どれを選べばいい?Wix・Jimdoの料金プラン比較

シェアする

JImdo(ジンドゥー)

Wix・JImdoに興味があるんだけど、結局どのプラン選んで、年間でいくら必要なの?

と分かりにくい方もいると思うので、Wix・Jimdoの料金情報をまとめてみました。

小規模な会社やお店は、結局どれを選択すればいいのか、お悩みの方は参考にしてみてください。

JImdoの料金プラン

Jimdo料金

JImdoには無料で使えるFREE、一番売れているPRO、一番価格の高い「BUSINESS」があります。

 プラン FREE PRO BUSINESS
月額 無料 945円 2,415円
年額 無料 11,340円 28,980円

どれが、一番いいの? やっぱり会社のホームページだったら、ちょっと高いけどBUSINESSにしておいた方がいいのかな?

って思うかもしれませんが、PROで十分です。

その理由を説明したいと思います。

3つ選択肢がありますが、ビジネス用途ということを考えれば、独自ドメインが利用できないFREEバージョンは候補から外すべきです。

趣味でイラスト描いていたりする方や大学生のサークル用であれば無料で利用できるFREEで十分でしょう。

しかし、FREEバージョンはホームページのURLが「○○○.jimdo.com/サイト名 」になってしまいます。

jimdoという借り物のスペースを使っているのは、商用サイトとしては、あまり印象が良くないので、使わない方が良いです。

また将来的にJimdoを解約して、別のツールでホームページを作成する場合には、同じアドレスが使えません。

同じアドレスが使えないということは、GoogleやYahooの検索エンジンからの評価が引き継げず、また一からスタートになります。

ビジネス用途のホームページを作るということは、今後長い期間に渡り運用していく可能性もあるので、「サイト名.com」、「サイト名.jp」といった独自ドメインで取得しておいた方がいいです。

ということで、Jimdo PROかJimdo BUSINESSの二択になります。

この2プランは一体何が違うのでしょうか?

サーバー容量が違う

まずはサーバー容量が違います。

FREE PRO BUSINESS
500MB 5GB 無制限

サーバー容量とは、データの保管場所です。画像などがどれだけ利用できるかということになります。

とはいっても、画像1枚につきだいたい50KB〜500KBぐらいでしょう。

基本的に、Jimdoは公式ページに使用されるので、会社概要、商品、アクセス、問い合わせ、Aboutページ、など数ページだけです。

なので、5GBでも十分です。

もしブログをJImdoで書き、大量に画像を利用する場合は足りなくなるかもしれません。しかし、ブログを書くのであれば、Jimdoではなく、無料ブログをオススメします。無料ブログの方がSEO効果(検索の上位表示のしやすさ)が高いです。

関連記事: グーペとアメブロどっちがいい?ホームページ作成ツールは無料ブログと併用すべき!

帯域幅が違う

帯域幅は、どれだけのアクセスに耐えられるかです。

FREE PRO BUSINESS
2GB 10GB 無制限

PROは10GB、BUSINESSは無制限です.

10GBであれば、1ページにつき1MBで計算すると1万PV(ページビュー)に耐えられるということです。

スモールビジネスの公式サイトでそんなに多くのアクセスは来ないので、PROで十分でしょう。

メールアカウントの数量が違う

Jimdo Proではメールアカウントは1つしか取得できません。

BUSINESSでは、20件まで取得できるので、もし複数のメールアドレスを取得したい場合は、BUSINESSの方がいいでしょう。しかし、大半の事業者にとっては1つで十分だと思います。

使用できる日本語フォント数が違う


Proでは15書体、BUSINESSでは176書体使用できます。

もちろんフォントは重要な要素ですが、結局1つしか使用できないので、15書体で十分でしょう。

読みやすい書体をフォントを選んでおけば、イメージにピッタリでなくても問題ありません。

ネットショップの機能が違う

ネットショップ機能を利用する場合、PROでは15点まで、BUSINESSでは無制限です。

その他、クーポンの発行や重量別の配送、銀行振込の使用などの機能を利用したい場合はBUSINESSを契約する必要があります。

本格的なネットショップを運営したい場合はBUSINESSです。しかしながら、さらに本格的なネットショップ機能であればカラーミーショップカラーミーリピートで実装した方がいいでしょう。ネットショップ専門サービスの方が日本の商習慣にマッチした事細かなカスタマイズが可能です。カート機能は売上に直結するので、カート機能だけは外部機能を利用することをオススメします。

PROからBUSINESSへはいつでもアップグレード可能

以上Jimdo PROとBUSINESSの違いでした。

基本的にネットショップ機能を使用しないのであれば、PROがコストパフォーマンス的に最適な場合が多いです。

PROからBUSINESSへはいつでもアップグレード可能なので、最初はPROから始めるのがオススメです!

Jimdo

Wixの料金プラン

続いてWixの料金プランについてです。

Wixでは無料版の他に有料のプレミアムプランがあるのですが、なんと5種類もあります…!

プレミアム版は安い順に

  1. ドメイン接続
  2. コンボ
  3. 無制限
  4. eコマース
  5. VIP

とあります。

ちょっと多すぎでは…?

