全国のWix・Jimdoによるオススメホームページ作成代行業者

コンピュータ ホームページ制作会社

WixやJimdoといったWebサイトビルダーを利用したいけど、自分で上手くページレイアウトを組み立てられない人もいると思います。

慣れないデザインやパソコン作業は面倒ですよね。

JimdoやWixは細書にページ設計やデザインを行ってしまえば、後は長い期間同じ設定で使い続けることができます。

だから、Web制作会社に依頼してしまうのも、わずらわしい最初のサイトデザイン業務からさっさと開放される解決策の1つです。

そこで、全国対応可能なWix・Jimdoでのホームページ制作が得意な事業者を独断と偏見でリストアップしてみました!



デザイン事務所フォーセゾン

Wixランド

大阪にある少人数精鋭のデザイン事務所です。通常のホームページ制作やWordPressでの制作も行っていますが、Wixでの制作も行っています。

母体であるデザイン事務所フォーセゾンのサイトとは別に、Wixでのホームページ代行専用の「Wixランド」というサイトを所有しているので、Wixにはかなり力を入れているのではないかと思われます。

実際「Wix 代行」で検索すると上位表示されているので、かなりの制作実績があるはずです。

URL  http://www.wix-land.com
住所 大阪市北区東天満2-2-15 第六新興ビル406号

WIXNOTE

ウィックスノート

社名がWIXNOTE(ウィックスノート)で、事業もWixでのホームページ制作に特化した制作会社です。

Wix利用したサイトでよくある悩みが「サイトが重い…」ということですが、Wixのボトルネックとなっている重さを軽減したり、SEO対策、Wix App(プラグイン)の設定代行サービスも提供しています。

URL http://www.wixnote.com
住所 東京都新宿区西新宿7-18-12 新都心ビル203

Wixer Design

Wixer Design

Wixの技術書も発表しているWix.com公認Webデザイナーさんです。

Wixでサイト制作するので、自分で更新したいのだと思いますが、一応画像や文章の更新代行も行っています。

また、Wixの使い方やWixでのSEO対策のレクチャーも行っているので、Wixの使い方に自信がない方は利用を検討してみてもいいかもしれません。

URL https://www.wixerdesign.com

LycksTill(リュクスティル)

リュクスティル

Jimdoの認定デザイナーであるJimdoExpert資格保持者の女性Webデザイナーさんです。

JimdoだけでなくWixの制作代行を行っています。

両方のプラットフォームの得意・不得意を熟知しているので、どちらを使用すべきかお悩み方は相談してみてはいかがでしょうか?

URL https://www.lyckstill.jp
住所 東京都杉並区永福

Jimdoベネフィットサポーター

Jimdoベネフィットサポーター

JImdoの無料テンプレート配布も行っているWeb制作事業者さんです。JImdo公式サイトでも紹介されています。

URL  https://www.jimdo-benefit.com/
住所 仙台市青葉区本町1-11-14 HANIX II 6F

Jim Labo

Jim Labo

Jimdoで300社以上の制作実績のある事業者です。

URL  https://www.jimlabo.com
住所 東京都新宿区新宿2-3-15 大橋御苑ビル6F

まとめ

以上独断と偏見でリストアップした全国のWix・JimdoでのWeb制作が得意な事業者一覧でした。

慣れないデザイン業務はプロにまかせることによって、自分で作るよりも、ユーザーによって使いやすいサイトになるので、経済的に余裕がある方がぜひ利用してみてください。

でもWix・JImdoの制作代行って、意外と高いな…

と感じている方もいると思います。

ホームページ制作に費用があまり出せない人であればGoope(グーペ)を利用してみてもいいかもしれません。

月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

グーペであれば、JimdoやWixほど、事細かく設定をカスタマイズすることはできませんが、初期設定でデザイン性が高く使いやすく設計されてあります。

また日本製で集客機能が強いので、飲食店やヘアサロンといった店舗系のビジネスのホームページには特にオススメですね。

今なら無料トライアル実施中なので、興味のある方はぜひ一度体験してみてください!

グーペは15日間の無料お試し期間が用意されています。メールアドレスを登録するだけで、すぐに利用できるので、ぜひ一度自分の手で触って体験してみることをオススメします。国産ツールだけあって、日本国内向けのホームページが非常に作りやすいことが分かると思います。

グーペ