Web制作会社にワードプレスで企業サイトを発注する際の注意点

WordPressで会社のWebサイトを発注するコツ ホームページ制作会社

ホームページ制作会社にWordPressを利用して会社やお店の公式サイトを発注しようと検討している事業者も多いと思います。

「ワードプレスのサイトを発注する際に気をつけるポイントは?」
「どこのWeb制作会社がおすすめ?」
「制作費用を節約する方法は?」

など様々な疑問が浮かぶと思うので、Web制作会社にワードプレスで企業サイトを作成してもらう注意点を解説したいと思います。

Web制作会社にワードプレスで企業サイトを発注する際の注意点

それではさっそく納品プラットフォームにWordPressを指定して企業に発注する場合のコツや注意点を解説していきたいと思います。

 

自社でできることを確認する

WordPressで発注をかける際には、自社でもできることが多いので、事前に何を依頼するかを確認しておきましょう。

Web制作はオプション費用で値段が高くなりがちです。WordPressはWeb知識が少なくても一応ホームページが作れるのが強みの1つです。

たとえば以下のようなことは自社でも簡単にできます。

  • ドメインを取得する
  • レンタルサーバーを自社で借りる
  • WordPressをインストールする
  • プラグイン(拡張機能)のインストール

 

上記のような作業にはコーディングスキルは必要ありません。手順に添ってボタンをクリックしていくだけですし、WordPressの簡単インストール機能はどこのレンタルサーバーも用意しています。電話サポートがあるサーバー会社もあるので、分からないことがあれば質問も可能です。

またWordPressサイトの制作を依頼するということは、基本的にWordPressのテーマ(Wixでいうところのデザインテンプレート)を依頼することになります。テーマを変更することによって、瞬時にサイトを変更することができます。

 

ワードプレスは多くのテーマが無料で利用できます。

WordPress

 

WordPress自体をただレンタルサーバーにインストールするだけで費用を請求している制作会社も多いので、ちょっともったいない気がします。コーディング知識がなくてもできるWordPressやプラグインのインストールの設定でオプション料金が発生する場合、どこまで依頼するかは確認しておきましょう。

 

PHPの使えるWebエンジニアが在籍する制作会社がおすすめ

PHP

WordPressでのホームページ制作を依頼する場合にはWebエンジニアが在籍する会社を選ぶことがオススメです。

ホームページ制作に必要なスキルは以下になります。

 

  • HTML(サイトの構造)
  • CSS(デザイン)
  • JavaScript/jQuery(アニメーション)

 

上記のスキルが使えるのはWebデザイナーまたはフロントサイドのWebエンジニアになります。

WordPressの場合にはさらに以下のスキルが必要になります。

 

  • PHP(問い合わせやログイン情報などデータの受け渡しができるプログラミング言語)
  • PHPで設計されたWordPressの関数

 

WordPressは需要が多いので最近はWebデザイナーでもWordPressの関数自体は知っていますが、WordPressの関数が動いているサーバサイドのプログラミング言語「PHP」をしっかり熟知しているWebデザイナーは少ないです。

品質の良いWordPressのテーマ制作してくれるWeb制作会社は熟練したPHPの理解できるWebエンジニアが在籍している会社が多い傾向にあります。

 

プラグインを多用して制作するタイプの制作会社には注意

WordPressのプラグイン

WordPressのサイト制作に既存のプラグインを多用する会社は注意した方がいいです。

プラグインは有志の方が無料で開発・公開しており追加機能を簡単に実装できます。

プラグインは発注した依頼したWeb制作会社が制作している訳ではなく、ただインストールして初期設定しただけです。どういった仕組みで動いているのかも把握していない場合がほとんどですし、プラグインの開発者が更新しなくなれば使えなくなります。

WordPressでの制作を依頼する場合にはどのプラグインを使うかなどは事前に確認しておきましょう。プラグインをインストールしすぎると、サイトの表示速度が遅くなりますし、セキュリティホールも発生しやすくなります。

