Wixは初心者向けのホームページ作成ツールじゃない…使い方を学習するのが難しい

Wix編集画面 Wix

最近WixのCMや広告をよく見かけるようになりました。

ちょうど、お店のホームページを作ろうと思っていたんだ!

と、思ってWixを使い始めてみたのはいいものの…

「全然簡単に作れない…」
「Wixって想像していたより難しい…」

と感じた方もいるかもしれません。

コーディング(プログラミング)不要でWebサイトを作成できるホームページ作成ツールの中でも、特にWixは操作が難しい部類に入ります。

初心者に簡単なようで、なぜWixが難しのか理由をまとめてみました。

 

 

Webサイトビルダーにしては柔軟性が高すぎる

Wixのようなホームページ作成ツールをWebサイトビルダーと呼びます。

WixはWebサイトビルダーの中でも柔軟性が高いです。

プラグインを用いた機能拡張など、ここまで高機能なWebサイトビルダーはWixぐらいではないでしょうか? ドラッグ・アンド・ドロップ操作で、Wixほど、色々なことが実現可能なホームページ作成ツールも珍しいと思います。

しかし、できることが多い分、パソコンが苦手な人が使うと、レイアウトがおかしくなったり、サイトがやけに重かったりと、良く分からないことが起こります。

またWixが使えることと、HTML・CSSが使えるは全く別の問題です。HTML・CSSが分かっていて自分でサイトを制作できる人でも、Wixの操作にはつまずく場合があります。

 

 

使い方の情報が少ない

Amazon内のWix参考書

Amazonなどで調べるとわかりますが、WordPressと比べると、Wixの参考書は数が圧倒的に少ないです。

WordPressは初心者向けの基本的な使い方から、コーディングやプラグイン開発など上級者向けの技術書まで毎年何冊も出版されています。

一方のWixの参考書は基本的な使い方について書かれた本が数冊程度。

この1年間に、新しい本は出版されていません。技術系の本は情報がすぐに古くなるので、参考書が出版される頻度が少ないというのはホームページ作成ツールのボトルネックの1つですね。

ということで最新の情報を探す場合には、インターネットで調べる必要があります。

Wixの公式サイトには、もちろん使い方が記載されてありますが、この手の公式サイトのマニュアルは分かりにくいことが通例です。

Wixのマニュアルである「Wixヘルプセンター」も、網羅的ではあるのですが、Wix初心者がWixの使い方を効率よく学習し、集客につながるようなホームページを最短で作るにはどうすればいいのか、非常に分かりづらいです。

初心者がつまづきそうなことが、検索しやすいように設計されていません。

人気のあるソフトウェアやWebサービスは、第三者がブログなので使い方を分かりやすくまとめてくれていることが多いので、多くの人が公式サイトよりも、そのような個人サイトを参照します。

しかし、Wixの使い方を分かりやすく解説してくれているサイトは日本には皆無です。

Wixを本気で使い倒せるほど、ホームページ作成に対して学習意欲が高い方であれば、もう少し学習を頑張ってより柔軟にカスタマイズできるWordPressを使う人が多いので、今後もWixについて第三者が分かりやすくまとめてくれているサイトは登場しないかもしれません。

 

 

サポート体制が大味

ビジネスウーマン

どれだけ調べても解決しないことがあり、どうしてもWixに質問したい場合は「フォーラムページで質問します。

質問に関しては、Wixのサンフランシスコオフィスに在籍している日本人スタッフが対応してくれるようです。

残念ながら電話でのサポートは、日本語では対応していません。英語でしかも国際電話です。「電話しないでね!」ということですね。これは外資の会社なので仕方ないのでしょうか…

Wixほど複雑な使い方で、電話対応オプションがないのは、初心者にはちょっとハードルが高いように思えます。

 

 

Wixは深く使い倒さない方が幸せかも

コンピュータ

個人的な意見ですが、Wixは使い倒さない方が幸せになれると思います。

検索しても役立つ情報が見つかりにくいので、学習コストが高いです。

あまり、たくさんの機能を詰め込んだり、ブログ記事などコンテンツを詰め込まずにシンプルに使った方がトラブルが少なくて済みます。

「ブログ記事たくさん書いて、自然検索流入させたい!」ってことであれば、無料ブログかWordPressの方がいいです。

 

Wix公式サイト

 

関連記事:グーペとアメブロどっちがいい?ホームページ作成ツールは無料ブログと併用すべき! 

 

複雑なサイトにしないのであれば、グローバルマーケットで勝負しているWixより、国内市場だけをターゲットとしているグーペの方が使いやすい可能性があります。

Goopeであれば、Wixほど高機能ではありませんが、操作がシンプルで、レイアウトが崩れたり、予期せぬ問題が発生しにくい仕様になっています。

クーポンなど日本国内でのビジネスに役立つようなピンポイントな機能もあります。

国内大手インターネット企業であるGMOグループが作成しているので、問い合わせなどもWixよりは充実しています。

ホームページで変なトラブルで時間を無駄にしたくないのであれば、より操作が簡単なWebサイトビルダーの利用も検討してみてください。

 

グーペは15日間の無料お試し期間が用意されています。メールアドレスを登録するだけで、すぐに利用できるので、ぜひ一度自分の手で触って体験してみることをオススメします。国産ツールだけあって、日本国内向けのホームページが非常に作りやすいことが分かると思います。

グーペ