ペライチでブログってどうなの?

ペライチ ホームページ作成

人気ホームページ作成ツールのペライチ。ペライチを利用して個人ブログや会社・お店のビジネスブログを書きたいと思っている方も多いと思います。

ペライチってホームページ作成ツールとしては、かなり評判が高いのですが、「ペライチでブログ」はあまり耳にしませんよね。なぜ、ペライチでブログの評判が少ないのか、解説したいと思います。

ペライチにブログ機能はない

結論を言えばペライチにブログ機能はありません。

ペライチのようなインターネット上からログインして簡単にホームページが作成できるツールのことを「Webサイトビルダー」と呼びます。

ペライチはWebサイトビルダーの中でもページ数に制限のあるホームページ作成ツールとなっており、書けば書くほどページ数が増えていくブログが非常に作りにくい仕様になっています。

 

プランスタートライトレギュラービジネス
作成可能ページ数13510
月額料金無料980円1,980円2,980円

 

ペライチはドメインパワーが強いので、検索上位表示されやすいというメリットがあるのですが、ブログが書けないということで、個人ブロガーや会社のビジネスブログとして利用されるケースは少ないです。

唯一ブログっぽい使い方をしているのがアフィリエイターです。ペライチが簡単に上位表示されるので、ペラサイト(1ページ完結)型のアフィリエイトサイトを量産して、収益化するというテクニックが一時期流行りました。

しかし、新しいページを増やす度にアカウントを開設しなければなりませんし、それぞれのページが独立したサイトとなるので、ブログとは呼びません。

もしWebサイトビルダーでブログを書きたいのであれば、JimdoやWixのようなページ数に制限がなく、ブログ機能のあるWebサイトビルダーなら可能なのでペライチと合わせて検討してみてください。

おすすめホームページ作成ソフトランキング
ホームページ作成ツールはどれでも良いわけで貼りません。どれも一長一短あり、完璧なホームページ作成ツールは存在しません。そこで、ホームページ作成ツールを比較しランキングを作成したので参考にしてみてください。

ペライチのホームページ+無料ブログという対処法

WixやJimdoではなく、どうしてもペライチで会社やお店のホームページを作成して、合わせてブログも運用したいというケースもあると思います。

そういった場合ならホームページはペライチで作成してしまい、ブログ機能はアメブロやはてなブログなどの無料ブログサービスを利用することも検討してみてください。

無料ブログもペライチと同じく検索エンジンから評価されているので、検索上位表示されいやすいです。SEO対策など行わなくても比較的簡単に検索1ページ目に表示されます。

特にお店系のビジネスは、あえてアメブロで運用している事業者も多いので、「ペライチ + 無料ブログ」はオススメの戦略の1つとなります。

ブログ書くならペライチよりワードプレスの方がおすすめ

ペライチなどのWebサイトビルダーはブログにはあまり向いていません。WixやJimdoのようにブログ機能のあるWebサイトビルダーもありますが、ペライチ並にSEO的にオススメなツールかどうかは、評価が定まっていません。

ブログを書くのであれば。やはりWordPressでサイト制作するのが一番オススメです。今見ているこのサイトもワードプレスで作成しています。

ワードプレスならペライチや他のWebサイトビルダーにはない、ブログを書きやすくしたり、SEO対策の機能が色々と搭載されていますし、自社でブログシステムを開発・発注できる大手企業以外は、ワードプレスでブログを運営するのがベストです。

まとめ

  • ペライチでブログは書けない
  • Jimdo・Wixなどの他のホームページ作成ツールならブログ機能あり
  • ペライチとアメブロなどの無料ブログの併用もオススメ
  • ブログに最適なツールワードプレス

ペライチはドメインパワーが強く、ホームページ用途なら検索上位表示されやすいというメリットがありますが、会社やお店の公式サイト向けであって、ブログは作れません。

Jimdoなどのペライチに似たホームページ作成ツールならページ数に制限がなく、ブログ機能も搭載されていますが、検索エンジンに評価されるかどうかは未知数です。

ブログやるなら無難に月額1,000円ぐらいでレンタルサーバーを借りて、そこにワードプレスをインストールするのが大半の個人〜中小企業にはベストな選択になってくるでしょう。

ホームページにおすすめのレンタルサーバー4選
はじめてホームページを作る方にとってレンタルサーバー選びって結構面倒だと思います。そこでレンタルサーバーにはどのような特徵があって、どのサービスを選ぶのがオススメなのか、解説したいと思います。