WordPressユーザーによるグーペの個人的な評価

シェアする

グーペ

ホームページを簡単に作成できるということで、最近人気に火が着いているのがGoope(グーペ)。GMOペパポ株式会社が運営する、待望の国産のWebサイトビルダーです。

でもグーペって実際はどうなの?

と興味はあって、評判・レビュー情報をお探しの方もいると思います。

そこで、普段WordPress(ワードプレス)を使ってサイトを運営している管理人が、グーペを使ってみた個人的な評価を伝えます。

WordPressと比べて悪いと思った点

細かなSEO対策ができない

SEO
グーペではSEO(検索上位表示)対策が柔軟ではありません。

タイトルタグ・メタディスクリプションが個別に設定できない

グーペではWordPressのようにタイトルタグ・メタディスクリプションが個別で設定できません。

タイトルタグは検索エンジンにそれぞれのページ内容を適切に伝える為に、ページごとに個別で設定したいです。

メタディスクリプションも、そのページを訪れるかどうか、ユーザーのクリック率に影響する部分なので、個別で設定したいです。

細かなSEO設定に関しては、グーペはWordPressと比べて劣っています。

関連記事機能がない

関連記事は、記事の近くに他の記事を読んでもらう機能です。

他の記事を読んで、サイト内でのユーザーの回遊性を高めることができません。

ブログに向いていない

そもそも、グーペでブログを書くには向いていません。

やろうと、思えば書けますが、グーペ公式でアナウンスされているように、外部の無料ブログサービス(アメブロなど)を利用した方が良いです。

ということで、ブロガー・アフィリエイターがグーペを利用するメリットは全くありません。

ブログを書きたい方はWordPressが無料ブログサービスを利用しましょう。

SEO対策に弱いのは、WixJimdoといったHTML・CSSが理解できない人でも使えるツールに共通して言えることです。

SEOに弱いのは致命的と思うかもしれませんが、グーペで作るような会社やお店のホームページの場合、SEOはそこまで関係ありません。公式情報は、権威性があるので、どんなツールでサイトを作っても、上位表示されやすいです。

一般キーワードでのSEO対策には向いていないので、ブログ記事から集客したいのであれば、ドメインパワーの強い無料ブログサービスか、WordPressを併用しましょう。

【グーペの申し込みページ】→グーペ

SEOはどれがいい?Wix・Jimdo・Goopeの比較

プラグインが利用できない(拡張性に乏しい)

WordPressにはプラグインと呼ばれるプログラムをインストールすることによって、拡張機能を利用することが可能です。拡張機能を利用することによって、問い合わせフォームや、掲示板機能、SNS機能、関連記事、人気記事といった様々な機能を利用することができます。

プラグインは世界中の大勢の人が有志で開発しているので、今も数は増え続けています。

このような民主的なエコシステムがグーペには存在しないので、グーペの運営が用意した機能しか使うことができません。

WordPressと比較すると価格が少し高い

お金

グーペは12ヶ月契約すると12,000円のコストになります。

WordPress自体は無料で利用できますが、レンタルサーバー代が必要になります。

レンタルサーバー代は多く方にとっては、月額1000円前後のレンタルサーバーで十分です。

これだけ比べると、グーペと変わりませんが、1つのレンタルサーバーに複数のサイトを運営することが可能です。グーペは1サイトにつき1契約する必要があるので、複数サイトを運営するブロガー・アフィリエイターにはグーペやWixのようなWebサイトビルダーでのサイト運営はコストが高くなります。

外部サーバーを利用できない

サーバーとはホームページのデータを設置しておく場所です。

グーペでは、グーペのシステムとサーバーがセット売りされているので、切り離すことができません。

基本的に、グーペでブログを書く人は少ないので、大量のアクセスが一度に集まることはないので、グーペのサーバーでも問題ありませんが、どうしても別のサーバーを利用したいのであればグーペのようなWebサイトビルダーでは無理です。

WordPressと比べて良いと思った点

グーペのイマイチな部分を色々と指摘してしましましたが、もちろん良い部分もあります。

メールサポートがある

グーペにはメールでのサポートがあります。分からないことが出てきたら、すぐに質問することができます。

WordPressはオープンソースのソフトウェアなので、基本的にサポートを受けることができません。全ての問題に自分自身で対処しなければいけません。

操作がシンプルで簡単

WordPressと比べると、グーペはできることが限られています。

機能が少ないからこそ、操作も簡単で、変なトラブルが発生しにくいです。

ホームページに多くの機能を求めず、マニュアルを読まずに、誰にでも扱えるサービスを探している場合には、グーペの方が良いでしょう。

店舗ビジネスに特化した機能

ハンバーガー

WordPressであれば、プラグインを自分で探す必要があります。プラグインはメンテナンスされているかどうかや、使い方がよく分からないこともあるので、パソコンでの調べ物が苦手な人には、大変な作業です。

その分、グーペでは飲食店などの店舗ビジネスに役立つ機能が、最初から多く実装されているので、誰でも簡単に利用することができます。

例えば以下のような機能が利用できます。

  • スライドショー
  • カレンダー機能
  • 予約システム
  • PDFアップロード
  • 求人ページ
  • 問い合わせ機能
  • メルマガ機能
  • LINE連携

ネットショッピングサービスの割引

グーペユーザーであれば、GMOペパポ株式会社の運営するネットショップ作成サービス「カラーミーショップ」を、特別価格の月額1,200円で利用することが可能です。

ネットショッピング機能はWordPressでも無料で実装できます。しかしWordPressの怖いところは、オープンソースなので、世界中の人がシステムの設計を閲覧できるということです。通販機能もWordPressにプラグインで取り付けることができるものの、セキュリティ面でどうしても不安を残してしまいます。

その分、プログラムが公に公開されていないカラーミーショップの方がWordPressよりもショッピングカート機能を設置する場合は安全です。

まとめ

以上WordPressで普段記事を書いている人間が見た場合のグーペの評価です。

まとめると、ブロガー・アフィリエイターなど記事を書く人は使ってはいけません。WordPressや無料ブログの方が検索上位表示されやすいです。

ページ数の少ない、店舗型のビジネスや企業の公式サイトであれば、WordPressでもグーペでも検索されやすさはあまり変わりません。グーペの方が操作は簡単でサーバーなども必要ないので、管理が簡単です。

もちろん、WordPressの方がより詳細なことが可能です。

しかし、多くの店舗型ビジネスやコーポレートサイトでは、更新することが少ないです。更新するのが新着情報ぐらいのであれば、グーペで十分ですし、操作性も簡単で、パソコンやインターネットについて疎い人でも、簡単に利用することができます。ブログも少し書きたいのであれば、アメブロなどの無料ブログを併用しましょう。

パソコンやインターネットでの調べ物が得意で、これから店舗・企業サイトやブログサイトを作りたい人はWordPressへ

パソコンは苦手だけど、飲食店の公式サイトや、会社の名刺に載せる為の公式サイトを作成する場合はGoope(グーペ)へ

この住み分けが良いと思います。

多くの機能はいらないので、メールサポートがあって、操作が簡単なホームページ作成ツールを探しているのであれば、グーペの方がWoredPressよりオススメです。

グーペは15日間の無料お試し期間が用意されています。メールアドレスを登録するだけで、すぐに利用できるので、ぜひ一度自分の手で触って体験してみることをオススメします。国産ツールだけあって、日本国内向けのホームページが非常に作りやすいことが分かると思います。

グーペ