人気のないプラグインも関係なく多用して納品するタイプの事業者さんは個人的には避けます。またプラグインをインストールするだけでオプション料金を請求する会社も結構あります。

たとえばの問い合わせフォームの無料人気プラグインである「Contact Form 7」を利用して問い合わせページを作成する場合にもオプション料金を設定しているホームページ制作会社が多いです。しかし、Contact Form 7はいくらでも使い方の情報があるので、自社である程度は設定することも可能です。

 

問い合わせフォームが売上に非常に重要な場合は、デザイン面や機能性も考えてプロに依頼しましょう。

 

ページ数でオプション料金が発生する場合には同じようなページを頼まない

ページ数でオプション料金が発生する場合には同じようなレイアウトのページを依頼しなくても、自社で後からテキストと画像を流し込めばいいです。

たとえば「製品情報Aページ」と「製品情報Bページ」があるとします。ページの構成自体は一緒であれば、納品してもらった後に自社でページを複製すれば追加料金を節約することができます。CMS(WordPress)を利用する最大のメリットはブログ感覚で自社でWebサイトが作れることなので、よく似た構成のページの作成をWeb制作会社に全て依頼する必要はありません。

 

完全オリジナルのテーマか既存テーマか

WordPressでホームページを制作している会社の中には、WordPressのテーマ販売会社が販売しているテーマを使って納品してくる会社もあります。

ページのソースを表示から、「wp-content/theme/テーマ名」で調べることができます。特に日本のホームページ制作会社で利用しているケースが多いのが、EmanonLightningTCDです。日本企業が開発しているテーマなので、日本人には扱いが容易なのが理由だと思います。

既存テーマを使った場合は、CSS(デザイン)を少しだけカスタマイズして納品している場合もあります。

もちろんその分価格が抑えられていればOKだと思いますが、既存テーマを使った場合には制作工程が大幅に短縮されていることや、ホームページ制作者がテーマの構造をあまり熟知していないことなどは念頭に置いておきましょう。

またWordPressのテーマ名は隠せますし、セキュリティ対策的にもテーマ名がバレるのはよくありません。ソースの表示で市販テーマを使っているのがバレるのは、「手抜き」か「制作スキルが低い」かのどちらの可能性があるので、お客さんへの納品物で既存テーマ名のままにしているWeb制作者は私なら発注候補から外します。

 

多くのWeb制作会社はフルスクラッチでサイトを作らずに骨組みとなるテーマをベースに開発するというケースも多々あるので、既存テーマを使うこと自体が悪ではありません。

ネットショップや決済機能をWordPressで実装するか

WordPresesはブログに強いイメージがありますが、企業のコーポレートサイトからECサイト(ネットショップ)、ランディングページまで幅広いWebサイトを作成することができます。

ワードプレスでショッピングカート機能を実装して欲しい需要も多いですが、個人情報を扱う機能を実装すると情報漏えいのリスクが高まります。

WordPressはただでさえ攻撃が多いCMSとして有名です。Amazonや楽天がサイトのプログラムを公開することはありませんが、WordPressはオープンソースという性質上、全世界の人間がコードを閲覧することができます。

個人的にワードプレスのプラグインを利用して決済機能を実装するよりもカラーミーショップやBASEといたショッピングカートサービス(ASP)を埋め込んでもらった方が安心度が高いように思えます。ASPは大手企業が大勢の優秀なエンジニアを抱えて開発・運用しておりプログラムソースも非公開なので、WordPressのプラグインを利用して実装してもらうよりも安心感が高いです。

 

発注先はWeb制作会社か個人のWebデザイナーか

WordPressサイトの制作は個人のWebデザイナーでも対応していることが多いです。会社概要や住所、商品情報などを掲載する程度の一般的な企業サイトであれば個人のWebデザイナーに発注しても問題ないでしょう。

