Goope(グーペ)とは?評判の特徵や料金・口コミを徹底解説!

グーペ グーペ

誰にでも簡単にホームページが作成できて、集客機能も強いということで人気が高いGoope(グーペ)。GMOペパポ株式会社が運営する、待望の国産のWebサイトビルダーです。

「でもグーペって何がいいの?」
「WixやJimdoと何が違うの?」
「結局年間いくらぐらい必要なの?」

と興味はあってもグーペについてイマイチ分からない方も多いと思うので、特徴や料金、評判についてWikipediaよりも詳しく解説したいと思います!

 

Goope(グーペ)とは

Goopeロゴ

サービス名Goope(グーペ)
運営会社GMOペパボ株式会社
サービスカテゴリWebサイトビルダー
サービス開始年月日2009年5月13日
住所〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー

グーペは、誰でも簡単にホームページが作成できるWebサービスです。

ジャストシステムズ社から発売されているホームページビルダーに似ていますが、ホームページビルダーのようにパソコンにインストールする必要はなく、インターネット上でログインして利用します。

グーペと同じようなホームページ作成サービスにはWixJimdoがあり、ネットでログインしてホームページが作れるWebサービスを総称して「Webサイトビルダー」と呼びます。

 

Goope(グーペ)の評判を上げている特徴

グーペ機能

グーペの評判を上げている特徴は主に以下の点です。

 

  • 使い方が簡単
  • スライドショーやカレンダー・住所なども簡単
  • テンプレートがオシャレ
  • 大半のテンプレートがスマホ対応
  • オリジナルクーポンの作成ができる
  • 表示スピードが速い
  • 日本の大手インターネット企業が運営
  • 電話サポートあり
  • IT導入補助金の対象

 

使い方が簡単

グーペはとにかく使い方が簡単です。

グーペとよく比較されるのが、WixやJimdoですが、この3つの中でWixが最も操作性が難しく、Jimdoが普通、グーペが一番簡単です。

最終的にどれを利用しても、同じような出来栄えですし、検索上位表示のされやすさも、ほぼ同じなので、とにかくシンプルな操作性がいいという方であればグーペがオススメです。

 

スライドショーやカレンダー・住所なども簡単

グーペはスライドショーやカレンダー・所在地情報なども簡単に設定することが可能です。

店舗や中小企業が必要としている機能は大体共通しています。そのような機能が簡単に利用できるように最適化されています。

 

グーペで簡単に実装できる機能一覧

  • 問い合わせフォーム
  • お店の予約機能
  • スマホ対応
  • カレンダー
  • スライドショー
  • フォトアルバム
  • メールマガジン
  • 求人情報の作成
  • メールアドレスの作成
  • PDFファイルのアップロード
  • SNSへのリンクやフォローボタンの設置
  • Web集客を改善するためのアクセス解析
  • QRバーコード機能付きの割引クーポン
  • Google Mapの埋め込み

テンプレートがオシャレ

グーペテンプレート

グーペで利用できるテンプレートはオシャレなテンプレートということで評判がいいです。ホームページ制作会社に作ってもらったものと、見間違えるほどです。有料テンプレートもありますが、無料のテンプレートでもレベルが高く十分です。

 

テンプレートがスマホ対応

グーペではテンプレートがスマートフォン対応になっています。PCとスマートフォンの両方に対応したホームページを作成するのは、本来であればCSSなどのWeb知識が必要ですが、グーペを使っておけば、スマホ対応を気にする必要がありません。

 

表示スピードが速い

グーペはホームページ作成ツールの中でも表示スピードが速いと評判です。

別のWebサイトビルダーは複雑なカスタマイズができますが、その分表示速度が遅いとの声が目立ちます。

グーペはカスタマイズ性は低いものの、その分表示スピードは軽快です。今は、表示スピードが検索エンジンにも評価されるので、グーペはこの点においてSEO的にも優れていると言えるでしょう。

 

オリジナルクーポンの作成ができる

店舗ビジネスを行っている方はクーポンを利用しての集客を検討している方もいると思います。グーペではクーポン作成機能も用意されています。

 

グーペのクーポン例

 

