SEOはどれがいい?Wix・Jimdo・Goopeの比較

シェアする

SEO

ホームページが簡単に作成できるということで人気があるのがWebサイトビルダー

その中でもWix・グーペ・JImdo(ジンドゥー)が日本では特に人気と知名度があります。

パソコン苦手だし、コーディングとか絶対無理だから、Webサイトビルダーでホームページ作りたいけど、どれが一番オススメ!?

と、お悩みの方もいると思います。

そこで、SEO・機能・値段など総合的に判断して、どのホームページ作成ツールがベストか比較してみたいと思います!

操作性

操作性
Wix JImdo Goope
★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★★★
まずは、操作性を比較してみます。

Wixはドラッグ・アンド・ドロップで、ホームページが直感的にデザインできます。文字をあと数ミリ右に動かしたいということが、CSSで編集しなくてもマウス操作だけで直感的に修正できます。

そして、Wixが最も柔軟に設定できる項目が多いです。

さらにボタンがクルクル回転したりとか、オシャレで格好いいエフェクトが用意されているのがWixの面白いところです。

Wixアニメーション

ただしWixは設定できる項目が多い分、操作性が少し複雑です。簡単にホームページ作成するのがWebサイトビルダーですが、若干矛盾しています。

またドラッグ・アンド・ドロップでの配置の場合、パソコン上では問題ないけど、スマートフォンで見るとレイアウト崩れの問題が発生しやすいので、この3つの中で一番扱いが難しいのがWixです。

【Goope】

グーペ設定

GoopeはWixのようにドラッグ・アンド・ドロップ機能は利用できません。

もう、あからじめ決められた場所しかいじれないようになっているので、柔軟性はWixよりも低いです。ただし、その分、トラブルに巻き込まれにくいです。Wixのような柔軟性の高いツールは、デザイン崩れなどの問題が発生しやすいです。

グーペはパソコンが苦手な人が、編集していて、気がついたら修正不可能なほど、訳がわからない状態にならないように、機能を最初っから削ぎ落として設計されています。「ホームページを誰でも簡単に作れるように」を追求したのがグーペです。

デザインのカスタマイズ性は低いですが、その分、日本人が使いたい機能やデザインなどが厳選されているので、あまり編集する必要がありません。

とにかく簡単にホームページを作成したい! 変なトラブルは回避したい

のであれば、Goopeが一番オススメになります。

グーペ公式サイト

【JImdo】

JImdo編集画面

JimdoはWixとGoopeの中間あたりです。

Wixと比べるとできることが制限されます。Wixのように多くのアニメーションなどが用意されている訳ではありません。

ドラッグ・アンド・ドロップでのレイアウトの操作も多少は可能ですが、かなり簡単な設定に限定されています。

ということで、操作性はWix が一番難しくて、Goopeが一番簡単、Jimdoはその中間といったのが、個人的に使ってみた感想です。

特徴的な機能

特徴的な機能
Wix Jimdo Goope
Wix App Market
JImdoリメイク/エキスパート クーポンの発行

つづいて、それぞれのWebサイトビルダーの特徴的な機能を取り上げてみたいと思います。

【Wix】

Wixには「Wix App Market」とよばれる、プラグインの売買サイトがあります。

プラグインを利用すれば機能を拡張することが可能です。

Wix App Market

コメントや予約機能、FAQページの作成、SNS機能の強化など、あらゆる機能を取り入れられるのが、Wix App Marketの強みです。

プラグインがあれば、大体のことはできてしまう、夢のようなプラットフォームです。

そんな可能性は無限大のWix App Marketですが、問題が1つあります。

どのプラグインが役立つかなど、インターネット上には日本語での情報がほとんどありません。

欲しい機能のあるプラグインが存在するかどうか、自分で探し出さなければいけません。

また、海外製が多いので、日本の商習慣に対応できない場合もあります。

そして、Wix運営ではないサードパーティの方が制作しているプラグインも多いので、動作がいつまで保証されるかも不明という不安定さもあります。

プラグインによっては追加料金が必要となるので、注意する必要もあります。

プラグインをゴリゴリにインストールして、使い倒すような人たちは、WordPressとかWixよりも圧倒的に柔軟性があるツールを利用するので、Wixのプラグイン情報って少ないんですよね…

