面白い集客方法16選【随時更新】

テレビ集客

事業者にとっての永遠の課題が「集客」ではないでしょうか? 集客ができていれば、倒産する可能性は劇的に小さくなります。

しかし、その集客が難しく、王道の集客方法はほとんど試したものの反響が少ない…… 競合企業が採用していないもっとユニークな集客方法を探している事業者も多いと思います。そこで、面白い集客方法をまとめてみたので、参考にしてもらえれば幸いです。

再現性が低いものも含まれていますが、発想を参考に自社にマッチした類似方法に置き換えられないかという観点も持ちながら読んでいただけると嬉しいです。

Tinder(ソーシャルマッチングアプリ)

Tinder(ソーシャルマッチングアプリ)

まずはTinderです。Tinderはマッチングアプリです。マッチングアプリといえば、男女が恋愛目的で使うことを目的としたアプリですよね。

しかしマッチングアプの中でもTinderは少し特殊です。実はTInderは同性ともマッチングが可能です。そしてビジネスなど人脈を広げるために利用することが可能です。

Tinder公式は「ソーシャルマッチングアプリ」と謳っています。

Tinderは日本国内では「男が無料で使えるマッチングアプリ」というイメージが強いですが、本国アメリカではビジネス目的のような多種多様な目的で利用され、日本よりもクリーンなイメージです。

日本の場合は保険営業などのフリーランスも利用しているみたいですが、どちらかと言えばネットワークビジネスや投資の勧誘など、怪しいビジネスユーザーが強く、ビジネス目的としてもあまり印象がよくありません。

Tinder本部はタレントを起用したCMなどで、日本でのブランディングを強化しているので、今後はTinderのビジネス用途も注目を浴びるかもしれません。

インフルエンサーに無料で商品配る

数百円〜数千円程度の個人向けの商品を取り扱っている会社であれば、インフルエンサーなどに無料で配ってみるのも検討してみてください。

若い世代を中心に動画経由で商品を購入する人が増えているので、ユーチューバー・ティックトッカーに配ったら宣伝効果が高いということで、昨今は多くの企業が無料で商品を配っています。

チャンネル登録者数が多い配信者は追加で宣伝費も要求されるかもしれません。

商品は無料でプレゼントするけど、広告費は出せないという場合は、まだチャンネルは伸びていないものの、これから1年以内で伸びそうな動画配信者を探してみてください。

地域特化型YouTubeチャンネルの開設

居酒屋レストラン

YouTubeに自社の動画チャンネルを開設してそこから集客したいと検討している事業者も多いと思います。

商圏が地域密着型のビジネスをしているような事業者であれば「地域特化型チャンネル」がオススメです。地域チャンネルは、地域の飲食店や小売店のレビュー動画などが定番コンテンツですが、ターゲット層(見込み客層)が興味がある内容に変更していただいてもOKです。

また、取材先に関しても、商品を販売するための見込み客を集めるというよりも動画チャンネル運営者として接点を持っておいた方が、取材に応じてもらえやすく、将来的にも自社サービスの契約につながりやすいです。

ただし、競合がいるかは確認しておきましょう。すでに育っているチャンネルがある場合は、動画制作は企業ブログの運営以上に疲弊する可能性があります。

「○○地域経済新聞」「号外ネット」のような地域情報サイトがない商圏の市区であれば、地域ブログでもアリです。

売れなくなったユーチューバーをマーケターとして雇用する

YouTube

続いては売れなくなったユーチューバー・ティックトッカーを「従業員」として雇用することです。

企業のYouTube・TikTokを使った動画集客は注目を浴びている一方で、ユーチューバーは有名グループでも解散したり更新がストップする事例が少なくありません。

ユーチューブの広告収入ですが1再生あたり0.1〜0.3円ぐらいと言われることが多いです。競争の激化でYouTube動画制作だけで生計を立てるのは難しくなったのでしょう。ここ数年に登場した多くのチャンネルにおいて、全盛期は1動画につき数万再生を稼いでいたのに数千回止まりになり、更新が途絶えています。

