飲食店の集客に困っている場合は子連れなどマイノリティを狙うのがオススメ

シェアする

レストラン

飲食店は経営が難しいビジネスの1つとされています。

個人営業の飲食店において、思うように売上が上がらず、悩んでいる事業主の方も多いのではないでしょうか。

近隣の競合店とお客の奪い合いで疲弊している事業者の方は、マイノリティ(少数派)の集客を意識してみることをオススメします。

マイノリティを意識したお店づくりをしている飲食店は、まだまだ少ないです。マイノリティにお店を気に入ってもらえれば、リピーターになってくれる可能性が高いです。

ここで言うマイノリティとは以下のような顧客を指します。

  • 障がいがあり、歩行に補助を必要とする方
  • アレルギーなどがある方
  • ベジタリアンの方
  • ダイエット中の方
  • 小さい子どもがいる方

マイノリティ(少数派)顧客の種類

障がいがあり、歩行に補助を必要とする方

障がいがある方にとってお店の外装・内装がバリアフリーにて設計されていれば、訪れやすいです。まだまだ障がい者にとって入りやすいお店は少ないので、家族揃って何度も訪れてくれる可能性が高いです。

アレルギーなどがある方

アレルギーがある方は食べ物に気をつけなければならないです。アレルゲン表などをホームページに載せることによって、アレルギー持ちの方でも安心して訪れることができます。アレルギー表示は大手のチェーン店も実施していますので、個人経営の飲食店でも導入し、アレルギーのある方でも安心して食べられるメニューが分かりやすいようにしてみてはいかがでしょうか。

ベジタリアンの方

菜食主義など食事に関して何らかの信条をもつ方々にとって、ベジタリアンのメニューがあることは、お店を選ぶ理由の一つになります。

イスラム教徒でも食べられるハラールレストランも都市部や観光地ならオススメです。

ダイエット中の方

女性は特にダイエット中には摂取カロリーには気を遣います。ダイエットメニューがあれば、お店を選んでもらえる理由の一つになるかもしれません。

小さい子どもがいる方

マイノリティを意識する戦略で、一番オススメしたいターゲットが、小さい子どものいるファミリーを向けのサービスを強化することです。

子連れは他のマイノリティと比べて母数が多いで、子連れに優しいお店にすることで、集客に大きな効果が持てます。

子供連れの方が気にしているのは以下のようなことです

  • 子どもが騒いでも他の人に迷惑がかかりにくい個室があるかどうか
  • 子ども用の椅子や食器
  • お子様用メニューやベビー食
  • 分煙

お子様用メニューやベビー食は利益が取れないと思っている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、お子様用メニューは用意しておいた方がよいでしょう。

たとえ子ども用メニューから利益が取れなくても両親や祖父母など大人数で訪れてくれる可能性があるので、総合的に見ればお子様メニューを用意することで、両親や祖父母などファミリーでの来店を促進することが可能です。

マイノリティは、自分たちがマイノリティであることを理解しています。飛び込みで飲食店に入るよりも、レストラン情報をグルメサイトなので事前に調べてから訪れる可能性が高いです。

レストランのホームページを訪れた際に、競合店にはない何らかの付加価値を提供できるのであれば、ホームページに情報を掲載してアピールしましょう。

お客さんがレストランを選ぶ時は味以外にも様々な要素が関係し、レストランを選びます。小さい子連れなどマイノリティに絞ったサービスを提供することを切り口に、強豪との差別化を見直してみてはいかがでしょうか。

マイノリティへアピールするためのホームページの重要性

コンピュータ

マイノリティに配慮した情報発信には、ホームページが必要になります。

今の時代には「食べログ」があるので、飲食店が必ずしもホームページを持つ必要はないのではと、感じた方もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら、子連れやマイノリティ向けの情報は、「食べログ」のようなグルメサイトでは、情報をコントロールすることが難しいです。

食べログなどは、基本的に訪れたユーザーが書き込みをします。「子供連れで訪れても大丈夫なのか」、「バリアフリーになっているか」などといったことは、大半のユーザーの関心事ではありませんので、あまり書かれません。

また、食べログではユーザーが書くので、断片的な情報になりますし、ネガティブなことも書かれます。

お店の正しい情報を網羅的にに伝える為には、自前のホームページが必ず必要になります。

お店のコンセプト・理念や、マイノリティに対して、どのようなサービスを提供しているかなどを、最も適切に伝えられるのは、お店の公式ホームページです。

グルメサイトに頼り切らず、ホームページは必ず設置しましょう。

ホームページを簡単に自作する方法

グーペ

とは言われてもホームページを制作会社に依頼すると20万円以上掛かってしまいます。

お店の運営でHTMLやCSSなどホームページを作成について勉強する時間なんてないが,なんとか安くホームページを作成したいと思っている方もいると思います。

ベストはプロに依頼することですが、自分でホームページ作成をできるようなツールも近年登場しています。

たとえば、「Wix」「Gimdo(ジンドゥー)」「Goope(グーペ)」などが有名です。

これらのツールでは、ワープロソフトのWordのような感覚でオシャレなホームページが作成できます。HTML・CSSを勉強する必要はありません。

特にグーペは日本の会社であるGMOが開発しているので、日本人にとっては使いやすくなっているのでオススメです。

レストラン用のデザインテンプレートも数多く用意されていますし、何より日本製なので、フォントや文字間が日本語向けに設計されています。

もちろんスマートフォン・タブレットにも対応したレスポンシブデザインです。

グーペには15日間の無料お試し期間も用意されているので、興味のある事業者の方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

グーペについて詳しく知りたい方はコチラ↓

飲食店経営の強い味方! 月額1,000円(税抜)で始めるホームページ

シェアする

フォローする