【2019年版】Macでのホームページ作成におすすめのソフトはどれ?

iMac ホームページ作成

Macでホームページを作成したいけど、どのソフトが人気があるのか知りたい方も多いと思います。

ホームページを作りたい方のレベルにもよるので一概にどれがオススメかは言えませんが、この記事では

「個人事業主や中小企業がホームページを作成したいけど社内にWeb専門の担当者なんて配置する余裕がない!」

という場合を想定して、Macで利用できるおすすめホームページソフトを紹介します。

 

Macでのホームページ作成ソフトは主に4パターン

それでは、Macのおすすめのホームページ作成ソフトを紹介していきたいと思います。

Macでのホームページ作成ソフトとしては主に4パターンあります。

 

  • テキストエディタ
  • Webオーサリングツール
  • CMS
  • Webサイトビルダー

 

テキストエディタ

コーディング

1つ目はテキストエディタだけでのホームページ作成です。上の画像のようにHTMLやCSSのコード書いてサイトを作成する方法です。

ホームページ作成に利用するテキストエディタとしては、Visual Studio Code、CotEditor、mi、Codaなど数多くありますが、個人的にはGitHub社が開発しているAtomを利用しています。

テキストエディタは1つあれば十分ですし、大した差はないので、好みのエディタを利用すればいいと思います。テキストエディタには拡張機能(アドオン)をインストールできる場合が多いですが、AtomにはWeb開発関連の拡張機能が充実しており、日本語での情報も多いです。

ただし、テキストエディタでのホームページ作成は、それなりに難易度が高いので、プロのWeb技術者になる方以外は、今の時代は選択する必要はありません。もっと簡単なホームページの作成方法があります。

とりあえず、どの作成方法でもたまにコードを閲覧する場合があるので、テキストエディタは1つだけインストールしておくことをオススメします。Macに最初からインストールされている「テキストエディット」はファイル形式がリッチテキスト(rtf)なのでダメです。

 

Webオーサリングツール

What is Adobe Dreamweaver CC (October 2017) | Adobe Creative Cloud

Webオーサリングツールとはホームページをビジュアル的にワープロ感覚でサイトが作成するソフトです。

一太郎で有名なジャストシステムから発売されているホームページビルダーなどが有名ですね。HTML・CSSなど全く知らなくてもサイトが完成します。残念ながらホームページビルダーはMac版は販売されていません。ジャストシステムはWindows寄りの会社ですから今後もMac版が発売されることはないでしょう。

Macでも利用できるWebオーサリングツールとしては、DreamweaverやBiNDがあります。

DreamweaverはWeb制作会社も利用するようなハイエンドなソフトです。ホームページビルダーのように、すでに完成に近いデザインテンプレートなどは用意されていないので、テキストエディタと同じように一から自分でサイトを作成していかなければなりません。

DreamweaverはWebオーサリングツールと言いながらも、テキストエディタに近いので、簡単にホームページを作りたい人には向いていません。

一方のBiNDであればホームページビルダーと同じようにテンプレートが付属しているので、HTMLやCSSが全く分からないけどホームページを作りたい方はBiNDを選ぶことになります。

 

BiND for WebLiFE* 10の新機能

 

ただし、BiNDはあまり人気がありません。評判のすこぶる悪いバージョンもあったりと不安定な印象がちょっとあります…

 

CMS(コンテント・マネージメント・システム)

Wordpress・Joomla・Drupalのロゴ

3つ目の作り方としてはCMSです。

CMSとは簡単に言えば、最初は初期設定などが面倒だけど、設定してしまえば後は無料ブログと同じ感覚で誰でも簡単にコンテンツを追加・修正していくことができるソフトウェアです。デザインテンプレートを変更するだけでサイトのデザインを瞬時に変更することもできます。

CMSではWeb上にあるログインページにログインしてサイトを更新していくので、WindowsだろうがMacだろうが関係ありません。

CMSとしてはWordpress、Drupal、Jooomla!などが有名です。

このサイトもWordPressで作成されています。世界の4分の1のWebサイトはWordPress製です。Drupalは大手の外資系企業や世界的な政府機関でも利用されていますが、WordPressよりも圧倒的に難しいです。Joomla!もDrupalほどではありませんが、やはり難易度が高く、使い方の情報もほとんど出てきません。

個人事業主や中小企業の90%以上はWordPressで問題ないでしょう。WordPressはレンタルサーバーの契約が必要なので、エックスサーバーあたりに借りてください。X10プランが月額千円程度とコストパフォーマンス的におすすめです。

またWordPressで会社のホームページを自作するならEmanonというテンプレートを利用するとクオリティが高くて、集客の機能が多機能なのでオススメです。

エックスサーバーとは?料金プランや評判の特徵・口コミを徹底解説!
多くのブロガーや中小企業で採用されている大人気のレンタルサーバーがXSERVER(エックスサーバー)。そこで、エックスサーバーの評判を上げている特徴や、口コミ、どのプランがオススメなどを徹底解説したいと思います!
初心者むけWordPress(ワードプレス)の使い方 #1【投稿】

