ワードプレスの引っ越し依頼がしたい!移転代行業者のおすすめは?

ワードプレスの引っ越し代行ホームページ制作会社

WordPressサイトの移転をしようと思って引っ越し代行業者を探している方もいると思います。

そこでワードプレスの引っ越し代行サービスを提供している会社をまとめてみたので、参考にしてもらえれば幸いです。

ワードプレスの引っ越し依頼の種類

まず最初にワードプレスの引っ越しのジャンルについて簡単に解説しておきたいと思います。

  • ワードプレスサイトのレンタルサーバーを別に変更したい
  • サーバーの負荷などの問題で引っ越しが必要
  • 静的なサイトをワードプレスに引っ越しして欲しい

ワードプレスサイトのレンタルサーバーを別に変更したい

WordPressかんたん移行最も一般的なのが、現在のワードプレスサイトを別のレンタルサーバーに変更することです。

たとえば、初めてのホームページで安さ重視でロリポップのスタンダードプランを利用しているけど、「表示速度が速いサーバーに引っ越ししたい」などの理由でエックスサーバーやConoHa WING、mixhostなど高速レンタルサーバーに引っ越したいというケースです。

最近は、どのレンタルサーバー会社も簡単に引っ越しできる簡単引っ越し機能が用意されているので自分でも簡単に引っ越しできます。

しかし会社のHPとかだと「もし自分で作業していてミスってデータ消しちゃった場合に責任を追求されかねない」という場合には、たとえ簡単なワードプレスの引っ越し作業でも念には念を入れて、プロに作業を外注してしまうケースも多いです。

サーバーの負荷などの問題で引っ越しする必要がある

続いてはサーバーの負荷などの問題で引っ越しが必要なケースです。

これは少し特殊です。ワードプレスのプラグイン(All-in-One WP Migration)などを使って、自分でWPの引っ越し作業はできるけど、通常の引っ越しでは何かしらの問題がある場合です。

PV数やデータファイルが多いブログやWebメディアのワードプレスサイトを移転する場合に起こりうるケースです。

サーバーやデータベースなどの専門知識が必要になるケースで、高度なサーバサイド・データベースの知識のある専門業者に依頼する必要があります。

静的なサイトをワードプレスに引っ越しして欲しい

最後にHTMLなどで作られた自分で編集できないホームページを、CMSのワードプレスに引っ越しするケースです。

現在のWebサイトをそのままワードプレスで利用したいというパターンになり、引っ越しというよりも、デザインは同じですが、ホームページのリニューアルに近いかもしれません。

ワードプレスの引っ越し作業代行の依頼ができる業者

それではワードプレスの引っ越し作業を専門に行っているおすすめ代行業者を紹介していきたいと思います。

近隣都道府県から遠いかもしれませんが、Web制作と違い引っ越し作業はオンラインで完結するので、遠方の業者でも問題ありません。

サイト引っ越し屋さん(株式会社DPパートナーズ)

サイト引っ越し屋さん(株式会社DPパートナーズ)

ワードプレスサイトの高速化カスタマイズサービスなども提供している東京都の引っ越し代行業者です。2019年末には「サイト引っ越し屋さん」の商標も取得して、業績は好調です。

提供するサービスとしては「ワードプレスを別サーバーへの引っ越し」「無料ブログからワードプレスへの引っ越し」「HTMLサイトやWix・ジンドゥーなどから引っ越し」があり、様々な理由でのワードプレスサイトの引っ越し依頼に対応可能となっています。

サイト引越し後の「表示・動作保証」「個人情報流出・データ欠損時の賠償責任保証」制度もあるので絶対にミスしない安全性の高い引越し業者に依頼したい場合には検討してみてください。

ワードプレスのサーバーの引っ越しであれば、最安3万円から対応可能となっており、多くの中小企業〜個人のお店でITリテラシーに自信がない事業者から支持されています。

URL:https://site-hikkoshi.com
住所:東京都荒川区西尾久1-20-13

WP安全引越屋さん

WP安全引越屋さん

特定商取引法で必要な電話番号や代表者の情報が記載されていないのが若干気になりますが、しっかりしたワードプレス専門の引っ越し代行業者です。

引っ越し代行料金は3.9万円(税抜)と7.8万円の2つのプランです。メールアドレスを引き継ぐ場合には7.8万円のプランと分けられています。

WP安全引越屋さんに依頼すると、Gmailにて独自ドメインメールを送受信できるように設定くてくれる特典が用意されています。

URL:https://lp.wp-labo.com/
住所:〒140-0001 東京都品川区北品川1丁目9−7

MAC InterNet 有限会社 エムエーシー

MAC InterNet 有限会社 エムエーシー

一般的な小〜中規模のワードプレスサイトの引っ越しを5万円で行っています。

マルチサイトで構築したワードプレスサイトなども対応可能となっていますし、WPのパスワードを忘れたケースでも引っ越しに対応しています。

URL:https://hikkoshi.macnet.jp/plan/wordpress
住所:京都市中京区烏丸通三条上る御倉町85-1 KDX烏丸ビル3F

有限会社サーブ

有限会社サーブ

ワードプレス同士の引っ越しだけでなく、様々なケースのワードプレス移転作業に対応しています。

技術ブログもしっかり書かれていて、専門性が高いので、複雑なワードプレスサイトの移転も対応できる専門性の高い引っ越し業者の1つです。

1つ1つのケースにしっかり向き合うので、料金は見積もりを取る必要があります。

URL:https://sitemove.surv.co.jp/wordpress
住所:〒352-0011 埼玉県新座市野火止4丁目5

WP代行レンジャー(株式会社ステイゴールド)

