アドビCC買うならデジハリadobeマスター講座が最強な件

デジハリONLINEホームページ作成

PhotoshopやPremiereなど、Adobeツールは、クリエイティブには不可欠な存在ですよね。

しかし買い切り型のAdobe CSからサブスク型のAdobe CC(Creative Cloud)になって、使うのをやめてしまったライトユーザーも多いと思います。

月に1〜2回、ちょっとした画像加工や動画編集のために年間7万円以上は、アマチュアには高すぎですよね…

しかしアドビCCを公式サイトよりも合法的に3万円以上安く購入する方法が通信講座でアカデミックライセンスに申し込むことです。

フリーランスのデザイナーや動画クリエイターがよく利用している学割の使える通信講座がデジハリのAdobeマスター講座です。Adobe CCを学割価格で購入するなら、一番おすすめなので、その理由を解説したいと思います。

デジハリのAdobeマスター講座は学割適応の4万円以下で1年間アドビCCライセンス付き

デジハリオンラインスクールが提供するAdobeマスター講座なら、税込み39,980円でAdobe CCの年間ライセンスが取得できます。

Adobe公式なら年間72,336円なので、32,356円デジハリのマスター講座の方が安いです。

Adobe公式サイトで年間ライセンスを購入するよりも3万円以上も安くなるのは、スクールということで、学割料金が適応されるからです。

社会人の方でも、デジハリオンラインスクールに申し込めば学生扱いです。

ちなみに学割料金でアドビCCが購入できる通信講座はAdobeシステムズ株式会社よりプラチナスクールパートナーと認定された4校(デジハリ・たのまなAdobe・アドバンスクール・isaパソコンスクール)のみとなります。

adobeパートナーシップ

プラチナスクールパートナーならデジハリ・オンラインスクールが一番オススメ

プラチナスクールパートナーの4校であれば、デジハリ・オンラインスクールが一番オススメです。理由は以下4つです。

  • 料金がプラチナパートナーの中で最安に設定されている時期が多い
  • 動画教材のクオリティが高い
  • デジハリの学生になるので、受講後に仕事を紹介してもらえる
  • デジハリストアが使える

料金がプラチナパートナーの中で最安に設定されている時期が多い

通信講座でAdobe CCのある、この4校は、購入時期によって、年に何度か料金が変更となっていたりします。しかし、デジハリが基本的に一番料金が安いです。

アドビCCの学割の使える通信講座料金
デジハリ39,980円
たのまなアドビ39,980円〜78,800円(キャンペーン時はデジハリと同額)
アドバンススクール41,085円 (領収書発行手数料含む)
isaパソコンスクール43,230 円

 

そして他のオンラインスクールが色々と異なる料金プランがある中、デジハリは「AdobeCCのライセンス1年+動画学習期間1ヶ月+課題添削期間2ヶ月」のAdobeマスター講座だけです。

とてもシンプルで、潔さを感じます。

他社さんは、プランが多かったり、料金をコロコロ変更する割に、料金が記載されたバナー画像を変更していなかったりで、結構分かりにくかったりします…

デジハリのAdobe CC付きマスター講座は料金を値上げしている?

デジハリマスター講座ですが、以前はもっと安かったような? と感じた方もいると思います。デジハリのAdobeマスター講座は2019年に29,800円→39,800円と1万円も値上げされてしまいました…!

しかし、たのまなAdobeなど他のプラチナスクールパートナーも大幅値上げしているので、おそらくAdobeからスクールパートナーへの卸値が値上がりしたのではないかと推測します。

Adobe公式サイトでのCreative Cloudも値上げの傾向があります。

動画教材のクオリティが高い

デジハリの動画教材はデジタルハリウッドの講師の方が作成していることもあって、他社よりクオリティが高いです。

デジハリの大学・大学院卒業生に何人か会ったことがあるのですが、講師も学生も尖った方が集まっており、偏差値以上に優秀な方が在籍しているという話を聞いたことがあります。

他のアドビプラチナパートナーの認定校が生涯学習やPC教室といった印象が強いのに対して、デジハリはWeb業界やクリエイティブ業界の現役クリエイター講師をしており、本気で就職・転職させるための専門機関ということもあって、動画教材のレベルは一番力が入っていると感じます。