確かにWixのプラグインは、ポテンシャルが高いと思うんですが、将来性は微妙でしょう。

【Jimdo】

続いてJimdoの特徴ですが、

オプションでプロのWebデザイナーによるカスタマイズサービスを提供しています。

「Jimdoリメイク」と「JimdoExpert」の2種類のサービスが存在します。

Jimdoリメイクはある程度、自分でサイトを完成させておいて、それをプロにお願いすることで、より洗練されたサイトデザインにすることができます!

Jimdoリメイク

JImdoExpertは最初から、プロにお願いできるので、普通のホームページ制作をJimdoで行ってもらうような感じです。価格は見積もりが必要になりますので、興味がある方は問い合わせてみましょう。

デザインは1回作ってもらったら、数年は使えるので、

全然デザインセンスない方はプロにお願いした方がいいです。

【Goope】

続いて、グーペの特徴ですが、

飲食店や美容院・サロン・雑貨店など店舗ビジネスでの集客機能が充実しています。

たとえばメールマガジンや、スマートフォンで読み取り可能なQRコード付きクーポンの作成などが簡単に行なえます。求人ページも、フォーマットに入力するだけで作成できます。

グーペのクーポン例

グーペは飲食店やヘアサロンなど、店舗系ビジネスやっている人には強い見方になる機能が、厳選されてプリセットされているので、集客の心強い見方になってくれるでしょう。

店舗系ビジネスで集客上げたい人ならグーペが一番オススメだと感じます。

グーペ公式サイト


日本語フォント

日本語フォント
Wix Jimdo Goope
5種類 2種類/176種類 7種類

日本語フォントはユーザーのサイトに対する印象をガラリと変える重要な要素です。Wixは5種類、グーペは7種類が利用できます。

Jimdoは無料プランでは「ゴシック」と「明朝」の2種類だけですが、有料版のJimdo Proでは15書体、Jimdo Businessでは176書体が利用できます。

とにかくフォントにこだわりたいのであれば、JImdo Businessをオススメします。

ただし、フォントは、Windows、Mac、iOS、Androidとデバイスに依存する部分があるので、個人的には、現状そこまで気にしなくても問題ないポイントだと感じます。

テンプレート数

Wixテンプレート

テンプレート数
Wix Jimdo Goope
500種類 40種類 50種類

Wixのテンプレート数は500種類以上です。Jimdoは40種類、Goopeが50種類です。

テンプレート数は、Wixの圧勝です。ただし、Wixはグローバル仕様ということもあり、日本語サイトにすると、使いにくかったり、どことなくダサくなる可能性もあるので、一概にテンプレート数が多ければ良いということでもありません。

Jimdoは、先程説明したようにホームページ制作会社へ発注するオプションも利用可能なので、気にいるものがなければ、カスタマイズサービスを利用してみましょう。

モバイル対応

操作性
Wix Jimdo Goope
★★★★★ ★★★★★ ★★★★★
テンプレートが多くてもモバイル対応していないと、意味がありません。

最近のWebサイトビルダーの大半のテンプレートはパソコンとスマートフォンの両方に自動で対応できるレスポンシブデザインになっています。

グーペの古いテンプレートでは、一部レスポンシブ非対応のテンプレートもありますが、明らかにダサいので、選ぶ人はいないでしょう。

ショッピング機能

操作性
Wix Jimdo Goope
★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★★☆☆

ショッピング機能は、Wix・Jimdo・Goopeのどのサービスでも利用できます。ショッピングカートを利用すれば、自分のお店のオリジナル商品を通販で販売できます。

グーペカラーミーショップキャンペーン

Wix・Jimdoはショッピングサイト機能が組み込まれています。

グーペだけ、同じGMOペパポが開発しているカラーミーショップというショッピングサイトに特化したWebサービスを別途契約する必要がありますが、グーペユーザーなら特別価格で利用可能です。