日本の大手インターネット企業が運営

GMOペパボ株式会社グーペは日本の大手インターネット企業のGMOペパボ株式会社が開発・運営しているホームページ作成サービスです。

GMOグループは他にもドメイン販売・レンタルサーバー・ネットショップなど様々なWeb制作関連のサービスを提供しており業界でも影響力のある会社です。

大手企業が運営しているので、サポート体制も充実していたり、開発力もあるので、今後より機能的にも充実していくポテンシャルが高いです。

WixやJimdoとは違いマーケットを日本だけをマーケットとしているので、日本人が使いやすいようにカスタマイズされている点も他のホームページ作成ツールと一線を画する点です。

 

電話サポートあり

ビジネスプランであれば、グーペでは電話でのサポートが可能になっています。

通常ホームページ作成ツールのサポートはメール問い合わせぐらいですが、グーペでは電話サポートもあるので、初めてホームページを作る人にも心強いでしょう。

 

ショッピングカート機能もカラーミーショップとの簡単連携で追加可能

グーペカラーミーショップキャンペーン

グーペでは通販機能を実装することも可能です。

ショッピング機能は、カラーミーショップという同じGMOペパポ株式会社が開発しているショッピングサイトに特化したWebサービスを利用します。グーペユーザーであれば、GMOペパポ株式会社の運営するネットショップ作成サービス「カラーミーショップ」を、特別価格の月額1,200円で利用することが可能です。

カラーミーショップは、ネットショップが簡単に作成できるということで、10年以上の運用歴がります。

抜群の知名度があり、中小企業向けネットショップといえば、「カラーミーショップ」をイメージする方も多いと思います。グーペを使っている人は、割引価格でカラーミーショップが使えるようになります。

WixやJimdoでも独自のネットショップ機能がありますが、日本人の商習慣に最適化された、ショッピングカートを利用すべきでしょう。

 

Goope(グーペ)の評判を下げているデメリット

以上グーペの評判を上げているメリットでした。しかしグーペも完璧なホームページ作成ツールではありません。グーペでは以下のような不満があります。

 

サイト残体の作り込みできない

グーペはとにかくシンプル設計なので、Webサイトビルダーの中でもカスタマイズ性が低いです。

HTMLやCSSが分からないなりに自分で凝ったデザインをサイトに持たせたい場合にはJimdoやWixを選択するようにしましょう。

 

SEOのカスタマイズができない

グーペだけではありませんが、WebサイトビルダーはSEO的に評価が高いとは言えません。

しかし、会社やお店の公式ホームページとして使用するのであれば、SEOに弱いホームページ作成ツールでも検索順位1位になれるので、SEOのカスタマイズ性はそこまで気にしなくても大丈夫でしょう。

SEOのカスタマイズ性はブログに書く方には重要ですが、公式情報を掲載するだけの会社やお店のホームページであればグーペでも十分です。

 

引っ越ししにくい

ホームページ作成ツールは基本的にサーバーとツールがセット販売です。サーバーとはホームページのデータを置いておく保管場所です。

これが何が問題かというと、引っ越しにくいです。もし、ツールが使いにくいと思った場合、他のツールへの引っ越しができません。だからまた新しく1からサイトを作らなければなりません。

 

独自ドメインやSSLなどのオプションが高い

グーペのSSLオプション

グーペ内で独自ドメイン(ホームページのURL)やSSL(安全な通信の証明)を契約すると相場よりも高くなります。

独自ドメインはムームードメインなどの外部サイトで取得するようにしましょう。

SSLはサーバー運営会社が発行します。ホームページ作成ツールはサーバーと作成ツールがセット売りなので、SSLを外部で契約することはできません。

グーペも数年以内に今の価格よりも安い価格に値下げするのではないかと思います。SSLは検索順位に評価を与える可能性がありますが、公式サイトということもあり、今はまだSSLなしのサイトも多いので、SSLオプションなしでも大丈夫でしょう。

2018年10月追記:無料でSSLが実装できるようになりました!

