Wix(ウィックス)の無料・有料プランできること/できないことの比較

Wix Wix

人気ホームページ作成ツールWixに興味がある方も多いと思います。

Wixで気になるのが、無料プラン(フリープラン)の他に数多くの有料プラン(プレミアムプラン)があること。色々とプランはあるけど、結局Wixは何ができて、何ができないの?

と疑問に感じている方も多いと思うので、Wixで、「できること」「できないこと」について解説したいと思います。

 

Wix(ウィックス)の無料のフリープランでできること

まずはWixの無料プランでできることについて解説したいと思います。Wixは無料でも様々なことができます。

  • ホームページの作成・維持コストがずっと無料
  • 動きのあるサイトが作れる
  • スマホ(レスポンシブ)対応サイトが自動で作成できる

 

ホームページの作成・維持コストがずっと無料

Wixの無料プランではホームページの作成と維持コストがいくら使い続けても無料です。

ホームページ作成ツールの中には、数週間のお試し期間の後は、有料プランに変更しなければ作成したサイトが表示されなくなる場合もありますが、Wixのフリープランは完全無料でずっと使い続けることができます。

ただし、Wixの無料プランでは、データ保存容量が500MBしかありません。画像を数多く使用するようであれば、もしかしたら500MBの制限に引っかかる可能性もあります。

他にも、広告が表示されたりと、何かと制約が多いので、使ってみて気に入れば、有料のプレミアムプランに移行する場合が多いです。

 

動きのあるサイトが作れる

Wixアニメーション

Wixが他のホームページ作成ツールと比べて圧倒的に得意なことが、動きのあるサイト作成です。テキストを動かしたり、背景を動画にしたりさせたいのであれば、無料版でもプレミアムプランと同等の機能を自由に使うことができます。

 

スマホ(レスポンシブ)対応サイトが自動で作成できる

Wixスマホ

Wixで作成するとスマホで見た場合には、スマホに最適化されたレイアウトに自動で調整されます。無料版だからといって、差別を受けることはありません。

 

Wixの無料プランでできないこととしては、以下のことがあることだけ注意しておきましょう。もし、これらが許容できるのであれば、無料版でずっと使い続けてもOKでしょう。

 

  • Wixの広告が自動で表示される
  • データ容量が500MBまで
  • 独自ドメイン(オリジナルのURL)にできない
  • ネットショップ機能は使えない
  • Goooleアナリティクスの設置
  • ファビコンの設置

 

Wix(ウィックス)の有料のプレミアムプランでできること

WixのプレミアムプランVIPeコマース無制限コンボドメイン接続
月額利用料金2,533円1,641円1,266円841円416円
帯域幅無制限無制限無制限2GB1GB
データ容量20GB20GB10GB3GB500MB
独自ドメイン接続
プレミアムサポート
ドメイン無料登録X
Wixの広告の削除X
ファビコンの変更X
ショッピングカート機能XXX

 

Wix無料版でも、かなりのことができますが、有料版になると一体どのようなことができるようになるのでしょうか。

  • 帯域幅が大きいので大規模なアクセスに耐えられる
  • 広告の非表示
  • 独自ドメインが設定できる
  • ファビコンが変更できる
  • ネットショップ機能の実装

 

帯域幅が大きいので大規模なアクセスに耐えられる

Wixのフリー版では帯域幅が1GBですが、プレミアムプランの無制限プラン以上であれば、帯域幅の制限がありません。帯域幅とは一度にサイトにアクセスできる人数です。

たまたまテレビやネットで話題になると、一時的に急激に人が訪れることになります。帯域幅は、訪れるページのデータ容量にもよるので、一概に何人がアクセスすると帯域幅が足りなくなるかは断言できませんが、1〜2GBと少ないと、マスコミに取り上げた際などの集客チャンスを逃す可能性があります。

基本的に企業の公式サイトなど、訪問者数が比較的少ないような利用方法をするのであれば、一時的なアクセス集中以外では、帯域幅はそこまで気にする必要はありません。

 