Wixはイスラエル製、Jimdoはドイツ製で、世界市場をターゲットとしています。通販機能は、それぞれの国独自の商習慣があったりするので、日本に特化したショッピングサービスの方が、より柔軟な設定が可能だからです。

決済機能のカスタマイズ性は売上に大きな影響を与えるのでJimdoやWixのショッピングカート機能は使わずに、ネットショップ専用のサービスのカラーミーショップやカラーミーリピートを別途契約することをオススメします。

独自ドメインの接続

独自ドメイン
Wix Jimdo Goope
続いて、独自ドメインについてです。どのWebサイトビルダーでも独自ドメインは使用できます。URLを自分だけのものに変更することを独自ドメインと呼びます。

このサイトであれば、「w-2-b.com」が独自ドメインです。

ドメインが www.wix.com/◯◯◯

のようなものだと、

このお店(会社)、独自ドメインも取れないほど儲かってないのか…

など、悪い印象を与えてしまう可能性があります。

ホームページを持つのであれば、URLにwix、goope、jimdoと入っていない、オリジナルのドメインで運用しましょう。

値段

値段
Wix Jimdo Goope
月額1,266円 月額945円 月額1,000円

続いて料金についてです。

【Wix】

  • ドメイン接続 月額416円
  • コンボ 月額841円
  • 無制限 月額1,266円
  • eコマース 月額1,641円
  • VIP 月額2,533円

【Jimdo】

  • JimdoFree 無料
  • JimdoPro 月額945円
  • JimdoBusiness 月額2,415円

【Goope】

  • 通常プラン月額1,000円
  • DXプラン月額1,500円 ※(年間契約なら通常プランと同じ月額1,000円)
  • ビジネスプラン月額3,500円 ※(年間契約なら月額3,000円)

Wix無制限・JimdoPro・Goopeはどれも、月額1,000円程度とかわりません。Webサイトビルダーはどれもコストパフォーマンスは高いので、値段に関してはどれも優秀と言えるでしょう。

特にグーペのDXプランは年額契約すると、通常プランと同じ価格になり年間6,000円も安くなります。

グーペ公式サイト

SEO

SEO

SEO
Wix Jimdo Goope
★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★★★☆

ホームページ作成を考えている人の中の大きな関心事項の1つがSEOでしょう。検索エンジンで上位表示されやすいかです。

SEOに強いかどうかですが、結論から言えば、どれも大して変わりません。

今の時代はコンテンツの時代なので、基本的にタイトルタグとメタディスクリプションぐらいしかすることがありまんせん。

タイトルタグ・メタディスクリプション・メタキーワード

タイトルタグとは、そのページを説明する文です。このページだと「SEOはどれがいい?Wix・Goope・Jimdoの比較」がタイトルタグです。

検索に引っかかるようにするには、このタイトルタグにユーザーが検索しそうなキーワードを含める必要があります。

メタディスクリプションは、ページの概要です。メタディスクリプション自体は、タイトルタグのように検索には関係ありませんが、ユーザーがこのページを見るかどうかの判断材料に使うので、読んでもらえるような説明文にしましょう。

メタディスクリプション

Wix・JImdo・Goopeそれぞれのページに、タイトルタグとメタディスクリプションの設定が可能です。

ちなみにWixは「メタキーワード」も設定することが可能なので、一歩リードと考える方もいるかもしれません。

メタキーワードとはこのページだったら「SEO」「Wix」「Jimdo」「Goope」「比較」のように、ページの内容を表す単語です。

昔はメタキーワードも検索エンジンが参考にしていましたが悪用されることが多かったので、現在はGoogle・Yahooはメタキーワードを検索に考慮していないので、入力しても意味はありません。

Wix・JImdo・Goopeでホームページを作りたい方は、会社やお店の公式ホームページを検討している方が大半だと思います。

「◯◯株式会社 会社概要」や「◯◯ベーカリー メニュー」「◯◯美容室 アクセス」といった公式ページは、何もしなくてもGoogleが権威あるページだと認識してくれるので、どんなツールを利用しても勝手に上位表示されるようになります。

