WordPress初心者が使い方を習う方法

wordpress ホームページ作成

この記事は、ホームページなんて全く作ったことがないんだけど、会社の公式サイトや自営業のホームページを自作する必要が出てきた方に向けた記事です。

無料ブログやWix・JImdoといったWebサイトビルダーは使いたくない。

ホームページ作成ツールを調べていたら、SEO(検索順位上位表示)対策がしやすく、しかも無料で利用できるWordPress(ワードプレス)の存在について耳にした方もいると思います。

でも、ワードプレスってどこかの会社が販売している訳でもないし、どのように始めたらいいのか分からないんだけど……という方に向けて、WordPressの学習方法を紹介します。

WordPressの学習は大きく分けて2種類

WordPressの学習には大きく分けて2種類あります。「WordPressの使い方」と「WordPressテーマの作り方」についてです。

WordPressの使い方自体を学びたい

wordpress

WordPressはCMSと呼ばれるホームページ作成ツールです。ブログや新着情報などの更新がコーディングすることなく、誰にでも簡単に行なえることで評判です。

Web上にホームページのデータを設置するサーバーを借り、ホームページの住所である独自ドメインを取得して、サイトを作成します。

無料ブログサービスしか使ったことがない方にとっては、WordPressの使い方は最初は分からないことが多いので、使い方を学習する必要があります。

といっても、WordPressの使い方自体は、1日あればマスターできます。所詮WixやグーペといったWebサイトビルダーやAmebloのいった無料ブログサービスに毛が生えたようなものなので、WordPressの操作方法自体は、そこまで難しいものではありません。

Wix・Jimdo・GoopeといったWebサイトビルダーに興味があったけど、SEO対策やカスタマイズ性に不安に感じていた方にとって、ワードプレスはベストな選択肢でしょう。

ワードプレスではプラグインと呼ばれる拡張機能をインストールすることで、様々な機能を取り入れることができます。多くの役立つプラグインが有志の方によって無料で公開されています。プラグインによって、問い合わせフォームやSEOのカスタマイズなどが、WordPressでも簡単に利用することができます。

テーマの作り方を学びたい

コーディング

WordPress学習のもう一翼はテーマ作りを学ぶことです。テーマとはHTML・CSS・PHPといったスクリプトの集合体です。

WordPressではテーマを変えるだけで、サイトのイメージをガラリと変えることができます。テーマを変更しただけで、Webメディア、ブログ、企業サイト、飲食店のサイトといった様々な用途に合わせて着せ替えることができます。

テーマ作成はHTML・CSS・PHPといったマークアップ言語とサーバサイドのプログラミング言語であるPHPについて学習しなければならないので、学習コストが高いです。HTML・CSSは初心者でも比較的独学で学習しやすいですが、PHPはプログラミング言語なので難易度が上がります。しかもWordPress上でのPHPの関数も覚える必要がありますが、日本語での情報量が少ないです。

テーマ作成の学習は、WebデザイナーやWebエンジニアなど、実際にWeb制作を仕事にしたい方向けです。

また、ブログやアフィリエイト、Webマーケターといった、Webサイトを通して収益を上げたい人も学んだ方が良いでしょう。より効果の高いサイトにする為に、多少テーマファイルの編集方法について学ぶ必要があります。

WordPressの学び方

では、WordPressの使い方を学ぶ方法を紹介したいと思います、

ワークショップ

まずはホームページ制作会社やフリーランスのWebデザイナーの方が行っている、WordPrsssの使い方を対面でレクチャーしてくれるワークショップです。数時間でWordPressの基本的な使い方を教えてくれるような講座が多いです。基礎知識は必要ない講座が多いので、誰でも参加できます。

ホームページ制作会社でWordPressのワークショップを開催しているところは数が限られているので、お近くのホームページ制作会社が行っていないか検索してみてください。

フリーランスWebデザイナーによるワークショップを探しているのであれば、「ストリートアカデミー」などで探すことができます。

しかし、ワークショップは対面でのレッスンなので、人件費も必要で、コストパフォーマンスが悪い場合が多いです。

WordPressの操作方法自体は簡単で、検索すれば多くの役立つサイトもヒットするので、独学でも十分です。個人的には、対面ワークショップは必要ないのではと思います。特にWordPressの扱い方程度であれば。

 

Amazonで購入できるWordPressの使い方の参考書

WordPressの使い方程度であれば、参考書がいくつも出ています。たとえば以下の本です。

いちばんやさしいWordPressの教本第3版 人気講師が教える本格Webサイトの作り方

無料WordPressテーマ「Linghtning」の使い方の紹介が多いですが、WordPress自体の使い方にも触れています。Linghtningは中小企業のコーポレートサイトの作成に適したWordPressテーマです。このテーマの使い方を詳しく知りたいのであれば、特にオススメです。

