神社・お寺のホームページの作成の必要性

シェアする

門

神社や寺院にはWebサイトは必要ないのでしょうか?

ホームページを自分で作らなくても、地域情報サイトや地図サイトが独自に全国の神社仏閣の住所・電話番号・営業日などを収集して掲載しています。

もし自分の所属している宗教法人を検索したことがないのであれば、試しに検索してみてください。きっと多くのサイトが基本情報を掲載してくれているはずです。

しかし、地域情報サイトや地図サイトが掲載する情報は基本的な情報だけです。

神社仏閣では、ブログ(営業日記)を書かない場合が多いです。知らせることは不規則な休業日・営業時間ぐらいなので、必要ないと思っている方もいるでしょう。これぐらいであれば、わざわざ忙しい中、ホームページの設置は必要ないのでは?と思うかもしれませんが、ホームページは作成した方が良いです。

その理由を説明します。

神社仏閣がホームページを持つべき理由

公式サイトには権威がある

権威

オフィシャルウェブサイト(公式ホームページ)には「権威性」があります。

第三者が作成した地域情報サイトや地図サイトには、権威がありません。どこかのIT企業やWeb制作会社が勝手に集めた情報で、間違いが掲載されている可能性もあります。

もちろん、間違えが掲載れていることは少ないですが、それでも信用性としては、公式サイトよりも劣ります。

同じ住所・電話番号・営業日といった情報でも公式サイトに掲載されている情報の方が、価値の高い権威のある情報になります。

人々は最も信頼できる情報が取りたい場合には公式サイトを訪れます。地域情報・地図サイトではイレギュラー(不規則)な情報は掲載されていないこともあります。

年末年始の営業日や臨時休業など不規則な情報を発信する必要がある場合もあるので、是非ホームページで伝えましょう。

何が特徴なのかを説明できる

ホームページがあれば、特徴を伝えることができます。

所属している神社仏閣の特徴は人々に伝わっていますか?

神社仏閣は世の中に数多く存在しますが、その多くは何が特徴なのか、上手く伝えきれていません。

特徴が分からないお店に誰も行かないのと一緒で、特徴が分からないお寺や神社にも誰もわざわざ訪れようと思いません。

「何が特徴で、ここに来れば何があるのか?」といった、神社仏閣の自己紹介文は丁寧に分かりやすく一般の人にも親しみやすく、伝えることによって、より良いかたちで認識してもらうことができます。

伝統と歴史を説明できる

ホームページがあれば、伝統と歴史を説明できます。

その地域で、神社仏閣がどのような存在を担ってきたのか、歴史を説明することによって、物語性を生み出すことができます。

日本人がなぜ、ヨーロッパのファッションブランドに憧れるのか。

色々理由はありますが、大きな要素の1つに「長い歴史と伝統」があります。

歴史と伝統はお金では買えない、人を魅了する要素の1つです。

古くから地域に存在する神社仏閣は、伝統と歴史を語るにおいて有利な存在です。

観光客など地域についてよく知らない人が訪れた場合、情報発信をしていれれば神社仏閣は最も魅力的な観光地の1つになる可能性が、どこのお寺や神社にもあります。

神社仏閣のホームページ作成の注意点

神社仏閣が情報発信をすべき必要性をお分かり頂けたでしょうか。

とは言っても、神社仏閣のホームページと普通の会社や飲食店のホームページでは、アピールする部分が多少異なります。

お寺や神社のホームページ制作を発注する場合のポイントについてご紹介したいと思います。

画像が栄えるデザインにする

寺

寺院や神社などの建物だけでなく、その敷地全体の雰囲気が分かるような写真を使い、写真を中心としたWebサイトのデザインにしましょう。

折角寺院や神社には、荘厳な雰囲気があるの、写真を全面に押し出したホームページが映えます。

いや、うちはそんな大層な建物ではない……

と引け目を感じた方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ご安心ください。

写真のアングルを変えたり、Photoshop(フォトショップ)などの画像編集ソフトで色調補正を行うだけで、劇的に良い写真になります。

もし所属する宗教法人の中に写真が上手く撮影できる者がいないのであれば、フォトグラファーに外注すれば良いだけです。

それとも、写真だけ良くても、実際に観光客が訪れたらガッカリすると思っていますか。

もし、そう思っているのであれば、実際に訪れた人がガッカリしないような工夫をしてみましょう。

たとえば、景色が良く木々の音が聞こえるような雰囲気の良い場所に座れる場所を用意してみてはいかがでしょうか。恋人同士で訪れた人が、小洒落たカフェなんかよりも素敵な時間が過ごせるように工夫してみてください。