企業の商品、小さな視聴者数でも自社サービスの販売・契約などにつなげるような施策なら、全く動画マーケティング素人にやらせるよりも、勝ちやすいです。

そして「あのユーチューバーが転職」のような形で元ユーチューバースタッフが露出する可能性もあるので、元動画配信者を雇用すると広告媒体(知名度を資産化)としての役割も期待できます。

売れなくなったブロガーの末路

ちなみに10年前はGoogleからの広告収入だけで食べているブロガーが存在しました。

サイト個人ブログの訪問者数ではアルゴリズム的に勝てないためGoogleアドセンス広告で食べているブロガーは、2010年代にほとんど全滅しました。

Googleさんは個人の情報発信者を食べさせるようにゲームバランスの調節はしておらず、お金を持っている大手企業が参入するまで、サービス黎明期の撒き餌として個人でも稼げるプラットフォームになっています。

アドセンスブロガーの中にはその後、企業にWebマーケターとして就職した人も少なくありません。同様に、動画集客を強化したい事業者にとっては、個人ユーチューバーとして食べれなくなった人をマーケティング担当などで雇用する動きが起こる可能性があります。

クラウドファンディングサイトへの投稿

続いてはクラウドファンディングサイトへの投稿です。当初は、クラウドファンディングサイトとは、なにか商品を開発したいものの、資金が足りないために一般人からリターン有りで融資を募るサービスでした。

近年は資金集めというよりも、商品・サービスの認知の拡大のためにクラウドファンディングを活用する企業が目立っています。

商品の開発裏話などストーリー性があるような商材や社会的意義のある業種であればクラウドファンディングを使ったマーケティングと相性が良いです。ちなみにクラウドファンディングを成功させることがマーケティング支援のような会社も存在します。

クラウドファンディングは資金集めというよりもファン・認知を増やすという観点で検討してください。

事務所が東京・大阪なら地方に移す

東京

集客手段としてマスコミにプレスリリースを送ったりPRサービスを利用したことがある事業者もいるかと思います。しかし、プレスリリースを打ったとしても、中小法人の大半には取材の申し込みなどは来ません。

そこで、東京や大阪など大都市に法人本社がある方であれば、本社を地方(可能なら田舎)に移すことを検討してみてください。

日本の大都市には面白いお店やサービスが毎日のように登場する一方で、地方の新聞社・出版社は地元のニュースがありません。東京に本社がある中小企業が地方に本社を移動したことによって、露出が増えたのような事例も数多く存在します。

近年の地方は「よそ者」なんて言っておれず、移転だろうが雇用を生み出してくれる企業を応援してくれやすい環境になってきています。

「地方移住・田舎暮らし・地方創生・テレワーク」など様々なキーワードで地方に注目が集まっています。

人材採用的にも都市部の名もない中小企業より、自然豊かな場所で働けるとのイメージ戦略で優秀な人材を獲得している事例も数多く報告されています。地方移転して会社や商品のストーリーを作っていくことで、集客・営業に結びつく可能性があります。

人材採用から自爆営業集客

採用サイト

高価格帯で売りにくい商材を扱っている業種の集客手段として使えそうなのが、人材採用からの自爆営業です。

これは使い捨ての従業員を雇用するので賛否両論の手法です。

一部の業界は大手でも年中求人を募集しています。人がすぐ辞めるという要素があるのかもしれませんが、もしかしたら、採用した人が契約が取れずに採用者やその親族・友人の購入が集客スキームとして組み込んでいるのではと思ってしまうぐらい常に人材を採用しています。

とりあえず顔が広そうな人を採用して、精神的に追い詰めて、そこから自爆営業や知り合いへの押し売りを感化するというのも販売戦略に組み込んでしまうというのもアリかもしれませんね。

業務委託(営業フリーランス)経由での集客

ビジネス

ただ、道徳的に採用した人を追い込んで自爆営業を促すというのは、さすがにそこまでサイコパスではない方も多いと思います。

その場合は、業務委託契約をするというが代替案です。業務委託契約を結んでおいて、タイミングさえあれば、自社の商材を販売してもらうことです。たとえばホームページなんかは顔が広い方であれば、どこかで受注してくれるかもしれません。