また、この本には2版も存在しますが、多少内容が異なります。2版では、同じく無料WordPressテーマBizVektor(ビズベクトル)の使い方を詳細に掲載しています。

ちなみに、2版のKindle版はセールを行っているのをたまに見かけるので、セール時に購入するのをオススメします。

WordPressのツボとコツがゼッタイにわかる本

2017年3月に発売された本ですが、初心者に向けて使い方の説明が詳細に書かれています。

WordPressの参考書はテーマを作りながら覚える本(プログラムが解説されている)とWordPressの使い方を覚える本に大別できます。

テーマ作りは誰かが作成したテーマを使うのであれば、学習する必要はありません。その場合、プログラムが載っていない本を購入しましょう。

2冊ほど、紹介しましが、WordPressの使い方を覚える本は、どれを購入しても大体似たような内容なので、読みやすそうと感じたなら、それを利用すれば良いと思います。

オンラインスクール

最近動画でWordPressの使い方を学べるサイトも増えています。WordPressについて学べるオンライン学習サイトやオンラインプログラミングスクールとしては以下のようなものがあります。

  • TECH ACADEMY
  • Udemy
  • CodeCamp
  • ドットインストール
  • schoo

この中でWordPressの使い方を学ぶのに特にオススメなのが、「schoo」です。

Schoo(スクー)は月額980円(税込)と格安料金で、レッスン動画見放題です。WordPress関連の動画もコーディングをしてテーマを作成する授業から、WordPressの使い方まで幅広い動画が用意されているのでコスパが高いです。

またワードプレスのテーマの使い方を学んで、Webデザイナーとして就職したいのであれば、テックアカデミーのワードプレスコースが就職サポートがあるので、オススメです。

Webデザインが学べる評判の良いおすすめスクール15選
最近需要が大きくなってきたのが、WebデザインやWebプログラミングの学べるスクールです。今は多くの会社がWebデザインのスキルを学べるコースを開講しているので、評判のいいおすすめのオンラインスクールを紹介したいと思います!

Webサイト

無料でWordPress について学びたいのであれば、Webサイトを通して学ぶこともできます。しかしWordPress初心者に向けたWordPressの使い方を網羅的に紹介したサイトは少ないです。

CodexというサイトがWordPressの情報を扱うサイトの中では、特に信頼性の高い情報が網羅的に提供されています。しかしながら、テーマ作成向けの情報が多いことと、内容が初心者には理解しにくいので、あまりオススメしません。

その中で、数少ない日本語での網羅的で分かりやすいサイトはバズ部です。このサイトでは丁寧にWordPressの有名プラグインの使い方も紹介しているので、プラグインの使い方を学びたい場合には特にオススメです。

ただし、バズ部も最近は更新頻度が少なくなってしまっているので、ワードプレスを学習する際に、最新の情報で網羅的なサイトはなくなってしまいました。

ただ、バズ部の記事は、サイト運営に関して役立つWebマーケティングの情報が多いので、ぜひWordPress以外の記事も目を通しておくことをオススメします。

ワードプレスの学習で分からないことが出ていたら

独学でWordPressの使い方を学習しているうちに、もしかしたら分からないことが出てくるかもしれません。その場合は以下のようなところで、WordPress上級者からアドバイスをもらえます。

 

Wordbench

Wordbenchは地域のWordPressコミュニティで勉強会などを開催しています。初心者の方でも参加しやすい雰囲気なので、近隣のWordbenchに参加してみてください。

「Wordbench + 都道府県」で検索すると見つかります。

 

CtoCマーケットでWordPressのスペシャリストに聞く

ココナラ、ランサーズといったWebサービスなら、WordPressの使い方を熟知した個人を探すことができます。ランサーズであれば、分からないことを質問するだけでなくオリジナルテーマを発注することも可能です。

また、知恵袋などのQ&Aサイトに質問すれば、親切な人が教えてくれるかもしれません。近年はMENTAteratailといったエンジニア専門のQ&Aサイトも登場してきたので、ヤフー知恵袋ではなくエンジニア専門のQ&Aサイトを利用するようにしましょう。

 

まとめ

以上、初心者がWordPressの使い方を習いホームページを自力で作成する為の学び方を紹介しました。WordPressを学ぶのであれば、参考書を1冊を読んでおけば、とりあえずサイトの設置までできるでしょう。その後、補足的に動画サイトやWebサイトなどの利用で十分です。