Wixなどのホームページ作成サービスで自作する際の注意点

シェアする

コンピュータ

WixやJimdoなどのホームページ作成サービスを検討中でこのページに飛んできた方は、以下のいずれかのような方ではありませんでしょうか。

  • 社内にコンピュータに詳しい人がいない
  • ホームページを初めて作成する
  • できるだけコストを少なくホームページを作成したい
  • WixやJimdoのようなホームページ作成サービスに興味があるがどれを選べばいいか分からない

今の世の中はWixやJimdoなどホームページを簡単に作成できるサービスが数多く存在します。HTMLやCSSなどの専門知識を使ってコーディングすることなくホームページが作成できる便利な時代になりました。探せば国内・海外合わせてかなりの数のホームページ作成サービスを見つけることができます。

しかし、これだけ多くのホームページ作成サービスが乱立していると、一体どのサービスを選んだらいいか分からないと悩んでいる方もいると思います。

そこでホームページ作成サービスを有料プランで契約する前に確認しておいた方がよいポイントを考えてみました。

ホームページ作成サービスを選ぶ際に確認しておくポイント

はてな

操作性がいいか

大半のサービスがドラッグ&ドロップの直感的な操作でレゴブロックで遊んでいるようにホームページが作成できます。

多くのサービスが無料で操作方法を試すことができるので、使いやすいかどうか自分で使って確かめてから、有料プランの契約をすることをオススメします。

ブログの更新のしやすさ

ブログを書いて、検索キーワードからの集客を狙う場合には、情報発信を頻繁にする場合は更新のしやすさを確認しておきましょう。ホームページ作成ツールは多くのページがあるサイト作成が苦手なシステムもあります。

関連投稿機能やカテゴリ・タグで違う記事に移動できるかの補助機能も合わせてチェックしておきたいです。

また、実はWixやJImdoよりもAmebloの方が検索エンジン的に集客力があったりするので、割り切って、ブログは他社サービスを使う方法もあります。

サイトは重くないか

通常ホームページ作成サービスではサービス提供者が用意したサーバーの上でホームページは運営されます。

サービス提供者が用意したサーバーが重くないか、様々な時間帯にアクセスして確認しておきましょう。

特にWixは「サイトが重い」との悪評があるので要注意です。

ホームページの引っ越しについて

規約や価格の改定、使っていくうちに気づいた不満点などで、サービスを利用しなくなる場合もあります。その場合のホームページの引っ越しについて確認しておきましょう。

基本的にホームページ作成サービスは作成サービスとサーバーがセットになっています。良い記事を書いて、検索に良い結果をもたらす被リンクをもらっていたとしても、引越し先にその記事のディレクトリを持っていけるのか、持っていけたとしてもホームページ作成サービス自体は持っていけないので、テキストと画像を手動でもう一度次のホームページ作成サービス上で入れ直す作業が発生する可能性等も考慮にいれておく必要があります。

個人的にはホームページ制作サービスを利用するにあたって、「引っ越し」が一番の懸念点だと感じます。

サイトの容量

ホームページでブログを運営していくと多くの画像が必要となってきます。そのサービスがどれぐらいの容量がアップロードできるか確認しておきましょう。

レスポンシブ対応

スマートフォンとPCの両方に画面サイズに合わせてレイアウトが変更されることをレスポンシブデザインといいます。大半のホームページ作成サービスはレスポンシブ対応していますが、実際に意図された見え方になっているかスマートフォンでも確認しておきましょう。PC版では表示したい部分けどスマートフォンでは非表示したいといったことを行いたい方は特に注意が必要です。

HTML/CSSの編集

HTML/CSSがどこまで編集できるか確認しておきましょう。HTMLは検索エンジンにサイトの情報を渡す為の重要な構造でSEO(検索エンジン最適化)に影響してきます。CSSも見た目からユーザーの目を引いたりと集客する為には、編集したいという願望が運営していくうちに生じてくる可能性があります。どこまでそのサービスで編集できるのか確認しておきましょう。

自分が作りたいホームページを実現できるか

ホームページ作成サービスは機能が不足していることが多いです。ホームページに実装したい機能を洗い出し、それらが実現できるかどうか、確認しましょう。

維持費の確認

1年目はキャンペーンなどで、安く提供するサービスもあります。たとえば契約すれば1年目はドメインが無料というサービスもありますが、2年目からはいくら発生するのかを確認しておきましょう。ドメインはホームページ作成サービス外で取得することや、外部取得のドメインが利用できるかどうかも確認しておきましょう。

追加機能の料金について

追加機能を実装する為に有料プラグインが必要となる場合もあります。買い切り型なのか月額課金なのかなど、確認をとってから利用しましょう。

サポート体制

サポートはどのように行っているか確認しましょう。サポートが手薄だと自分で解決しなければなりません。

情報の入手しやすさ

サポート体制に関わらず、そのサービスについてWebで調べることはよくあります。その時に実際に使っているユーザーの使い方についての情報が入手しやすいサービスの方が学習しやすいです。

まとめ

  • 操作性がいいか
  • ブログの更新のしやすさ
  • サイトは重くないか
  • ホームページの引っ越しについて
  • サイトの容量
  • レスポンシブ対応
  • HTML/CSSの編集
  • 自分が作りたいホームページを実現できるか
  • 維持費
  • 追加機能の料金
  • サポート体制
  • 情報の入手しやすさ

以上、ホームページ制作サービスでサイト作成する際の注意点を紹介しました。

WixやJimdoはCMSと呼ばれるWebの専門技術がなくてもホームページが作成できる画期的なサービスです。大変便利なサービスですが、その便利さゆえに、実現できないことも数多く存在します。

「手軽にサクッとホームページを持ちたい方」、「HTMLやCSSは編集しない方」、「柔軟なカスタマイズは不要な方」、「契約したホームページ作成サービスでずっとホームページ運営をし続ける方」にとってこのようなサービスは非常に有効でしょう。

しかし、もっと柔軟にカスタマイズしたいのであれば、WordPressの方がオススメです。

WordPressは技術的なハードルは上がりますがプラグインなどによりWixやJimdoと比較して多様な機能を取り入れやすく設計されています。サーバーとCMS自体が切り離されているので、サーバーがホームページに適さなくなった場合の引っ越しも自由に行うことが可能です。オープンソースでサポートもなく自己責任で難易度も上がりますが、社内でWordPressのスキルを身に着けたい方がいれば、WordPressでのホームページ運営も検討してみてください。

またWixやJimdoなどと同じような国産ホームページ作成サービスにグーペというものがあります。WordPressとは反対に、とにかくシンプル設計です。日本人に特化したサービスとなっているので、とにかく簡単にホームページを作成したいという方は検討してみてください。

グーペ

シェアする

フォローする

こちらの記事もどうぞ!