使う前に知っておこう!Wixのメリット・デメリット

Wix App Market Wix

簡単にホームページが作成できるということで、世界的に人気のあるホームページ作成ツールのWix

「有名だし、お店のホームページに使おうかな!?」

とJImdoに興味を持っている方も多いと思います。

Wixみたいなサービス(Webサイトビルダー)が増えたことによって、ホームページの作成は誰にでもできる時代になりました。HTML・CSSなど小難しい知識は一切必要ありません。

しかし、使う前にはWixの良い部分・悪い部分も知っておいた方がいいと思うので、Wixのメリット・デメリットをまとめてみたので、参考にしてもらえれば幸いです。

 

オシャレなテンプレートいっぱい

Wix編集画面

Wixはホームページ作成ツールの中でも、特にデザインテンプレートが多いです。テンプレートを変更することによって、サイトのデザインを簡単に変更できますが、その数全部で500種類以上。

おそらく全てのWebサイトビルダーの中でテンプレート数はWixがブッチギリです。これだけあれば、自分の作りたいサイトにマッチするデザインが見つかる可能性が高いでしょう。

しかも全テンプレートがレスポンシブ対応なので、スマートフォンとパソコンの両方のサイトを1度に作れてしまいます。

スマホ対応は一つの難関なのですが、自動でスマホのレイアウトに最適化されるのは、HTMLやCSSが分からない人にとっては非常にありがたい機能だと思います。

ただしWixはテンプレートは豊富ですが、一度テンプレートを決めて作りはじめると、他のテンプレートに変更しにくいです。最初のテンプレート選びは慎重に行いましょう。

 

ホームページ作成ツールの中では作り込みできる

Wixアニメーション

Wixはテンプレートも充実していて、そのまま利用しても十分なんですが、もちろん自分で詳細にカスタマイズしていくことが可能です。

マウスでグリグリ動かすだけで、ホームページがデザインできるし、色々な動きのあるエフェクトが使えたりと作り込みができます。Webサイトビルダーの中でも複雑な機能性を持たせることができるのがWixです。

ただし色々出来る分、操作性が難しかったり、機能を追加しすぎて読み込みが遅くなったりしまう問題も起こりやすいです。

「気が付かないうちに、PC版は問題なくてもスマートフォン版がよく分からないことになってた…」
「サイトが重い…」

とならないように、カスタマイズのしすぎには気をつけてください。

 

Wixは簡単にホームページが作成できますが、あまり表示スピードが速いとは言えません。最近はかなり改善されてきましたが、それでもやっぱり表示スピードの点では、まだまだ発展途上という感じです。

無料でずっと使い続けられる

Wixは無料でずっと使いつづけられるのもメリットの1つでしょう。多くのWebサイトビルダーは無料お試し期間の後は有料版に切り替えなければなりません。

趣味サイトとして使うぐらいであれば、無料プランのままずっと使っていっても問題ありません。

ただし無料版は広告が表示されるので、お店や会社の公式サイトなど、商用目的で使う場合には有料版に変更した方が良いでしょう。

 

成人向けサイトの作成OK

興味がある人は少ないと思いますが、一応Wixでは成人向け(アダルト)サイト作ってもOKです。

アダルトサイトって、日本の有名なレンタルサーバー会社の多くが、設置禁止にしています。この点、Wixは寛容なので、少しでもアダルトな要素を含んでいているサイトを作るのであれば、Wixは検討してみてもいいかもしれません。

 

使い方の情報が少ない

wordpress

Wixの使い方について解説したサイトは非常に少ないです。世の中で情報発信している人の多くがWordPressを使っています。

ネットでゴリゴリに情報発信している人は誰もWixを使いません。

WordPressとはメッチャ簡単に言えば、Wixに毛が生えたようなものです(笑)

WordPressは検索エンジンに上位表示させる為の対策(SEO)が行いやすかったり、大量のページのサイトが作り込みやすかったりするので、世界中で使用されています。

もちろんHTMLやCSSについて少しは理解していないといけないし、サーバーへのインストールだとか、メンテナンスだとか、色々面倒くさいことも多いなどのデメリットもあります。ただ、パソコンが苦手な人でもできるレベルです。

Web制作について、少しは勉強がする気があるのなら、WixよりもWordPressの方が確実に幸せになれます。

Wixはパソコンが苦手な人が使うので、その分インターネットで検索しても役立つ情報が出てきません。Wix使っている方はパソコン苦手な人がが多いので、Wixの使い方を事細かくブログに書いて情報共有してくれません。

ということで、Wixの難点は公式サイト以外からの情報が少ないことです。奥が深いツールなのですが、使い倒せる人がほとんど存在しないのが現状です。

 

ブログ機能は充実しているが検索上位表示されるか未知数

Wixではホームページ作成ツールの中でもブログ機能が充実している方です。ブログは検索キーワードから自分のことを知ってもらえる無料でできる集客方法です。

しかしながらWixで書かれたブログが検索上位表示されているのをほとんど見たことがありません。記事の作成や管理もWordPressと比較するとちょっと面倒です。正直申しまして、検索エンジンからフェアに評価されたいのであればWix内でブログを書くのは控えた方がいいです。まだアメブロやはてなブログなどの無料ブログの方がマシです。

このページもそうですが、世の中のブログ記事の多くがブログSEOに強いWordPressサイトです。多くのWeb制作会社もWordPressで納品することが多いです。しかもWordPress自体は無料で使えます。

レンタルサーバーのロリポップなら初心者でも簡単にWordPressで会社のホームページやブログを作ることができます。

ロリポップ!

