中小企業のホームページ作成に利用できる補助金・助成金

お金 ホームページ作成

新しく会社を起業したり、すでに営業活動を行っているものの、ウェブサイトの必要性を感じ、新たに制作したいと感じている企業の担当者もいらっしゃると思います。

今回は、中小企業がホームページ制作時に利用できる補助金・助成金情報についてまとめてみました。

補助金と助成金の違い

補助金・助成金情報の前に、補助金と助成金って一体何が違うの?

と疑問に感じる方もいると思うので、両者の違いについて、簡単におさらいしておきます。

助成金は、要件を満たす企業であれば、申請企業の全てが受け取ることが可能です。

補助金は、要件を満たしていても、審査に通過しなければ、受け取ることができません。

補助金の申請は、その事業の社会に対する有用性などを審査担当にアピールする必要があるので、助成金の獲得よりも難易度が上がります。

 

中小企業がホームページ作成に利用できる補助金・助成金一覧

中小企業がホームページ制作に利用できる補助金・助成金としては以下のようなものがあります。

  • 小規模事業者持続化補助金
  • 創業補助金
  • 事業継承補助金
  • 専門家派遣事業
  • IT導入補助金

小規模事業者持続化補助金

ホームページ・ネットショップ制作の補助金として代表的なものとして、日本商工会議所の実施している「小規模事業者持続化補助金」というものがあります。

補助額は最大50万円で、補助率は費用の3分の2までです。残りは自己負担になります。

創業補助金

これから新たに創業する方の為に50万円〜200万円の創業時の経費として利用できる制度が創業補助金です。

補助率は50%まで、従業員を1人以上雇用する必要があります。ホームページ作成だけでなく、様々な経費に利用することが可能が、創業時限定ということで、そこまで普及はしていません。

 

事業継承補助金

以前は「第二創業補助金」と呼ばれていましたが、2017年度より「事業継承補助金」という名前でリニューアルしました。既に事業を行っている企業で経営者が交代し、経営に変革が必要な転換期に利用することができる補助金です。

補助金額は100万円〜500万円内で補助率は3分の2以内となっています。こちらも条件が限定的なので、あまり利用されていない印象です。

専門家派遣事業

専門家派遣事業は、特定分野のスペシャリストへの報酬と交通費の50%、最大10万円分までの専門家派遣費用を助成する制度です。

たとえばWordPressでのホームページの設置方法や使い方、Webマーケティングなどのレクチャーを受講しておけば、あとは社内でホームページの更新や企業ブログのアップデートを自社で行うことができるようになります。

そこまでメジャーな助成制度ではありません。

IT導入補助金

最後が本命のIT導入補助金です。

IT導入補助金では、指定されたITツールに限り50万円分のサービス・ソフトウェア導入費が支給されますが、ホームページ・ECサイトの新規制作やリニューアルにも利用することができます。

全国のホームページ制作会社を調べた結果、Web制作会社が制作依頼をした場合に補助金・助成金をサポートを行っている場合には、このIT導入補助金を狙ってい事業者が大半です。

結論:ホームページ制作・リニューアルはIT補助金を狙うべき

以上ホームページ作成に利用できる補助金・助成金一覧でした。おすすめはIT補助金で、これを狙っていくのが王道ではないかと思います。ただしIT補助金には審査があり必ずもらえる訳ではないので、手続きに慣れていないと失敗してしまう可能性もあります。

ということでオススメはIT補助金を利用する場合にはIT補助金の申請のノウハウがあるWeb制作会社に依頼するのが王道のパターンです。どこの都道府県にも必ず1つはIT補助金のサポートに強い制作会社が存在します。

ただし、IT補助金の取得のサポートをしてくれるホームページ制作会社の中から業者選びをすると以下のような方程式となります。

「IT補助金のノウハウ」+ 「会社としての信用性」+「開発力」+「依頼主の業種に詳しいか」+「予算」

IT補助金のノウハウがあり、さらに他の条件にマッチするホームページ制作会社は同じ都道府県内だけで検討すると限定されてしまいます。

また地方にいくほど「ホームページ制作のスキルがないので、補助金の申請方法に詳しいというのを強みにしているのでは?」と思ってしまうほど、レベルの低い制作会社が存在します。IT補助金のサポートを考えるなら、東京・大阪・名古屋・福岡・札幌などの都市圏のWeb制作会社を検討した方が無難です。ベストなのはWeb制作会社も案件も圧倒的に集中している東京のWeb制作会社に依頼するのがオススメです。今はオンラインで意思疎通ができるので、下手に地元のIT補助金のサポートできる制作会社に依頼するのであれば、東京のホームページ制作会社に依頼した方が、レベルの高いサイトを納品してくれますし、開発力のある会社は離れていてもサポート体制もしっかりしています。

ただ、都市部のWeb制作会社といっても、直接訪問しにくいですし、逆にどう選べば分からない場合もあると思いますが、そういった場合はWeb制作会社の無料紹介サービスを検討してみてください。おすすめはWeb幹事さんです。

通常の見積もりサービスはIT補助金のノウハウはあっても、結局開発力の低い会社が仕事を受けるための集客手段になっていますが、Web幹事さんの場合にはヒアリングを行った上で、全国の中から最もベストな制作会社を紹介しています。だから「IT補助金」+「自社の希望条件に一番マッチした会社」が制作してくれるので、満足度の高いサイトが完成しますし、サポート体制もしっかりした信頼できる会社を紹介してくれます。

紹介料は広告料という形でWeb制作会社から受け取っているので、Web幹事さんを使っても依頼主に費用を請求されることはありませんし、紹介料を制作費に上乗せするような悪質な会社は紹介していません。

IT補助金を自社で申請を通せるか不安な方や、補助金関係なくしっかりしたホームページを納品してもらいたい場合にはWeb制作会社の紹介サービスを利用してみてください。

【ホームページの作成依頼】おすすめの優良HP制作会社の選び方
「ホームページ制作会社ってどう選べばいいの?」「SEOに強い会社の特徴は?」「悪質業者の見分け方は?」など色々な疑問が浮かぶと思います。そこで、おすすめのクオリティの高い仕事をしてくれるホームページ制作会社の選び方を紹介したいと思います。