ただ個人でWebデザイン・Webプログラミング・Webマーケティング全てをかね揃えているWeb制作事業者は少なく、どこかしら不得意な部分があります。またWebデザインはできるけど、画像編集ソフトを利用してのグラフィックデザインやイラストの作成は苦手という製作者もいます。

全体的にフリーランスのWebデザイナーさんはデザインはできても、PHPのプログラミングやWebマーケティング目線が微妙な方が多いように感じます。

費用の問題で個人のWebデザイナーに発注しても問題ありませんが、制作物のトータルバランスが優れた方は少ないので、個人に発注する場合には、既存テーマのデザイン面だけを自社にカスタマイズするといった使い方の方がいいと思います。

 

WordPressでもWooCommerceなどの有名プラグインもあるので個人のWebデザイナーでもネットショップ機能を実装することは可能ですが、何か起こっても責任取れないと思うので、個人情報や決済機能を扱うサイトの制作には、ちょっと怖くて個人には依頼する気になれません。

メンテナンス契約は何をしてくれるか

WordPressのサイトを納品された場合に保守管理契約を結ぶ可能性がありますが、何をしてくれるのかは入念に摺り合せした方がいいでしょう。

WordPressは無料で利用できるオープンソースという性質上誰でもコードが見えるのでプログラムの脆弱性が見つかりやすいので、WordPressのテーマを更新していくのも重要になります。

ただ、既存のテーマを使ってデザインだけスタマイズしたようなサイトはテーマのプログラム的な部分は市販テーマ制作会社が更新してくれます。

CSSイジっただけで納品している場合には、更新ボタン押すぐらいしかしてないということもあります。一体何を毎月メンテナンスサービスしてくれているのかなどはしっかり確認しておいた方がいいで。

 

レスポンシブで追加料金が必要かどうか

Web制作会社によってはまだまだスマホ対応(レスポンシブ)にすると追加料金が発生する会社もあります。

既存テーマ名が表示されていなくても多くのWeb制作会社はゼロからテーマを作る訳ではなく、何かしらベースとなるテンプレートからWordPressテーマを作成しています。

レスポンシブで追加料金が発生しますが現在WordPressの既存テーマの大半は既にレスポンシブ対応ですし、逆にスマホに対応していないテーマを見つけるのが難しくなってきているぐらいです。レスポンシブデザインでオプション料金を取るような会社は個人的に良いイメージがありません。

 

ページタイトルはh1、大見出しはh2で作成してもらえるか

WordPressでは基本的にページタイトルはh1、大見出しをh2で作成しているか確認しましょう。

WordPressテーマでページタイトルをh2、大見出しをh3とかで作っている制作会社もありますが、もし将来的に別の企業の制作するWordPressテーマに引っ越す時にWeb制作会社独自の見出し設計だと全ページ修正が必要になります。

特別な理由がない限り、WordPressで最も一般的な設定はページタイトルはh1、大見出しはh2です。ページタイトルと大見出しはSEO的に非常に重要なので、汎用性の高い設計の方が安心できます。

 

WordPress大見出しはh2

WordPressでの企業サイトの発注は市販テーマを指定したカスタマイズも検討する

WordPressテーマEmanon(エマノン)

Web制作会社よりもWordPressテーマ開発会社の方が優れた技術力を持っているということも多いです。

個人的にオススメなのがWordPressは市販のテーマを指定してデザインやアニメーションだけ自社っぽくしてもらえればいいのではないかと思っています。

たとえばこのサイトは無料ブロガー用テーマのCocoonを利用しています。Cocoonは無料でありながら、以下のような機能が既に実装されています。

 

ページごとにメタタイトル・メタディスクリプション・noindexが設定可能

Cocoonならページごとにメタタイトル・メタディスクリプション・noindexが設定可能です。

WordPressテーマCocoonのSEO設定

メタタイトル・メタディスクリプション・noindexはSEO設定的に必須要素ですが、WordPressにはデフォルトでは設定できません。

個人ブロガーからプロのWeb制作会社まで、WordPressのSEO対策として、All in One SEO PackYoast SEOというSEO設定用のプラグインを利用してきました。しかし、大半の方はメタタイトルとメタディスクリプションの設定ぐらいにしか利用しておらず、用途にしてはプラグインを利用する負荷が重かったです。

