STORES.jpやBASEの安全性は低い?

ネットショップの安全性ネットショップ

ネットで商品を販売してみたいと思い、ネットショップ作成サービスを探している方も多いと思います。

最近だとSTORES.jp(ストアーズ)やBASEなどのインスタントEC系サービスが人気があり、オススメされることも多いです。初心者でも簡単にECサイトを作成できて、テンプレートのデザインもオシャレで、固定費も安いなどい様々なメリットがあります。ネットショップを初めて開く方にとっては、心強いWebサービスです。

しかしながら、ネットショップを開くには個人情報の取り扱いなども必要になります。「操作が簡単」「料金が安い」というだけでSTORES.jpやBASEを選んでもいいのか不安な方もいると思うので、サービスとしての安全性について解説したいと思います。

STORES.jpとBASEの運営会社の安全性は高い?

まずはSTORES.jpとBASEの運営会社が信頼できる会社かどうかについて解説したいと思います。

STORES.jpを運営するのはストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社で、2008年10月に設立されています。株主はヘイ株式会社という日本のテックベンチャーです。

あまり耳慣れない会社名ですが、日本のWeb業界では非常に影響力のあるフリークアウト系の会社で、数々のWeb系スタートアップの上場を成功させてきた実績があります。技術力も高く法人としての信頼性も高いです。

ストアーズ・ドット・ジェーピーのオフィス

STORES.jp運営会社

 

一方のBASE株式会社はCEOが学生時代の2012年に創業したWebサービスで、有望スタートアップの1つという印象でしたが、2019に東証マザーズへ上場させています。

また社外取締役としてGMOペパポやCAMPFIREの設立者である家入一真氏も名前を連ねており、こちらも安全性の高い会社となっています。タレントの香取慎吾さんをイメージキャラクターに起用したCMなどを行っていた時期もあります。

BASE株式会社のオフィス

BASE株式会社

 

会社としてはストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社もBASE株式会社もしっかりとしたメンバーによって、まじめにサービスの開発・システムの保守が行われており、社会的にも安全性の高いWeb系ベンチャーという認識なので、ネットショップのような個人情報を取り扱うサービスのプラットフォームとして選択しても問題ないでしょう。

STORES.jpとBASEはクレジットカードの審査がないと聞いたけど安全性は?

ネットショップの安全性

STORES.jpやBASEの人気が出たのは、誰でも手軽にネットショップが開けるメリットとして、カード会社の審査なくクレジットカード決済を利用できることがありました。

しかし、逆に言えばクレジットカードの審査なく決済方法として使えるのって、小売業を行っている事業者からすれば「安全性は本当に大丈夫?」となんか怪しいような気がする方もいると思います。

これは上手く法制度を利用した仕組みでSTORES.jpやBASEの運営会社名義一括で審査をパスすることによってストアーズやベイスのネットショップオーナーも即日クレジットカード決済を利用できるような仕組みで、違法ではありませんでした。

しかしながら、2018年6月に施行された割賦販売法の法律の改定によって、STORES.jpやBASEで作成したネットショップでもクレジットカードの審査が必要となりました。今後はBASEやSTORES.jpでも他のショッピングカートシステム同様にクレジットカードの審査が必要となります。

 

STORES.jpでクレジットカード審査を行っていないと以下のような表示が出るようになりました↓

STORES.jpクレジットカードの申請

STORES.jpやBASEからの情報漏えいの安全性は?

ECサイトの運営で気がかりなのが個人情報の取り扱いにおける安全性です。情報漏えいすると評判がガタ落ちしたり訴訟を起こされる危険性もあります。個人情報は「ネットショップオーナー」と「お客様(購入者)」の2つとも安全でなくてはなりません。

まず、ネットショップオーナーの個人情報の安全性についてです。STORES.jpやBASEでネットショップを作成しようとすると、住所や電話番号など多くの個人情報を入力しなければなりません。個人情報が漏洩などは不安だと思いますが、現在までのところ、ストアーズ・ベイスともにハッキングなどにで、ネットショップ登録事業者の公開していない個人情報が漏洩したことはありません。

しかしながら、もちろんネットショップを開くにあたって、特定商取引法の表記で販売者の住所は必須となります。ネットショップが初めての方にとって、自宅の住所を記入することに抵抗があるかもしれませんが、ネットショップオーナーになるからには事業者の住所と電話番号を記載する必要があるので、その点は妥協しなければなりません。

もし、自宅の住所を表示したくないのであれば、バーチャルオフィスなどを契約して回避することもできます。

もう一方の、お客様(購入者)の個人情報のついてですが、こちらもSTORES.jpとBASEの両者において情報を漏洩させてしまった事例はないので、セキュリティの安全性も現在のところは他のMakeShopやカラーミーショップなど歴史のあるEC構築サービスと同等と言えるでしょう。

STORES.jpとBASEの安全性まとめ

  • 信頼性の高いWeb系ベンチャーによって運営されている
  • クレジットカードの審査は個別に必要になった
  • 情報漏洩させた過去はなく、安全性の実績は他のショッピングカートと同等

ストアーズやベイスなどの新興のネットショップ作成サービスは安全性などに不安がある方もいるかもしれませんが、現在のところ歴史のあるカラーミーショップやMakeShopなどと比較して安全性で劣っている部分はありません。

機能のアップデートもユーザー数もBASEやSTORES.jpのようなインスタントECサービスの方が既存のショッピングカートシステムより活発なので、長期的にも自社の決済システムとしてお付き合いしていける期待値は高そうです。

STORES.jp(ストアーズ)の評判は?手数料やベイスとの違いは?
「ストアーズってどんな機能があるの?」「BASEとの違いって何?」「他のネットショップ作成サービスより手数料は安いの?」など様々な疑問が浮かぶと思います。そこでSTORES.jpの評判の特徴やベイスとの違い、手数料について解説してみたいと思います!
ネットショップBASE(ベイス)の評判は?手数料や口コミを解説!
「BASEの評判ってどうなの?」
「他のネットショップと何が違うの?」
「手数料は安いの?」など様々な疑問が浮かぶと思います。そこでBASEの評判の特徵や口コミ、手数料やデザインなどについて解説したいと思います。