プログラミング学習サイトProgateで素人がお店・会社のホームページを自作することは可能?

シェアする

コーディング

最近インターネット上でプログラミング学習ができるサービスが日本でも数多く登場してます。

しかし大半のサイトは動画の視聴による学習が中心です。

もちろん動画学習サイトには参考書の学習にはない、わかり易さもあるのですが、手を動かさないので、実際に作ろうとすると、あまり身についていない場合が多いです。

動画は視聴する時間もバカになりません。効率良く学習するつもりが、結局時間だけ浪費してしまった… では、本末転倒ですよね。

そんな動画中心のプログラミング学習サイトが多い中、実際に手を動かしてプログラムを書く学習サービスが登場していました。

Progate(プロゲート)というWebサービスです。

プロゲート

ロンドンブーツの田村淳さん、メルカリ創業者の山田親太朗氏、DeNAなども出資しているので、スタートアップ業界では、かなり前途有望なWebサービスみたいですね。

そこで、Progateを利用すれば、全くWeb制作の知識がない状態から短期間で会社やお店のホームページが作れるようになれそうか調べてみました。

Progateについて

Progateで学習できるコースは全部で11個あります。

プロゲートの学習コース

  • HTML & CSS
  • JavaScript
  • jQuery
  • Ruby
  • Ruby on Rails
  • PHP
  • Java
  • Python
  • Swift
  • Command Line
  • Git

これだけのコースがあって、月額980円で使い放題です。数10万円するようなプログラミング学習サービスもある中、コストパフォーマンス的には良心的なサービスの1つですよね。最低契約月数もないので、1ヶ月間だけ使用することも可能です。

ホームページ作成を勉強するのならHTMLCSSです。HTMLがホームページの構造を設計し、CSSでホームページの装飾を行います。

他にもスライドショーやスマートフォンサイトのメニューボタンを実装したい場合にはjQueryやJavaScriptも必要になります。問い合わせフォームを自作するならPHPも必要になるかもしれません。あとWordpressのテーマをイジる時にもPHPの知識は必要になります。

とりあえず、ホームページで一番重要なのはHTMLやCSSです。jQueryやPHPは余裕があれば学習しましょう。

始めるにあたってアカウントを作成する必要があります。とりあえず、メールアドレスとパスワードだけでアカウント作成できます。

ちなみに、それぞれのコースの序盤のレッスンは、有料会員登録しなくても無料で利用できます。

ProgateはFireFoxなどのブラウザでも使用できますが、一応推奨ブラウザはGoogle Chromeになっています。

ProgateのHTML & CSSコース

ということでHTML & CSS を実際に体験してみます。

Progateでは学習コース・道場コース・実践コースとあります。

プロゲート HTML & CSS

学習コースではHTML・CSSのタグの使い方をスライドで学習しながら、半分完成されたコーディング画面上に、タグを追加していきながら画面左の指示通りに完成させます。これまで、一度もコーディングをしたことがない人にとっては、ワクワクする時間なはずです。

プロゲートのスライド解説

プロゲートのコーディング画面

画面右上で自分が書いたHTML・CSSがすぐに見れるのは便利な機能ですよね。

全くWeb知識ゼロでも、学んだことを利用して、クリアしていくことが可能です。

レベルなども設定されているので、ゲーム好きな人にはたまらないかもしれません。

プロゲートのレッスンクリア

道場コース・実践コースは難しい

学習コースに関しては、算数や英語の学習問題を説いていくような感覚で、次々とクリアしていけます。ヒントやスライドの確認で、全く何をすればいいのか分からないということはありません。

問題は道場・実践コースです。

道場・実践コースでは、見本サイトを見ながら同じサイトに実装していきます。

初級コースのように、「ここを◯◯してください」といった指示通りにこなせばクリアできるわけではありません。

おそらく、この段階で何をすればいいのか分からないはずです。

一応、初級コースで習ったことだけで完成させることはできますが、具体体的にどのタグを、どこに書けばいいのか初心者にはイメージできないと思います。

運営が用意したたヒントの中に、道場・実践コースでは、ブラウザの機能の1つである「要素の検証」を利用するようにとアドバイスがあります。

Progate上でデベロッパーツール使用時

要素の検証を行うと、見本サイトのHTMLやCSSがどのような構造なのか簡単に把握できます。それに、実際にコードを書き換えると、その場で書き換えた部分が変わる大変便利なツールです。

しかし、検証ツールをどのように利用するのかは、指示がありません。

完全に写経してしまっていいのであれば、レッスンクリアは簡単ですが、それではノート丸写ししているのと同じで意味がありません。

また、検証ツールに頼らずに作ると、間違っていた際に、どこが間違っているのか教えてくれるのですが、間違いの指摘に具体性がなく、直せないようなケースに何度か陥りました。

初級編までは楽しくホームページ作成の知識を学ぶことができますが、道場篇・実践編でギブアップする人が多いのではないかな? と感じます。

ということで、Progateで全くWeb制作の知識がない状態からホームページの作成ができるレベルになるのは、難しいでしょう。初心者が段階的な学習ができるようには設計されていません。

まとめ

Progateは自分が書いたコードを確認しながら学習できる、ユニークな学習サイトです。

しかしProgateでの学習では、道場・実践コースでつまづく方が多いのではないかと推測します。

道場コースから、いきなり見本を見て「はい、じゃあ作ってください」となるので、いきなりハードモードになります。とりあえず言われたとおりに進めてくれば、なんとかクリアできた初級コースと違い、自分の頭で何を書けばならないのか考える必要があるので、何から始めたらいいのか分からなくなります。

検証ツールで模写しながら書けば、簡単にクリアできますが、模写は自分の頭で考えずに書き写しているだけなので知識として身についていませんし、いくら写経してもWeb制作スキルは上達しません。

プログラミング・コーディングは自分で実際にコードを書いて、制作物を作り上げながら、何度も間違いを重ねて、地道に学習していくというのが王道です。Progateを利用しても、この苦しい道からは避けられないでしょう。

Progateの試みとしては面白いと思いますが、今のところ、参考書メインの学習の補足的な使い方だと感じました。Progateのスライドだけでなく、手元に1冊HTML・CSSのリファレンスも欲しいところです。

自分でゼロから実装していくという過程を踏まないとホームページは作れるようにはなりません。

Progateの初級コースだけ経験して、道場・実践コースはスキップし、自分の作りたいサイトを参考書片手に作り始めるのがいいと感じました。(Progate道場・実践コースの間違いの指摘がよく分からないので)

また、機能的なサイトにするためにPHPやjQueryなどの勉強も入ってくると、学習コストは膨大な時間になると思います。

本業の時間に合間に、地道に失敗しながらコツコツと学習する時間があるのであれば問題ありませんが、ホームページぐらいで時間を多く割くぐらいであれば、WordPressやGoope、Wixでサクッと作ってしまった方が幸せになれると思います。

シェアする

フォローする