以前からフルコミッションの営業商材というのは存在しましたが、近年はITだけでなく営業職などでもフリーランスのような働き方をする方が増えています。商材によっては、集客手段として業務委託のフリーランス営業マンが重宝されるかもしれません。

ただし業務委託の場合はフルコミッション営業並に会社への忠誠心はありません。営業成績を上げるために、後々問題になるような営業トークをすることがあるので、発注側が管理する必要があります。

アフィリエイトサイトへの出稿

もしもアフィリエイト広告出稿

業務委託といえばアフィリエイトサイトも一種の業務委託です。アフィリエイトサイトとは簡単に言えばブログです。

昨今の個人ブログはGoogleアドセンス広告の収益では生活できないので、成果報酬型のアフィリエイト広告で収益化しています。広告をタップして、そこから問い合わせや商品購入のアクションとなった場合に収益発生するビジネスモデルです。

広告がクリックされるだけでお金が稼げるのがアドセンス広告、申し込みなどアクションが必要なのがアフィリエイト広告です。

アフィリエイトサイトは商品がクリックされないと、一切報酬が発生しないので、アフィリエイターはフルコミッション型の営業マンと似ています。

個人でもいいから、ネットで自社の商品を宣伝してくれるブログを増やしたいというのであれば、アフィリエイトサービスプロバイダーに問い合わせてみてもいいかもしれません。

ただし、広告出稿を辞めてしまった場合は、アフィリエイターは敵に寝返る可能性があるので注意が必要です。

別の目的で広告出稿

また、アフィリエイト広告案件の中には、むしろアフィリエイトブロガーにサービス販売しようとしている事業者もあります。たとえば以下のような案件です。

アフィリエイターが関心を持ちそうな広告案件
  • SEO・Webマーケティングツール
  • 投資関係
  • 副業関連
  • プログラミングなどオンラインスクール
  • カードローン
  • 通販サイト

特にSEOツールなんかは、あからさまに広告案件というよりもアフィリエイターが購入するのをターゲティングしていると思われます。商品を販売(営業代行)してほしいというよりも、このサイトを訪れている事業者(アフィリエイター)に向けた広告と言えます。

アフィリエイトサービスの中には広告主が初期費用・月会費無料で利用できるサービスもあるので賢い戦略ですね。

他にも、たとえばクリック課金型の求人サイト(インディードなど)に求人っぽくみせて、実は自社の商品の認知・販売目的で掲載というのも商材によっては有効な集客手段になる可能性があります。

メディア訪問者が興味を持ちそうな商品・サービスなら本来の目的と違っても集客手段になります。

リアリティ番組への出演

テレビ

最近はタレント志望の方だけでなく、会社経営者などもリアリティ番組に出演するケースも多くなりました。例えば以下のような番組で経営者の方が出演実績があります。

経営者が参加したことがあるリアリティ番組
  • バチェラー・バチェロレッテ
  • テラスハウス
  • いきなりマリッジ
  • あいのり

おそらく番組に参加したいというわけではなく顔を売って、集客に活用したいという下心の方が強いと思います。

もちろん黒歴史として残っていく可能性もありますが、いかに番組内で面白いキャラクターで立ち回るかを意識して、戦略的にリアリティ番組の出演を狙っていくのもアリかもしれません。

その他「令和の虎(マネーの虎)」のようなリアリティ番組風のYouTubeチャンネルでも効果が期待できるので、チャンネル登録者数などによってはYouTube番組への出演の方が競争率も低くいので合わせて検討してみてください。

オンラインサロン

オンラインコミュニティ

インターネット上で他人と信頼関係を作るのは難しいです。比較的、簡単に信頼関係が作りやす環境としてはオンラインサロンなどがあります。定期的にZOOMなどを利用したオンライン交流会もありますし、見込み顧客と接触回数を増やしやすく、信頼関係の構築にはうってるけです。

すぐに商品の販売などにつながるわけではありませんが、スキルアップなども含めて複数のオンラインサロンに参加しておくと、紹介などネットでの人脈が広がりやすいです。

掲示板・ヤフコメ・知恵袋

Yahoo!知恵袋(Q&Aサイト)