WP代行レンジャー(株式会社ステイゴールド)

福岡県にあるワードプレスの移転代行会社です。引っ越し代行の他に高速化やワードプレスサイトの各種トラブルなどにも対応しています。

ワードプレスの引っ越し代行費用は初回限定で25,000円の格安料金で依頼可能となっています。サーバー選びも相談してもらえますし、kusanagiの導入などのハイスペックサーバーへの対応も可能なスペシャリストが在籍しています。

URL:https://wp-hikkoshi.com/
住所:〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神3-1-12 北天神ビル6階

クラウドソーシング・マッチングプラットフォームで個人に依頼する

他にも法人ではなく、クラウドソーシング・マッチングプラットフォームで個人に依頼する方法もあります。個人に依頼すると、業者に依頼するよりも安い値段で引き受けてくれるフリーランスも多いです。

たとえば以下のようなサイトで個人にワードプレスのサイトの引っ越しを依頼することができます。

ランサーズ

クラウドソーシングといえば定番がランサーズでしょう。多くのフリーランスのWebエンジニアやWebデザイナーがワードプレスの引っ越しを格安で引き受けてくれます。ランサーズ上でやり取りする必要があります。

ランサーズ公式サイト

比較ビズ

比較ビズもランサーズと同じような仕組みですが、これはランサーズ外で直接電話・メールしても大丈夫です。

Webサイトのリニューアルや長期的にメンテナンスして欲しい業者探しにもおすすめです。

coconala

ココナラ

ココナラは移転代行作業ができる個人が代行サービスを出品しています。coconala上でメッセージでやり取りして仕事を完結させる必要があります。

coconalaは上2つと違って、出品者側が売りて市場っぽい印象があるので、個人に依頼するならまずは比較ビズやランサーズで探してからの方がいいでしょう。

ココナラ公式サイト

レンタルサーバー会社のワードプレス移転代行サービス一覧

以上がホームページ制作会社ば行っているワードプレスの引っ越し代行サービスでした。

実は最近は同じような別のレンタルサーバーから自社のレンタルサーバーへの代行サービスも行っているので合わせて紹介したいと思います。というか、一般的なレンタルサーバーの引っ越しであれば、こっちがオススメです(笑)

mixhost

mixhostのワードプレス引っ越し代行サービス

エックスサーバーと並び、レンタルサーバー業界の2トップの1つであるmixhostでは1万円の激安価格での引っ越し代行サービスを行っています。

上で紹介したレンタルサーバー代行業者よりも料金が安い理由としては、今後もレンタルサーバーを使ってもらうことによって利益が出るので、ワードプレスサイトの引っ越し代行サービスを格安にて提供しているということです。

データ容量やアクセス数的に自分での移転が困難な特殊な事情でも、この低価格でプロに任せられのは嬉しい限りです。

mixhostは優秀なレンタルサーバーですし、ブログから企業サイトまで幅広いアクセス数に対応可能となっているので、検討してみてください。ちなみに、今見ている当サイトもmixhostで運用しています。

URL:https://mixhost.jp/options/wp-transfer


ConoHa Wing

ConoHa Wingのワードプレス引っ越し代行サービス

miixhostとほぼ同じ移転代行サービスをGMOインターネットが運営する高速レンタルサーバー「Conoha Wing」でも提供しています。

レンタルサーバーとしては登場が遅いですが、近年シェアをmixhostやエックスサーバーから奪っているので、こちらに依頼するのもいいかもしれません。

ワードプレスの引っ越し費用は1サイト6,980円+3,000円(SSL化のサイトの移行の場合)となっているのでmixhostと同じぐらいの料金です。

URL:https://www.conoha.jp/wing/wpmigration/

ColofulBox

カラフルボックスのワードプレス引っ越し代行サービス

mixhostと同じくLiteSpeedを採用した似たようなスペックですが、より安い料金プランが用意されているレンタルサーバーです。まだユーザー数は少ないですが、今後伸びてきそうな高速レンタルサーバーサービスです。1サイト12,800円で引っ越し代行可能です。

URL:https://www.colorfulbox.jp/option/wordpress/

まとめ WordPressワードプレスの引っ越し・移転依頼の代行業者

「今のレンタルサーバーからハイスペックなレンタルサーバーに移行する」なら個人ブロガーから会社・お店までレンタルサーバー会社が自社で提供しているサーバー移転引っ越しサービスを利用するのが料金・安全性的にもベストな選択です。

もしVPSなどレンタルサーバー以外の特殊な要望なら、代行業者に依頼すべきですが、大半の方は高速レンタルサーバーのスペックで十分でしょう。

mixhost・カラフルボックス・ConoHa Wingなど高速レンタルサーバーと言われるサービスは大体代行サービスを用意しています。個人的にレンタルサーバー会社をどれか1つオススメするとすれば、この中で最も運用歴が長くあり、色々と斬新な機能やサービスを取り入れてくれるmixhostが一押しです。