方もいると思います。

Jimdoでは全国のJimdoでのホームページ制作会社を紹介してくれるホームページ制作会社やWebデザイナーの紹介制度の環境が整っています。

 

参考書が多い

Jimdoは人気が高いウェブサイトビルダーなので、数多くの参考書が出版されています。

おそらくWixや他のウェブサイトビルダーよりも数多くの参考書が出版されているので、操作方法を学ぶのであれば、Jimdoが最も学習コストが低いでしょう。

 

Jimdo参考書

イベント・セミナーが行っている

Jimdoでは全国でJimdoの使い方を学べるセミナーやJimdoに関するイベントが行われています。コミュニティの厚さではJimdoがウェブサイトビルダーの中ではダントツではないかと思います。

 

Jimdoイベント

 

Jimdo(ジンドゥー)の評判を下げている短所

以上Jimdoの評判を上げているポイントでした。しかしJimdoも完璧なウェブサイトビルダーではありません。もちろん苦手なこともあります。

逆にJimdoの評判を下げている短所は以下のような点です。

  • グローバル仕様なので、日本語サイトに最適化されていない
  • 電話サポートはなし
  • 無料版は長期ログインしないとデータが勝手に削除される
  • 引っ越ししにくい
  • デザインテンプレートがよく似ている

グローバル仕様なので、日本語サイトに最適化されていない

Jimdoはドイツ生まれのホームページ作成ツールで、今でもドイツで開発されているグローバル市場をターゲットにしています。

ですので、日本語サイトに最適化されていないので、日本人からするとかゆいところに手がとどかないような部分も出てくるかもしれません。

完全に日本で開発・運営されているウェブサイトビルダーとしてはグーペがおすすめです。

電話サポートはなし

Jimdoでのサポートはメールでの問い合わせだけになります。電話での問い合わせを行いたい場合にはGMOグループが開発しているグーペのビジネスプランのみがWebサイトビルダーの中では対応しています。

しかし、メールサポートはしっかりしているので、そこまで困らないと思います。

無料版は長期ログインしないとデータが勝手に削除される

無料で利用できるJimdoフリーは、長期間ログインしないとデータが勝手に削除される可能性があります。更新することがないからといって、180日以上ログインしないようにしないようにしなければなりません。

引っ越ししにくい

他のウェブサイトビルダーにも言えることですが、他のサービスへ引っ越ししにくいです。基本的にJimdoではブログなどは書かず、公式サイトとして利用しましょう。

またブログを書きたい場合にはJimdoで書いてもSEO的にあまり評価されない可能性があります。Jimdoでブログ書くよりもアメブロやはてなブログなどの無料ブログサービスの方が上位表示されやすいので、「Jimdo + 無料ブログ」の組み合わせがおすすめです。

 

デザインテンプレートがよく似ている

Jimdoでは40種類程度のデザインテンプレートが用意されています。どれもレベルが高く、Webデザイナーが制作しているような出来栄えです。

しかしながら、Jimdoのテンプレートはデザイン的に似ているものが多く、作りたいサイトによっては、Jimdo自体が向いていない場合もあります。

もしJimdoのテンプレートを拝見して、いまいちだと思ったら、日本の業種を意識したテンプレートを数多く抱えているWebサイトビルダー(【BiNDup】グーペなど)を選んだ方がいいかもしれません。

Jimdo(ジンドゥー)の口コミは「重い」「遅い」が目立つ?

最後にJimdoの口コミ情報についてまとめてみました。JImdoユーザーは一体どのようなことを感じているのでしょうか?

 

ちょっと表示が重いなぁ

 

Twitter上の口コミでは、「使いやすい」という口コミが多かったです。AIビルダーも結構ポジティブに受け取られていた印象です。

ネガティブな意見としては「Jimdoは重い」との口コミが少し目立ちました。個人的にはJimdoはWixよりも表示速度は検討しているようですが、使い方によっては、遅いようですね。

もし、Jimdoよりも表示速度の速いホームページ作成ツールを探しているのであれば、GMOペパポが開発しているグーペが評判がいいです。

Goope(グーペ)とは?評判の特徵や料金・口コミを徹底解説!
「グーペって何がいいの?」「WixやJimdoと何が違うの?」「結局年間いくら必要なの?」と興味はあってもグーペについてイマイチ分からない方も多いと思うので、特徴や料金、評判につい徹底解説したいと思います!

まとめ

ジンドゥーのロゴ

 

  • ドラッグ・アンド・ドロップの操作で、レイアウトを変更できる
  • 無料版が用意されている
  • AI(人工知能)が自動でホームページを完成させてくれるAIビルダーがある
  • 日本語フォントの種類が豊富
  • レスポンシブデザインで自動スマホ対応
  • SSLに全プランがオプション料金なしで対応済
  • アプリでスマートフォンやタブレットから編集・更新ができる
  • オンラインショップを設置可能
  • KDDIウェブコミュニケーションズが日本でのサポートを担当
  • Jimdoが得意なWeb制作会社が豊富
  • 参考書が多い
  • イベント・セミナーが行っている
  • グローバル仕様なので、日本語サイトに最適化されていない
  • 電話サポートはなし
  • 無料版は長期ログインしないとデータが勝手に削除される
  • 引っ越ししにくい
  • デザインテンプレートがよく似ている

 

数あるホームページ作成ツールの中でも、Jimdoは初心者にも使いやすく、学習環境も整っており、さらにコストパフォーマンスも高いと非常に優秀なツールです。

ホームページ作成ツールは、一度利用し始めると引っ越ししにくいデメリットがありますが、迷ったらJimdoを選んでおけば、大半の人にとっては問題ないでしょう。

Webサイトビルダーで日本人におすすめなのはJimdo、グーペWixの3つです。どれも無料で使えるので、全部使ってみて、自分に一番しっくりくるWebサイトビルダーを探してみることをオススメします。

 

Jimdoを含むおすすめWebサイトビルダーのランキングはコチラのページを参考にしてみてください。

おすすめホームページ作成ソフトランキング
ホームページ作成ツールはどれでも良いわけで貼りません。どれも一長一短あり、完璧なホームページ作成ツールは存在しません。そこで、ホームページ作成ツールを比較しランキングを作成したので参考にしてみてください。