インターネット黎明期が存在するのが掲示板サイトです。2ちゃんねるなどがおなじみですが、他にも色々あります。

掲示板サービス
  • 2ちゃんねる・5ちゃんねる
  • ガールズちゃんねる
  • 爆サイ
  • したらば
  • ジモティー

匿名掲示板は明らかにステマだと誹謗中傷を受けることもありますが、工夫次第では効果的に宣伝できる場合もあります。

ただし、どうしても匿名掲示板ではネガティブな書き込みをするユーザーが多いので、自作自演するかどうかはリスクリワードで検討してみてください。

事業者の場合はジモティーは比較的使いやすい掲示板(厳密にはクラシファイド)の方が使いやすいかもしれません。

ヤフコメ(Yahoo!ニュースのコメント)・Yahoo!知恵袋は直接集客には使えませんが、アカウント名を事業者名や商標名なんかにしておけば、残したコメントから認知を拡大することができます。

SNSで有名人にからむ

インスタグラムのアイコン

SNSアカウントで有名人にコメント欄でからんでいると、こちらもヤフコメ・知恵袋同様に、そこからトラフィックが発生して興味を持ってもらえることがあります。

いいね巡りよりはマシですが、コメント巡りは比較的SNS集客の王道パターンでもあるので、宣伝目的となるとネガティブに思われる可能性があるので、内容を工夫する必要があるなど、意外とドロ臭い作業です。

SNSでの逆張り・炎上させる

Twitter

自分からSNSでの情報発信でフォロワーを集めたい方もいると思いますが、正攻法で攻めてもなかなか各種SNS・YouTubeでフォロワー・チャンネル登録者数は増えません。

しかし、世間から怒り買うようなことを発言するとチャンネルが伸びやすいです。近年ですと芸能裏ネタと絡めたガーシーチャンネルが大ヒットしました。

芸能関係だけでなくとも、世間の凶悪犯罪ニュースや芸能スキャンダルを「悪くない」なんて逆張り発言ばかりしていた一般人も再生回数をかなり伸ばしていました。

ただし、広告は剥がされていました。

逆張りでの炎上は認知はしてもらえるかもしれません。しかし、その後キャラ設定を更生しても世の中の人は認めてくれない場合もあるので逆張り炎上マーケティングは劇薬です。

昨今は、昔は悪だった元ヤンが心を入れ替えたサクセスストーリーみたいなのは、受け入れられない時代になっています。イジメなどで他人の人生を台無した過去は消せない、のように、深堀りする人が増えたからででしょう。

逆張り・炎上マーケティングはデジタルタトゥーとしてしっかりと刻まれるので、自社のイメージと相談してみてください。

Twitterで有名人に絡んで相反する発言をしてバトるのも一種の炎上マーケティングです。

ひろゆきにスパチャする

今YouTubeで最も数字を持っているといっても過言ではないのが「ひろゆき」さんです。ひろゆきさんはスパチャで2千円以上払った方の質問に回答しています。

「商品を作ったのですが全く売れません。この商品のどこが行けないのでしょうか?」みたいなお悩み質問をすれば、読んでもらえる可能性があります。

相談相手としては竹之内社長のような数字を持っているビジネスユーチューバーでもいいかもしれません。

面白い集客方法 まとめ

まとめ
  1. Tinder(ソーシャルマッチングアプリ)
  2. インフルエンサーに無料で商品配る
  3. 地域特化型YouTubeチャンネルの開設
  4. 売れなくなったユーチューバーをマーケターとして雇用する
  5. クラウドファンディングサイトへの投稿
  6. 事務所が東京・大阪なら地方に移す
  7. 人材採用から自爆営業集客
  8. 業務委託(営業フリーランス)経由での集客
  9. アフィリエイトサイトへの出稿
  10. 別の目的で広告出稿
  11. リアリティ番組への出演
  12. オンラインサロン
  13. 掲示板・ヤフコメ・知恵袋
  14. SNSで有名人にからむ
  15. SNSでの逆張り・炎上させる
  16. ひろゆきにスパチャする

王道の集客方法は「無料から使える集客サイト一覧」を参考ください。