だから、SEO的にはどれも変わりません。

しかしながら、表示速度のスピードの点でいえば、グーペが一歩リードで、Wixはあまりいい話を聞きません。読み込み速度はSEOの指標項目の1つであるとGoogleが公式に発表されています。

 ブログ集客

ブログ集客
Wix JImdo Goope
★☆☆☆☆ ★☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆

ブログ

会社やお店のことを知らない人を集客するためにブログでの集客をしたいと思っている方も多いと思います。

WixやJimdoはブログページを作成できます。残念ながらGoopeにブログ機能は用意されていません。

しかし、ブログ記事を書くのであれば、無料ブログを使った方が検索上位表示されやすいです。逆にWixやJImdoでブログを書いている方が少なすぎるので、本当に上位表示できるのかも、未知数な部分が大きいです。

無料ブログサービスの方が、ドメインパワーが強いので、そこまでWebライティングスキルが高くなくても、比較的簡単に検索エンジン上位に表示させることができます。

Wix・Jimdo・グーペで一般キーワードから集客したいのであれば、公式サイトと無料ブログの2つを使い分けることをオススメします。

無料ブログサービスはAmebloやはてなブログがオススメです。無料ブログの中でも検索上位表示されている頻度が多いのが理由です。

まとめ

SEOは占いみたいな部分もあるので、意見が違う方もいると思いますが、一応個人的なWebサイトビルダーに対する考えを述べさせてもらいました。

どれを利用しても、作成できるサイトやSEOに大きな差はないので、自分が使ってみて、しっくり感じるサービスを使えばいいでしょう。あえてそれぞれのオススメのユーザーを挙げるとすれば以下のようになります。

Wixはこんな人にオススメ!

Wixはリッチな見栄えのWebサイトが欲しい方向けです。

自由度も高く、色々とこねくり回したいのであれば、Wixがこの中では一番柔軟性が高いです。

その代わり、JImdoやグーペよりも使い方は多少複雑で、覚えることが多いです。

Wix App Marketのプラグインはあまり、多用しない方がいいでしょう。

プラグインを利用すれば、GoopeやJImdoと比べると圧倒的にできることの幅が広いですが、トラブルの原因にもなります。

パソコン苦手だけど、できるだけ簡単にホームページ作りたい!

って人にはWixはちょっと敷居が高い可能性があります。

Wix公式サイト

Jimdoはこんな人にオススメ!

JimdoはWixとGoopeの中間です。

ドラッグ・アンド・ドロップでのサイト作成も可能ですが、Wixほどではありません。

その替わり操作がWixよりは簡単です。

Goopeのようなメルマガやクーポンといった集客機能はありません。

しかし、日本では大手通信会社であるKDDIグループが運営していて、運用歴もグーペより長く、ビジネス用途で使っている企業も数多く存在する人気のあるサービスです。

今回の比較では、Wixとグーペの中間的な存在になりがちでしたが、バランスが良く、安心して誰にでもオススメできるサービスです。

Jimdo公式サイト

Goopeはこんな人にオススメ!

グーペはカスタマイズ性が他のサービスと比べて小さい為に、デザイン面で変更できる部分が限られます。

しかし、機能を削ぎ落としているので表示スピードも速くSEO的にもWixやJImdoよりも一歩リードです。店舗型ビジネスを行う事業者は、クーポン機能やメルマガなど集客機能が予め用意されているのも特長の1つです。

ブログ機能はないので、サイト内にブログを書くことには向いていません。しかし、外部の無料ブログサービスを利用すれば、この問題は解決できます。

むしろ、Webサイトビルダー検討している方は無料ブログを使いましょう。ドメインパワーの関係で簡単に上位表示できて、新規顧客が獲得しやすいです。

カスタマイズ性が低くても売上に繋がるような集客機能が欲しい

という場合にはグーペ選んでおけば幸せになれます。

大人気ショッピングサービスのカラーミーショップが割引価格で利用できるのもメリットでしょう。

個人的にはこの3つの中で、一番オススメはグーペです。まだリリースされたばかりのサービスなので知名度的にはWixやJImdoより低いですが、今後、シェアが急拡大するポテンシャルを持ったWebサイトビルダーです。

シェアする

フォローする