ベンチ

素敵な時間を過ごせたカップルが、トリップアドバイザーなどの口コミサイトで紹介してくれれば、同じような恋人の観光客が増える可能性もあるでしょう。

写真はそこを訪れるかどうかを決める、最も大きな要素です。

「少し美化しすぎじゃないか?」ぐらいの写真を使って、実際にその写真に負けないような体験を提供できれば問題ありません。

スライドショー付き

スライドショーには「右から左に流れるタイプ」と「移り変わるタイプ」があります。

たとえば、伊勢神宮の公式サイトでは移り変わるタイプのスライドショーが用いられています。

移り変わるタイプの方が高級感があるので、神社仏閣には「移り変わるタイプ」のスライドショーがオススメです。

右から左に流れるタイプのスライドショーは、多くのスライドをユーザーに見せたい場合に利用します。荘厳なイメージを演出したい宗教法人にはオススメしません。

独自ドメインを取る

独自ドメインは宗教法人が実際に所有しているという証明になります。
このサイトでされば、「W-2-B.com」が独自ドメインで、このドメインでサイトを所持しているのは世界で1人だけです。

無料ホームページ作成ツールのJImdoで独自ドメインを取得せずに、サイトを作成すると「https://●●●.jimdo.com」となります。

これはサイトの所有者はJImdoになるので、自分のモノではありません。

どこかの無料レンタルサーバーや無料ブログなどで作成しても同じように、ドメインの所有者が他人になる可能性があります。

これは権威性を損ねる原因になるので、必ず独自ドメインを取得しましょう。

独自ドメインの年間維持費はたった1,000円程度です。

若年層を呼びたいのであればオシャレに見えるデザイン

神社仏閣だからといって、既に有名な神社仏閣が所持している古めかしいホームページのデザインにする必要はりません。

むしろ、20〜30代の訪問者を増やしたいのであれば、今風のスタイリッシュでオシャレに見えるデザインのホームページにしてみましょう。

伝統・歴史がありながら、新しいデザインなどを取り入れようとするギャップが生まれます。特に20〜30代の年齢層の方は、斬新なデザインを取り入れた古いモノという「ギャップ」に惹かれる傾向があります。マスコミにも注目されるかもしれません。

FAQ(よくあるご質問)ページを作る

はてな

電話での問い合わせはありますか?

もし、よくある質問があるのであれば、ホームページ上で答えるFAQページを作成しておきましょう。

これで、電話で問い合わせをする手間を省くことができます。もしかしたら、これまでも電話が面倒なので訪問しなかった人もいるかもしれません。

FAQページを充実させることで、親切な宗教法人であることもアピールすることができます。

サービス案内をする

どのようなサービスを提供しているのか、説明できるページを用意しましょう。

地元で育った人が神前結婚式を挙げたいと思っているかもしれませんが、「できるかどうか分からないし、仮にできるとしても他の人があまり利用していないのだったら、段取りが悪そうで想定外の問題が起こりそう……」といった心配につながります。

自信をもって提供しているサービスであれば、「存在を認知」してもらい、「安心して利用」してもらいましょう。ホームページには、どのようなことができるのかを明確に説明しましょう。

イベント(年中行事)を説明する

イベントは新規の訪問者や再度の来訪を促すまたとない機会です。

どのような年中行事が行われているかは、紹介ページを作成しておきましょう。

前年度の写真を複数枚用意し、「楽しそう」「良い思い出ができそう」「子供に体験させたい」という雰囲気が伝わるようなフォトギャラリーを用意しておけば、訪問数の増大に繋がるでしょう。

料金表を作成する

お金

料金表なんて掲載したら、俗物的だと思われるなんて恐れる必要はありません。

全く料金表が提示されていないサイトよりも、よっぽど親切です。

宗教法人に対して「ボッタクられるのでは?」と懐疑心的な方も少なくありません。

勿論サービスによっては価格の提示ができないサービスもありますが、おみくじや絵馬、お守りなどは価格を開示して、明瞭会計にしておくことで、信頼性を得ることができます。

まとめ

今の時代、日本人の生活にとって宗教の重要性が薄れつつあります。

そんな時代だからこそ、なぜ宗教の重要性を認識してもらう為にも、ホームページはしっかりと作成しておきましょう。

ホームページ制作会社に発注する程の予算がないのであれば、自作でも全く問題ありません。HTMLやCSSなどが分からなくても、誰にでも簡単にサイトの作成・更新できるサービスが世の中には数多く存在します。

またHTMLやCSSといった専門知識がなくても、誰でも簡単にホームページが作れるWebサイトビルダーというWebサービスも存在します。

ホームページ作成費用はなるべく安く抑えたいという方は、ホームページの自作も検討してみてください。

Wix公式サイト

グーペ

Jimdo

シェアする

フォローする