Webデザイナー講座 Illustrator/Photoshop実習|デジハリ・オンラインスクール
AfterEffects・Premiere講座 | デジハリ・オンラインスクール

動画視聴可能な期間は1ヶ月です。これは、他の通信講座と同じぐらいです。

また、課題添削期間が2ヶ月間用意されており、他の通信講座よりも、課題を通してステップアップさせようとする仕組みが整っている印象を受けます。

デジハリの学生になるので、受講後に仕事を紹介してもらえる

Adobe CCのライセンス購入を検討している方はPhotoshopやIllustrator・Premiereなどをスキルを学んで、デザインや映像系の職種に転職したいと考えている方もいると思います。

他の3つのアドビスクールパートナーが、単なる「アドビCCのラインセンス+動画講座」なのに対して、デジハリのAdobeマスター講座の場合には、デジハリ卒業生同様に就職支援を受けることができます。

たとえばデジハリ生専用の求人サイト「xWORKS Job Style Search」で募集中の求人に応募できるようになります。

デジハリ専用の求人サイトxWorks

xWORKSでは未経験可の求人の数多く募集しているので、リクナビなどの一般的な求人サイトや、Wantedlyでは敷居が高い方は、新しい就職活動のチャネルを増やせるので、活用を検討してみてください。

また最近はテックアカデミーやテックエキスパートなど様々な新興プログラミングスクールが就職支援を行っていますが、デジハリではAdobeマスター講座の4万円だけでも各種、就職支援を受けることができます。他のアドビプラチナパートナーやプログラミングスクールにはない就職支援サービスをたった4万円で受けることができます。

デジハリAdobeマスター講座の就職支援出典:就転職サポート制度 -デジハリONLINE-

これまで、卒業生が10万人以上、オンラインスクール受講生も年間25,000人以上とWeb・クリエイティブ業界に数多く人材を輩出してきた教育機関です。デジハリのネットワークを使えるのはAdobe CCライセンス以上の資産かもしれません。

デジハリストアが使える

Adobe CCだけでなく、デジハリ生限定価格で購入できるデジハリストアも利用することができます。ペンタブレットやフォントのライセンス、ZBrushなどが学割価格で購入できるようになります。

デジハリストア

デジハリのAdobe CCライセンスは商用利用可能で2年目以降も継続申し込み可能

デジハリのマスター講座でAdobe CCを入手すると、公式サイトより3万円以上安くなりますが、デメリットとしてアカデミックライセンスであることです。

しかし、Adobeのアカデミックライセンスは個人事業主(会社じゃない)であれば、商用利用OKで、領収書も発行可能です。

実際、デジハリのAdobeマスター講座に申し込む方は自営業やフリーランスの方が多いです。

年齢としては20代〜30代で、専業・副業問わず、Webや映像などのクリエイティブ業界で働いている方、転職したいと思っている方、これから案件を獲得していきたいと思っている方です。

また2年目以降もリピートできるので、個人であれば、公式サイトを使わずに、ずっとデジハリや他のオンライン通信講座で購入し続ける方がコスパが高いです。

デジハリのAdobeマスター講座 まとめ

  • フリーランスや自営業は商用利用可能
  • デジハリはオンラインスクールで最安の時期が多い
  • 学習動画のクオリティが高い
  • デジハリスクール生となるので就職サポートも受けることができる

デジハリオンラインスクールならAdobe公式サイトよりも安くAdobe CC年間ライセンスを購入できます。

オンラインスクールで学割で購入できるのはデジハリ・たのまなAdobe・アドバンスクール・isaパソコンスクールの4校しかありませんが、デジハリが最安で提供されている時期が多いです。

少なくとも、デジハリより他3つの通信講座が安い価格を提示しているのを筆者は見たことがないので、おそらくどのタイミングでもデジハリが最安だと思います。

また、納品スピード他社よりも速く、最短5分でライセンスコードがメールで届きます。

就職支援も充実していて、動画教材の質も高いので、とりあえず4校で迷ったらデジハリの学割でアドビCCを買っておけばOKです。

学割料金でAdobe CCが安く買えるアドビ通信講座の比較
アドビのオンライントレーニングではAdboe CCが学生じゃなくても学割価格で購入できるということで、フリーランスのWebデザイナーさんにも重宝されています。そこで、通信講座を全スクール紹介したいと思うので、参考にしてもらえれば幸いです。