特にAll in One SEO Packは重いとの悪評が多いプラグインなので、できれば使いたくないという声も大きく、既に多くの市販テーマではSEOのプラグインをインストールしなくてもテーマ側でメタタイトルやメタディスクリプション、noindex設定できるようなテーマが増えています。

 

プラグイン数はできるだけ減らしたほうが表示スピード的にもセキュリティ的にも安全です。

WordPress上で301リダイレクト設定できる

ブログを書いているいると以下のようなことがやりたくなります。

  • 似たトピックでアクセスの少ないページをまとめて1つの記事にする
  • 特定のキーワードで記事を書いたけどアクセス少ないので、新しく書き直す

こういった場合に、古い記事のパワーを新しい記事に送りたいケースが出てきます。一般的に301リダイレクトを利用して、古いページを訪れた方が自動で新しいページに移動するようにできます。

.htaccessというファイルの中でリダイレクト設定できるのですが、いちいちFTPソフトでサーバーにアクセスして.htaccessファイル開いてリダイレクト設定追記なんて面倒ですし、Web制作の知識がない方だと、多分上の意味がよく分からないと思います。

テーマ側でリダイレクトできるようにしてもらえるとブログを書く場合には楽になります。Cocoonではページごとに301リダイレクト設定が誰にでもできるような簡単設計になってます。

 

WordPress上でリダイレクト設定できるプラグインもありますが、なるべくインストールしたくありませんね。

 

解析ツールとレゾリューションテスト

Cocoonでは訪問者数やスマホのレゾリューションテストなども表示できます。どのサイトにもあったら便利な機能なので、Web制作会社として何かしら共通の機能は開発していて欲しいですが、多分それぞれのWeb制作会社のテーマは、ここまで高機能な機能を実装してくれません。

 

Cocoon訪問者の数とレゾリューションテスト

 

いちいちGoogleアナリティクスで調べなくても、1日に何人のユーザーが訪れたのか分かるので非常に便利です。

また無料テーマなのに、こんなに多くの項目が詳細に設定できます。色々と自社で色や文字の大きさなどを編集して売上の変化をテストすることもできます。Web制作会社にこれをゼロから依頼したら、バカ高い値段を請求される可能性があります。

 

Cocoonのテーマ設定

その他の機能

他にもCocoonではブログを書くのに必要な機能が最初から搭載されています。

  • ページの更新日の表示
  • パンくずリストの表示
  • CTA(コールトゥアクション)ボタン
  • 定型文の呼び出し
  • 吹き出し機能
  • ブログカード(関連記事の挿入)

スキルのないWeb制作会社に下手に完全オリジナルのWordPressのテーマを作成してもらうぐらいであれば、WordPresのテーマ開発会社が開発している市販テーマをベースに作成してもらった方が、遥かにクオリティの高いテーマが作れると思います。

市販テーマは多くのユーザーによって「上位表示できるテーマかどうか」「使い勝手」などが実験されていますし、改善点などの要望が集まって常にアップデートされ続けています。

Web制作会社にゼロからオリジナルのテーマを作ってもらったり、本当は既存のテーマ使ってるけどゼロから作ったふりされるよりも、発注側から市販テーマのカスタマイズを依頼した方が、発注側としては、自社のイメージにマッチしたデザインで、クオリティの高いWordPressテーマを制作費用を抑える納品してもらうことができます。

 

おすすめの優良ホームページ制作会社の選び方
「ホームページ制作会社ってどう選べばいいの?」「SEOに強い会社の特徴は?」「悪質業者の見分け方は?」など色々な疑問が浮かぶと思います。そこで、おすすめのクオリティの高い仕事をしてくれるホームページ制作会社の選び方を紹介したいと思います。