広告の非表示

Wix広告

有料プランの「ドメイン接続プラン」以外では広告を非表示にすることが可能です。

無料プランとプレミアム(ドメイン接続)では、Wix.comを使っていることがサイトのトップに表示されてしまいます。

個人の趣味ブログであれば、問題ないのですが、商用利用であれば広告が表示されると、「ケチくさい会社」「材料など原価も削ってそうなレストラン…」「細部にこだわる能力のない会社・お店」など、悲観的に取られやすいのでオススメしません

 

※「フリー版」と「プレミアムプラン(ドメイン接続)」の違いは、独自ドメイン(自分で取得したサイトアドレス)にできるかどうかだけです。個人的にはドメイン接続プランは有料にも関わらず広告が消せないので必要ないプランだと思います。

 

独自ドメインが設定できる

Wixのフリー版を利用すると以下のようなドメイン名になります。

「https:///wix登録時のユーザーアカウント名.wixsite.com/好きなサイト名」

非常に長ったらしく、覚えにくい上に、wixsiteという借り物の場所であることが記載されてしまっています。広告と同じく、商用利用だと印象が悪いです。

商用の場合には、「独自ドメイン+広告非表示」のプレミアムプラン(コンボ)以上をオススメします。

 

ファビコンが変更できる

wixファビコン

プレミアムプランだとWixのファビコンを変更できます。フリー版だと、ウェブブラウザのタブにWixのロゴが表示されてしまいますが、プレミアムプランであれば、自分の好きな画像に変更することができます。

ファビコンも広告や独自ドメインと同じくイメージ的な問題ですが、そこまで重要な要素ではありません。

 

ネットショップ機能の実装

Wixオンラインショップ

プレミアムプランの「VIP」と「eコマース」ではネットショップ機能も利用することができます。

ただし、Wixのネットショップ機能はPayPal決済のみ対応だったりと、クレジットカードで直接支払いしたり、コンビニ後払いなどの機能はなく、簡易的な機能のみです。Wixはグローバル仕様のホームページ作成ツールなので、今後ネットショップ機能が日本人にとって使いやすく拡充していく可能性が低いので、Wixのネットショップ機能はあまりオススメしません。

まとめると、プレミアムプランを申し込むのであれば、大半の方にとっては、まずは「コンボプラン」が一番コストパフォーマンス的にオススメな可能性が高いです。

Wix公式サイト

 

Wix(ウィックス)ではできないこと・不得意なこと

以上、Wixの無料プランと有料プランのできることでした。では逆にWixでは「できないこと」や「不得意なこと」についても解説したいと思います。

  • 複雑なネットショップの作成
  • サイトの引っ越し
  • 読み込み速度の速いサイト
  • ブログで検索流入を増やす
  • プラグイン(拡張機能)の活用
  • 日本語での電話サポート

 

複雑なネットショップの作成

カラーミーリピートお届けサイクル

Wixでは述べたように、ネットショップ機能はあるものの、あまり複雑なことはできません。特にPayPal支払いだと、別途PayPalのアカウントを作成する必要があるので、購入までのハードルが1つ上がります。

やはり、日本の商習慣にあった、カラーミーリピートカラーミーショップなどの日本で開発されたショッピングカート・ネット決済機能の方が、売上を上げやすいです。

Wixのネット決済機能は、おまけ程度や試験的にネットショップを利用してみたいという場合だけの利用にとどめておきましょう。

 

サイトの引っ越し

Wixでホームページを作成するとサイトの作成が難しいです。ホームページ作成ツールとサーバー(データの保管場所)がセット売りの商品だからです。

Jimdoなど他のツールに乗り換える場合には、また最初からサイトを作成しなければなりません。上記の理由からページの多いサイトの作成は、あまりオススメしません。

 

