中小企業のホームページ作成に利用できる補助金・助成金

シェアする

お金

新しく会社を起業したり、すでに営業活動を行っているものの、ウェブサイトの必要性を感じ、新たに制作したいと感じている企業の担当者もいらっしゃると思います。

今回は、中小企業がホームページ制作時に利用できる補助金・助成金情報についてまとめてみました。

補助金と助成金の違い

補助金・助成金情報の前に、補助金と助成金って一体何が違うの?

と疑問に感じる方もいると思うので、両者の違いについて、簡単におさらいしておきます。

助成金は、要件を満たす企業であれば、申請企業の全てが受け取ることが可能です。

補助金は、要件を満たしていても、審査に通貨しなければ、受け取ることができません。

補助金の申請は、その事業の社会に対する有用性などを審査担当にアピールする必要があるので、助成金の獲得よりも難易度が上がります。

中小企業がホームページ作成に利用できる補助金・助成金一覧

小規模事業者持続化補助金

ホームページ・ネットショップ制作の補助金として代表的なものとして、日本商工会議所の実施している「小規模事業者持続化補助金」というものがあります。

補助額は最大50万円で、補助率は費用の3分の2までです。残りは自己負担になります。

ホームページは毎年メンテナンス代が発生します。毎年、どれぐらいの年間維持費やサイト更新費が必要になってくるかといったことも業者に聞いておくことが必要です。

創業補助金

これから新たに創業する方の為に50万円〜200万円の創業時の経費として利用できる制度が創業補助金です。

補助率は50%まで、従業員を1人以上雇用する必要があります。ホームページ作成だけでなく、様々な経費に利用することが可能です。

事業継承補助金

以前は「第二創業補助金」と呼ばれていましたが、2017年度より「事業継承補助金」という名前でリニューアルしました。

既に事業を行っている企業で経営者が交代し、経営に変革が必要な転換期に利用することができる補助金です。

補助金額は100万円〜500万円内で補助率は3分の2以内となっています。

専門家派遣事業

専門家派遣事業は、特定分野のスペシャリストへの報酬と交通費の50%、最大10万円分までの専門家派遣費用を助成する制度です。

たとえばWordPressでのホームページの設置方法や使い方、Webマーケティングなどのレクチャーを受講しておけば、あとは社内でホームページの更新や企業ブログのアップロードが行うことができるようになります。

WordPressとは

IT導入補助金

IT導入補助金では、指定されたITツールに限り100万円分のサービス・ソフトウェア導入費が支給されます。補助率は3分の2以内です。

一部ホームページ作成ツールも指定ITツールに含まれています。

そもそもホームページって発注する必要ある?

ノートPC

以上ホームページ作成に利用できる補助金・助成金一覧でした。

基本的にどの補助金・助成金にも補助率が定められており、ホームページ作成費用を全て外部資金で賄うということはできません。また、支給される金額も法人にしては少額な場合が多いです。

これらは、会社経営の資金の足しにして欲しいというのではなく、補助金をきっかけに、会社の経営状況を見直して欲しいというのが行政の本音でしょう。

事業内容を振り返ってもらうことによって、自社の問題点・改善点に気づいてもらい、経営の改善を行ってもらい、倒産件数の削減や税収アップに繋げることが行政の狙いです。

だから、ホームページ作成の為に補助金・助成金を利用してまで外注することはオススメしません。ホームページを外注すると、結局、メンテナンス・更新費用で多額の費用が毎年発生することになります。

純粋に、低価格でホームページを作成したいのであれば、自社で作成してしまうことをオススメします。

自分で作成するといってもHTMLやCSSといった知識は必要ありません。グーペJimdoWixなどのWebサイトビルダーを利用すれば、誰でも10分程度で、プロに任せたようなデザインのホームページを作ることが可能です。

年間維持費用は1、2万円程度で、自社ですぐに更新できるので、更新費用をホームページ制作会社に支払う必要ありません。

ホームページを新規で作成する場合は、自社で作成してしまい、補助金・助成金は広告や商品のパッケージデザインの変更費用など今後固定費として自社を圧迫しないような別の用途に使用することをオススメします。

グーペ公式サイト

シェアする

フォローする