 

無料版が用意されていない

無料

グーペでは15日間の無料体験版が用意されていますが、ずっと利用できる無料版が用意されていません。

無料版は独自ドメインが利用できなかったり、広告が表示されてしまうのでビジネス用途ではオススメしませんが、ホームページには1円も支払いたくないという方はWixやJimdoのフリー版をオススメします。

 

Goope(グーペ)の料金プラン

通常DXビジネス
初期費用
3,000円
3,000円3,000円
1ヶ月1,000円1,500円3,500円
3ヶ月3,000円4,500円10,500円
6ヶ月6,000円9,000円21,000円
12ヶ月12,000円12,000円36,000円

グーペの料金プランについても触れておきたいと思います。

はっきり言って、グーペを使うなら「DXプランの12ヶ月プラン」一択です。

DXプランとビジネスプランの12ヶ月契約は割引価格が適応されます。6,000円も安いです。ホームページは長期的に運用した方がSEO的にもいいのでおすすめなので、12ヶ月で契約しましょう。

また一部ビジネスプランでしか利用できない追加機能もありますが、そこまで重要な機能ではないので、「DXプラン」の方がコストパフォーマンスに優れます。

もし、自分に合うかどうか分からない方は、無料体験版を利用して納得してから契約しましょう。

15日間の無料体験版は何回申し込んでいただいても大丈夫です!

グーペの料金プランはどれがお得?支払い方法や領収書も解説!
人気ホームページ作成ツールのグーペ。 Web知識がなくてもホームページが作成できるので、中小企業や飲食店・サロン・クリニックなどを中心にユーザーが増加しています。 でもグーペって実際にどれぐらいの年間維持費が...

Goope(グーペ)の評判・口コミ情報

評判・口コミ

最後にグーペの口コミ情報を紹介したいと思います。

TwitterなどのSNSでの口コミ情報を探してみましたが、ホームページ作成ツールを利用する方で、SNS発信をしている方がいないようなので、グーペ公式サイトの事例から口コミ情報を要約して紹介したいと思います。

 

ドメイン取得可能なサービスの中でも、グーペは特にシンプルに使える。

出典:グーペ事例紹介

プロのデザイナーに制作してもらったホームページがあったが、更新が難しかったので使わなかった。グーペは誰でも更新できる。

 

グーペを選んだのは「スマホからでも簡単に作成できること」「継続しやすい金額だったこと」「サポートも丁寧でわかりやすかったこと」

 

見た目がすごくきれいなホームページができるのに、操作は簡単。雛形にそって打ち込んだだけとは思えないほど仕上がりがきれいなので驚きました。

 

知り合いのデザイナーさんからおすすめされました。デザイナーさんにデザインをつくっていただき運用は自分で行っています。

 

若いお客さんが増えた気がします。取材も増えたので、そういう意味でも効果は良かったですね。情報発信もしやすくなりました。

 

他のサービスもいろいろ調べたけれど、グーペは比較するととても低コストでできるところが気に入っています。デザインは制作してくださる方にお任せしていて、予約機能とメールは自分で管理しています。

 

調べて見ると費用が安く、デザインの拡張性もあるとわかりました。
実際に試してみると作業が簡単で、画面も丁寧だったので、長く使い続けられそうだな、と思いました。

 

 

ビジネスで利用されている方の多くが、グーペに対してポジティブな印象を持っていました。

やはり、デザイン性がよく、自分で更新できて、値段もお手ごろということで、ホームページ作成に多額の資金を利用できない方にとっては強い味方になっているようです。

 

まとめ

Goopeロゴ

  • 店舗ビジネスの集客機能がある
  • 使い方が簡単
  • テンプレートがオシャレ
  • 日本の大手インターネット企業が運営
  • 電話サポートあり
  • IT導入補助金の対象
  • 表示スピードが速い
  • スライドショーやカレンダー・住所なども簡単
  • 更新が簡単
  • オリジナルクーポンの作成ができる
  • カラーミーショップとの連携が簡単
  • 大半のテンプレートがスマホ対応
  • サイト全体の作り込みできない
  • SEOのカスタマイズができない
  • 引っ越ししにくい
  • 独自ドメインやSSLなどのオプションが高い
  • 無料版が用意されていない

グーペはこんな人にオススメです。

  • なるべく簡単にホームページが作りたい
  • 作りたいのは会社やお店の公式サイト
  • カスタマイズ性は求めない
  • 日本企業によるサポートが欲しい

 

「グーペはとにかく気軽にホームページを持ちたい。何も学習しなくても誰でも使えるホームページ作成ツールがいい」

という方にはベストな選択ではないかと思います。

日本の企業が運営なのでサポート体制も万全ですし、毎年新しい機能が追加されたりと、日々アップデートされ続けています。Wixよりもサポート体制が整っており、Jimdoyほりもデザインのバリエーションが豊富です。おまけにカスタマイズ性を犠牲にした分、SEOに影響を与える表示スピードも速いので、ぜひ一度試してみることをオススメします。