読み込み速度の速いサイト

Wixの難点の1つが、表示速度が他のホームページ作成ツールと比べても遅いことです。

Wixは動きのあるサイトが気軽に作れたり、レゴブロックで遊ぶような間隔でホームページを作成することができるのですが、逆にその制作時の利便性が、サイト表示時の速度の足を引っ張っています。

今の検索エンジンは表示速度も検索順位(SEO)に影響を与えるので、Wixで作成したサイトは、速度面では少し不利になります。

読み込みが遅いことが原因でユーザーを離脱させたくないのであれば、グーペの方が国内にサーバーがあり、使い方もシンプルに設計されているので表示速度が速いのでオススメです。

 

ブログで検索流入を増やす

ホームページの作成を検討している方はブログ記事を書いて、検索から集客を考えている方もいると思います。

Wixでもブログ機能はあるのですが、Wixで書いたブログを書いている方が少ないので、Wixのブログでも検索上位表示されるのかが不明なことや、他にWordPressやAmeblo・はてなブログといった無料ブログの方が検索上位表示させやすい機能があったりするので、Wix内のブログ運営のメリットは少ないです。

 

プラグイン(拡張機能)の活用

Wix プラグインマーケット

Wixにはプラグイン(拡張機能)マーケットがあり、拡張機能をインストールすることによって、様々な機能を追加することができます。しかしながら、Wixのプラグインをあまり頼りにしない方がいいでしょう。

たとえば人気記事や関連記事を表示させて、サイト内の他のコンテンツを読んでもらいたいと思っても、そのようなプラグインが「Wixのプラグインマーケットに存在するのか」「使い方の情報があるのか」「定期的なアップデートは行われているのか」など様々な問題があります。正直、Wixでのホームページ作成にプラグインは期待できません。

基本的に日本語でのWixプラグインの使い方情報が皆無なので、英語の読解力は必須となります。

拡張機能を利用して、SEO対策やサイトのコンテンツの充実化をさせたいのであれば、WordPressが最も進んだコミュニティを形成しているので、日本語での情報も取得しやすいでしょう。(※ただしWordPressはWixよりも難易度は高めのツールです)

 

日本語での電話サポート

Wixの日本語でのサポートはあまり期待できません。

Jimdoやグーペは日本国内にカスタマーサポートがあり、プランによっては電話サポートも可能ですが、Wixのカスタマーサポートはサンフランシスコで行われているので、他社のような手厚いサポートはあまり期待できません。メールの返信でも時間がかかり、Wixのサイト設計的にもメールですら、あまり問い合わせしてほしくなさそうな雰囲気があります。

 

まとめ

Wixのロゴ

  • 無料プランはずっと無料で使い続けられる
  • 商用利用は広告が表示されるのでコンボ以上のプレミアムプランがオススメ
  • Wixは動きのあるサイトを作るのが得意
  • ネットショップ機能は物足りない
  • ブログを書きたいならWordPressや無料ブログの方がいい
  • 速度の速いサイト・使いやすさ重視ならグーペの方がオススメ

Wixは無料プランでもプレミアムプランと、そこまで変わらないので、個人の趣味ブログであればずっと無料プランでも問題ありません。

しかしながら、無料プランでは広告が表示されたり、独自ドメインが利用できないので、ビジネスで使用する場合には「コンボ」以上のプレミアムプランをオススメします。

Wixでもネットショップの作成はできますが、ネットショップはカラーミーリピートカラーミーショップなどの専用サービスの方が、売上を上げるには圧倒的に有利です。

ブログもWixで書くことが出来ますが、検索エンジン的には評価されにくい可能性があるので、WordPressやAmeblo・はてなブログの活用をおすすめします。

また、Wixはホームページ作成ツールにしては柔軟性が高いですが、その代わり、操作性の難易度が少し複雑で、サイトの表示速度も遅かったりします。とにかく簡単にホームページが作成できて、速度が速くGoogleに評価されたいのであればGMOグループが開発しているグーペも検討してみてください。

Wix公式サイト