エアコン(ハウスクリーニング)業者からゼヒトモに注目されている5つの理由

ゼヒトモでエアコン・ハウスクリーニングの集客集客

地域ビジネスの検索サイトとして、最近、ユーザー数も伸びているのがZehitomo(ゼヒトモ)。

地域ビジネスサイトとしてはミツモアの方が有名ですが、実はサービス開始自体はゼヒトモの方が早く、この手のサービスでは老舗だったりします。

エアコンのお掃除など、ハウスクリーニング事業者でゼヒトモについて興味がある方も多いのではないでしょうか? そこで、ゼヒトモがなぜ注目されているのか理由を解説してみたので、参考にしてもられば幸いです。

エアコン(ハウスクリーニング)業者からゼヒトモに注目されている理由

ミツモアに似ており成長が期待されている

ゼヒトモはミツモアという競合の地域ビジネスマッチングサービスにシステムが似ています。

ミツモアは後発ながら、先にゼヒトモよりも先に定番の集客手段となってしまいました。今では多くのハウスクリーニング案件の受発注が行われているプラットフォームです。

ゼヒトモは、同じようなビジネスモデルのために、今後はミツモアと同じように日本でも地域サービスを見つける方法として定着化するのではないかと期待されています。

Google検索で上位表示されはじめた

ゼヒトモのSEOトラフィック

ゼヒトモが最近注目され始めた一番の理由としてはGoogle検索で上位表示され始めたからです。

ゼヒトモは1年前までは、SEO対策はあまり行われておらず、おせじにも有名とは言えませんでした。FacebookなどのSNSで細々とWeb広告集客をしていた印象です。

しかし、最近はゼヒトモの検索ページが上位表示されており、以前よりもGoogle・Yahooの検索結果で見かける機会が多くなっています。

特にハウスクリーニング系は、様々な検索キーワードで上位表示をされています。

顧客獲得コストが安い

ゼヒトモも良いところは集客に対する料金が安いところにあります。ゼヒトモは最初のメッセージ送信に対する課金というビジネスモデルの為、集客に対する単価が低いです。

特にハウスクリーニング系はリピート依頼する可能性が高いのでゼヒトモのようなビジネスモデルは、長期的に見れば、黒字化する期待値が非常に高いです。

さらに料金をまとめ払いするシステムなので、ミツモアよりもさらに安い広告コストで顧客獲得できる可能性があります。

知名度が低く競合が少ない

ゼヒトモでエアコン・ハウスクリーニングの集客

また最近こそ様々な業種の集客手段としてゼヒトモは注目され始めたものの、まだまだ他に他のエアコン・ハウスクリーニング系集客支援サービスと比較すると発注件数・競合他社数ともに少ないです。

ゼヒトモには口コミ機能があります。発注者・ライバルが少ない今のうちから、口コミを集めておけば、今後ゼヒトモ上でのハウスクリーニングの発注需要が定番化した場合に、集客手段として期待できます。

ミツモアの口コミはGoogleビジネスプロフィールに表示されるようになっています。ゼヒトモの口コミも今後はGoogleビジネスプロフィールに表示され、MEO対策として役立つ可能性があります。

ミツモアの口コミ・レビューページが検索上位表示されている

駆け出しの経験が浅い清掃業者にも優しい

子供

この手の集客支援サービスは、高いレベルを求められる場合も多いです。しかし、エアコン掃除などのハウスクリーニング事業は、どちらかといえば、副業レベルの新規開業者実施している方も多いジャンルです。

フランチャイズを募集しているので事業者が多いのが、個人向け清掃業の特徴の一つですね。

他のハウスクリーニング系の比較サイトだと、一度も実際の案件を受注したことがない場合は登録お断りされる場合もあります。

しかし、ゼヒトモはビジネスマッチングプラットフォームの中でも比較的初心者を応援しようとするような雰囲気があり、ビジネス初心者・新規開業者でも登録が優しい傾向があります。

登録が必ず優しい訳ではありません。業者が増えれば、登録のハードル上げていく可能性もあります。

ゼヒトモでエアコン・ハウスクリーニング業者の集客 まとめ

ゼヒトモに注目されている理由
  • ミツモアに似ており成長が期待されている
  • Google検索で上位表示されはじめた
  • 顧客獲得コストが安い
  • 知名度が低く競合が少ない
  • 駆け出しの経験が浅い清掃業者にも優しい

エアコン清掃などハウスクリーニング事業は、今は新規開業者も増えている関係で集客難易度が高いです。すでに定番化している集客手段だけでは生き残っていけない可能性があります。

ゼヒトモは、あと2〜3年で定番化する可能性がある、注目の集客手段です。ゼヒトモ自体もハウスクリーニングの集客をWeb広告を通じて、発注者を集めているので、とりあえず無料でもプロフィールアカウントを作成しておいて損はないでしょう。

実際にサービス内で課金するかどうかは、発注が届いた後に決めればOKです。