プラン フリー版 ドメイン接続 コンボ 無制限 eコマース VIP
月額 無料 416円 841円 1,266円 1,641円 2,533円
年額 無料 5,004円 10,104円 15,204円 19,704円 30,396円

無料版は独自ドメイン不可なので除外として、スモールビジネスにはどのプランがいいのでしょうか。

結論から言うと、小規模の店舗ビジネスやコーポレートサイトであれば無制限プランがオススメですね。

独自ドメインは全てのプランで利用可能

サイトオリジナルのURLに変更する独自ドメインはプレミアムプランで最安のドメイン接続プランから使用することができます。

しかしドメイン接続プランは、広告が表示されるので、商用利用の場合は注意が必要です。

ファビコンの設定

ファビコンとは、ブラウザタブに表示される小さな画像です。

ファビコン

これもドメイン接続プランだけ使用できません。Wixで作成していることがバレバレなので、商用サイトであれば、ちょっと恥ずかしいです…

ネットショップはeコマース以上

オンラインショッピング機能を利用するのであれば、eコマース以上のプランである必要があります。

ただし、Wix内でのネットショップ機能ではなく、別途カラーミーショップなどのネットショップ決済サービスを利用した方が売上は上がるでしょう。

データ容量

画像などのサイトデータを保管しておくのがデータ容量ですが、無制限は10GBもあるので、ほぼ問題ありません。

無料 ドメイン接続 コンボ 無制限 eコマース VIP
500MB 500MB 3GB 10GB 20GB 20GB

コンボの3GB、ドメイン接続の500MBは、ちょっと心細いかもしれません。

帯域幅

どれだけのアクセス数に耐えられるかを洗わず帯域幅ですが、無制限プランとVIPプランは無制限になっています。

無料 ドメイン接続 コンボ 無制限 eコマース VIP
500MB 1GB 2GB 無制限 10GB 無制限


無制限よりも上位プランのeコマース版では、10GBと制限が掛かっています。
ネットショップ運営では画像が多くなったり、多くのページが見られる可能性があるからの対処でしょう。

10GBもあれば、大半の小規模事業者のネットショップであれば問題ないと思いますが、やはり機能的にもネットショップは外部サービスを使う方がオススメです。

問い合わせフォームは無制限以上から

123 Form Builder

商用利用なので、問い合わせページは必要です。

Wixで問い合わせフォームを利用するには123 Form Builderというプラグインを利用する必要があります。

Wixでは有料プラグインの利用には、毎月課金されます。

123Form Builderでは月額4ドル必要ですが、無制限プラン以上であれば、123 Form Builderのプラグイン料金も含まれています。

正直申しまして、拡張機能に月額課金はちょっと良心的ではないと感じます。有料にするなら、ぜひ買い切りにして欲しいです。問い合わせフォーム作成のために、毎月4ドルも必要なら、コンボではなく、無料で123Form Builderが使える無制限以上を利用しましょう。

SEO対策プラグインがデフォルトで使用可能

Wixサイトブースター

123Form Builder と同じくサイトブースターとよばれるプラグインも無制限以上で追加料金なしで使用できます。月額5ドルのプラグインです。

SEO対策が可能なようですが、詳細な施策内容について記載されていないので、日本国内のサイトにも効果があるかは不明です。

サイトブースターの機能

  • Factual と BusinessDataIndex にサイトを掲載
  • 大手ディレクトリサイトにサイトを掲載
  • 地図サービスに情報を表示
  • 主要ディレクトリサイトに掲載
  • キーワードを活用
  • トラッキング機能

もちろんないよりは、あった方がいいでしょう。しかし、サイトブースターのおかげで、Wixで作成したサイトが他のホームページ作成ツールよりも上位表示されやすいということはありません。

VIPはいらない

最上位のプランであるVIPだけにある機能として「宣伝メールの作成」と「サイトレビュー」があります。

宣伝メールとは、メルマガ機能です。メルマガサービスはより高機能なサービスが他にもあるので、わざわざWixでメルマガ管理を行う必要もないでしょう。

サイトレビューとは、ホームページのSEO的なアドバイスをもらえるようですが、そもそもどこまで、的確なアドバイスをもらえるか不明ですし、インターネットでもハイレベルなSEO対策情報が見つかるので、わざわざレビューしてもらう必要もないです。

よってVIPプランは不要です。

基本的には無制限プラン、Wixのネットショップ機能を利用するならeコマースプランを選んでおけば良いです。

ちなみにWixを申し込む際には、メールアカウントの取得のためにGoogle Appsに申し込むかどうか尋ねられます。

Google Appsはメールアカウントの取得の割には高額なので、申し込まないようにご注意ください。

また、独自ドメインもWixで購入すると.comで年間約25ドル必要です。独自ドメインもXdomainといった外部サイトで取得した方が年間1300円前後なので安いです。

基本的に外部で調達できるドメインやメールアカウントなどは、Webサイトビルダー内で購入すると割高設定になっています。

まとめ

以上、JImdoであれば「PRO」、Wixであれば「無制限プラン」がオススメです。

【Jimdo公式サイト】→ Jimdo

【Wixの公式サイト】→ Wix

ちなみにJImdoもWIxも海外製ですが最近、グーペと呼ばれる日本製のホームページ作成ツールが注目され始めています。

グーペ

グーペはカラーミーショップなど人気ネットショップサービスを運営している、GMOグループが開発しています。表示速度が高速で、JImdoやWixよりも使いやすくカスタマーサポート体制も充実しているので、今後日本でシェア拡大してくる可能性が高いホームページ作成ツールです。JimdoやWIxと同じく、無料で試用することが可能なので、興味があればWix・JImdoと合わせて検討してみてください。

JImdo Pro、Wix 無制限プランにあたるグーペDXプランは年間12,000円なので、維持費としては、大体同じくらいです。

JImdo PRO 年額 Wix 無制限 年額 Goope DX 年額
11,340円 15,204円 12,000円

グーペ

シェアする

フォローする