 

 

 

 

 

レンタルサーバーロリポップとは?評判の特徴や料金、使い方を解説!
「ロリポップのメリット・デメリットって何?」「WordPressでブログやWebサイト作りたいけど簡単?」など色々と疑問があると思うので、ロリポップの評判や口コミ、料金やWordPressサイトの始め方について解説したいと思います!

Wix App Marketでの機能拡張は以外と頼れない

Wix App Market

WixにはWix App Marketとよばれる、Wix以外の第三者が作成したプラグイン(拡張機能)を購入するシステムがあります。

高機能な問い合わせフォームやSEO対策機能、SNSボタンやフォーラム機能、ネットショップまで、ありとあらゆる機能が揃っています。

まさに夢のような機能です。Webサイトビルダーの中でも、Wixは機能面ではかなり攻めていると感じます。

しかし、さっきも言ったように、やはりインターネット上に使い方の情報が書かれていません。WordPressのプラグインのように広がりがありません。

Wixアップマーケットは英語での説明しかないアプリも多いので、慣れない英語を読解して機能について習得していくことは、かなりハードルが高いです。

しかも、アップデートされているか怪しいアプリもチラホラあります。

Wix App Marketのアプリを使うなら、人気のあるアプリだけ最低限の利用にとどめておいた方が無難でしょう。

 

サポートが弱い

Wixはイスラエルの会社で、世界中にユーザーがいます。日本語でのメール問い合わせはできますが、日本人スタッフはサンフランシスコに常駐しているようです。

ということで、質問してすぐに返答は来ません。

サポート体制は外資なので、ちょっと塩対応だと感じます。

また数年前はフォーラムサイトがあって、他の人が質問した内容も見れた気がしたんですが、いつの間にか消えていました。

Wix使っていると同じようなことで悩むと思うので、フォーラムはぜひ復活させて欲しいですね。

ちなみにWixみたいなホームページ作成ツールでサポート体制を重視するのであれば、電話対応も可能なグーペどの日本製のWebサイトビルダーも検討してみてください。

 

サーバーの引っ越しができない

Webサイトビルダーに共通していることですが、サーバーの引っ越しはできません。サーバーとは、ホームページのデータの保存先です。

Wixとサーバーはセット売りなんで、サーバーだけ好きな会社に移動することはできません。

Wixがどこの国にサーバーを置いているかは不明ですが、時間帯によっては重いと感じます。

 

まとめ

Wixのロゴ

以上、Wixのメリット・デメリットでした。

メリット

  • オシャレなテンプレートいっぱい
  • ホームページ作成ツールの中では作り込みできる
  • 無料で試せる
  • アダルトサイトの作成OK

デメリット

  • 情報が少ない
  • Wix App Marketの機能を頼りがいがるようでない
  • サポートが弱い
  • サーバーの引っ越しができない
  • ブログ機能が充実

 

ホームページ作成ツールはどれも一長一短で、ベストなものは存在しません。

Wixのデメリットが許容できるのであれば、Wixで特に問題ありません。無料でも利用できるので、一度自分の目で確かめてみてください。

Wixの弱点として大きいのが「サポート体制が弱い」「情報が少ない」「読み込みが遅い場合がある」です。

サポート体制や読み込み速度が心配であれば、グーペなど日本企業が日本国内向けに開発しているWebサイトビルダーを合わせて検討してみてください。

Webサイトビルダーはどれもサイトの作り方の情報が乏しいですが、作る難易度としてもグーペの方が簡単なので、使い方のマニュアルなしでも作れてしまうと思います。

アニメーションなどのカスタマイズ性は負けてしまいますが、Wix以上に直感的にホームページが作成できるというメリットがあります。

Webサイトビルダーは「Wix」「Jimdo」「グーペ」の3つから選ぶ方が多いです。どれも無料で試用することができるので、自分で実際に使ってみて、使い勝手にしっくりきたサービスと長く付き合っていくことをオススメします。

 

個人的にはレンタルサーバーが借りれるならロリポップ!でWordPress、難しそうならグーペがおすすめだと思います。

Webサイトの自作にオススメのホームページ作成ツール比較ランキング
ホームページ作成ツールはどれでも良いわけで貼りません。どれも一長一短あり、完璧なホームページ作成ツールは存在しません。そこで、ホームページ作成ツールを比較しランキングを作成したので参考にしてみてください。