ブログでホームページを作るのをオススメしない8つの理由

ブログホームページ作成

アメブロやFC2ブログ、はてなブログなど様々な無料ブログサービスで会社のホームページを作っている事業者も多いです。特にお店系などの店舗系事業者には人気が高いですよね。

しかし、ブログサービスでホームページを作るのはオススメしません。その理由を解説したいと思います。

ブログでホームページを作るのをオススメしない8つの理由

ブログでホームページを作るのをオススメしない理由として、主に以下8つがあります。

  • ナビゲーションメニューがない
  • 問い合わせフォームがない
  • 独自ドメインが利用できないケースがある
  • 公式サイトとして認識されにくく、トップ表示されにくい
  • 自分の資産にならない
  • 広告が表示される
  • ブログサービスなのにブログ書きにくい
  • サービス終了のリスク

ナビゲーションメニューがない

ブログにはナビゲーションメニューがないケースが多いです。

ナビゲーションメニュー

ナビゲーションメニュー

ナビゲーションメニューがないので、「お店情報」「メニュー・商品情報」「イメージギャラリー」「アクセス」「コンタクト」など会社やお店のホームページに必要なページをすぐに探す設計にできません。

公式サイトとしてナビゲーションメニューがないのは致命的なので、自分でカスタマイズする必要がありますが、ナビゲーションメニューをカスタマイズするのはHTML・CSSなどを編集する必要があり、素人には少し難易度高めです。

問い合わせフォームがない

無料ブログサービスには通常問い合わせフォームはありません。問い合わせフォームがないので問い合わせ用のメールアドレスを直接記入しなければなりません。直接メールアドレスを記載すると迷惑メールも増えますし、公式サイトで問い合わせフォームがないのは、体裁がよくありません。

独自ドメインが利用できないケースがある

アメブロなど一部のブログサービスでは独自ドメインが利用できません。独自ドメインとはサイトのURLです。今見ているこのページなら「w-2-b.com」が独自ドメインです。もし独自ドメインを利用しないとサイトURLが「https://ameblo.jp/好きな文字列/」みたいな感じになります。

このサイトURLは格好悪いですし、アメブロの一部という認識になるので公式ホームページっぽくありません。

また無料ブログのドメインを利用すると短期間で検索上位表示されやすいというメリットがありますが、長期的に考えると独自ドメインを取得した方がSEO効果は高いです。

公式サイトとして認識されにくく、トップ表示されにくい

無料ブログでホームページを作成するとタイトルなどからユーザーに公式ホームページとして認識されにくくなります。同時に検索エンジンからも公式サイトとして認識されにくく、自分の会社やお店の名前ですら、第三者のサイトが公式ホームページよりも上位に表示されてしまう可能性があります。

また一般的に1ページ目に同じドメイン内のページが表示される数は3つ程度です。

仮にアメブロで「○○市 パン屋」みたいなキーワードを想定して「○○市のおいしいパン屋」「○○市の新しいパン屋に行ってきた」などのブログを誰かが書いていて、3つも人気のブログ記事がアメブロ内に存在してしまっていたら、それ以上アメブロのサイトは1ページ目に 表示されないことがあります。

確かに無料ブログはドメインパワーが強いので1ページ目には比較的すぐ表示されるのですが、1位表示を狙っていくとなると、色々と問題が出てくるので、ブログサービスを利用してホームページを作成すると、運営期間が長くなるにつれ、検索面でのデメリットが多くなります。

自分の資産にならない

ブログサービスを使ってホームページを作成すると、コンテンツはブログ運営企業の資産となってしまいます。独自ドメイン使っていても同じです。勝手に消去されるリスクが常につきまとい、自分のモノであるという感覚が薄いので、もしブログサービス運営会社にとって不都合があれば、朝起きたら「ホームページが消滅している…」ということになりかねません。

広告が表示される

無料ブログだと一般的に広告が表示されます。当然ホームページとしてはふさわしくありません。有料オプションで広告非表示にできるサービスもありますが、アメブロなど広告非表示の有料オプションを提供していないサービスもあります。

ブログサービスなのにブログ書きにくい

ブログサービスのメリットはブログサイトを誰でも簡単に作れることですが、文章の装飾などを考えると、多くのブログサービスは設計が古いのか、ブログが書きにくいというのが個人的な印象です。関連記事やSEO対策もあまり、複雑なことはできません。

サービス終了のリスク

ブログサービスはいつサービス終了するか分かりません。近年Yahooブログなどの多くのブログサービスが終了しています。今人気のブログサービスも、Web業界はテクノロジーの流行り廃りが速いので、10年後存続しているかどうかも分かりません。引っ越しも面倒ですし、もし独自ドメインとってなかったら、これまでのど努力が水の泡になります。

 

ブログとホームページは分けるがオススメ

  • ナビゲーションメニューがない
  • 問い合わせフォームがない
  • 独自ドメインが利用できないケースがある
  • 公式サイトとして認識されにくく、トップ表示されにくい
  • 自分の資産にならない
  • 広告が表示される
  • ブログサービスなのにブログ書きにくい
  • サービス終了のリスク

以上無料ブログをホームページとして利用するデメリットでした。無料ブログでホームページを作ると色々と機能的も制約を受けますし、自分の資産じゃないので、勝手に消去されたりSEO的にも正当な評価を受けることができません。

同様にFacebookなどのSNSを公式ホームページとして利用するのもオススメしません。

ホームページをWeb制作会社に発注したり、自分でHTML・CSSを覚えて作成することが難しいので、ブログをホームページとして使うことを検討している方も多いと思いますが、対応策としては2つあります。

1つはWordPressでホームページを作成することです。レンタルサーバーなどを契約する必要がありますが、ホームページ用のデザインテンプレートなども販売されているので、比較的簡単にホームページが作成できます。エックスサーバーとかなら、ワードプレスの簡単インストール機能も用意されていますし、電話問い合わせも可能で月額千円程度の維持費なのでコスパもいいです。

エックスサーバーとは?料金プランや評判の特徵・口コミを徹底解説!
多くのブロガーや中小企業で採用されている大人気のレンタルサーバーがXSERVER(エックスサーバー)。そこで、エックスサーバーの評判を上げている特徴や、口コミ、どのプランがオススメなどを徹底解説したいと思います!

もう1つが「JimdoなどのWebサイトビルダーでホームページを作成する」です。Webサイトビルダーならブログサービスと同じような難易度でホームページを作成することができます。

Webサイトビルダーは数多くの会社からリリースしていて、それぞれ特徵が違うので、違いが知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

おすすめホームページ作成ソフトランキング
ホームページ作成ツールはどれでも良いわけで貼りません。どれも一長一短あり、完璧なホームページ作成ツールは存在しません。そこで、ホームページ作成ツールを比較しランキングを作成したので参考にしてみてください。