 

 

Webサイトビルダー

Jimdo でかんたんホームページ作成

最後に紹介するホームページの作り方はWebサイトビルダーです。

一番簡単にホームページを作成できるソフトはWebサイトビルダーになります。Webサイトビルダーは簡単に言ってしまえば、ネット上でログインして利用するホームページビルダーです。すでにネット上にあるので、ボタン1つでサイトを公開でき、検索エンジンに引っかかるようになります。

会社やお店の公式サイトやブログを作成する場合には、基本的にCMSが最もオススメです。しかし、CMSでは、サーバーの設定やセキュリティ対策などを自分で行う必要があります。

CMSは基本的に何か問題が起こっても自己解決しなければなりませんが、Webサイトビルダーは何か分からないことがあれば、企業がサポートしてくれます。ホームページは持ちたいけど、なんかセキュリティとかサーバーとか小難しいことは開発会社に丸投げしたい場合にはWebサイトビルダーがオススメです。

Webサイトビルダーはコーポレートサイト(企業の公式サイト)やポートフォリオサイトを作成するのに適しています。会社名関連のキーワードであれば、Webサイトビルダーでも簡単に上位表示されるのでSEO対策は必要ありません。

しかし、ブログやメディアなど活字をふんだんに盛り込んだサイトを作成して、一般キーワードから集客したいのであれば、頑張ってWordPressの使い方をマスターしましょう。もしWordPressが難しそうであれば、無料ブログの方がまだ検索エンジンに評価されやすいです。

Webサイトビルダーは、今注目のソフトなので、多くの企業からサービスがリリースされています。特に有名なのが、Wix・Jimdo・グーペです。この中で最もカスタマイズ性が高いが、少し操作性を勉強する必要があるのがWix。「とにかく簡単に」を追求したグーペ、その中間がJimdoという位置づけです。

おすすめWebサイトビルダーについての詳細はコチラの記事を参考にしてください。

Webサイトの自作にオススメのホームページ作成ツール比較ランキング
ホームページ作成ツールはどれでも良いわけで貼りません。どれも一長一短あり、完璧なホームページ作成ツールは存在しません。そこで、ホームページ作成ツールを比較しランキングを作成したので参考にしてみてください。

 

まとめ

ソフト名カテゴリ学習難易度有料/無料オススメ度
Atomテキストエディタ★★★★★無料★☆☆☆☆
DreamweaverWebオーサリングツール★★★★☆有料★☆☆☆☆
BiNDWebオーサリングツール★★☆☆☆有料★★★☆☆
WordPressCMS★★★☆☆無料★★★★★
DrupalCMS★★★★★無料★☆☆☆☆
Joomla!CMS★★★★☆無料★☆☆☆☆
WixWebサイトビルダー★★☆☆☆有料/無料★★★★☆
JimdoWebサイトビルダー★★☆☆☆有料/無料★★★★★
グーペWebサイトビルダー★☆☆☆☆有料★★★★★
  • Macでのホームページ作成ソフトとしては、「テキストエディタ」「Webオーサリングツール」「CMS」「Webサイトビルダー」の4種類
  • 学習意欲の高い方はCMS、簡単にホームページを作成したい人はWebサイトビルダー
  • CMSではWordPressがSEOに強く学習難易度も低い

以上がMacのおすすめホームページ作成ソフトでした。基本的に個人事業主やWeb専門担当者が配置できない中小企業が選ぶソフトとしては、WordPressかWebサイトビルダー(Jimdoやグーペ)になります。

住み分けとしては以下のような感じになります。

レンタルサーバー借りれる → Wordpress

ブログを書くので検索に強いサイトを作りたい → WordPress

なるべく簡単に公式サイトを簡単に作りたい → Webサイトビルダー(Wixやグーペなど)

レンタルサーバーは自信がないけど、ブログ集客はしたい → Webサイトビルダー + 無料ブログ(アメブロ、はてなブログなど)

ワードプレスは汎用性が高く、思ったほど難しくないのと、分からないことがあれば、ネットで調べればすぐ情報が出てくるので、一番最初にチャレンジすべきでしょう。もし、一人で学習できるか分からない方はTechAcademy [テックアカデミー]にあるWordPressコースかWebデザインコースあたりを検討してみてください。

WordPressを利用する場合にはレンタルサーバー(ホームページのデータの保管場所)を利用する必要があります。エックスサーバーにはワードプレスを簡単にインストールする機能があるのですぐにワードプレスサイトをサーバー上に設置できます。エックスサーバーは10日間無料で利用できるので、チャレンジしてみてください。ワードプレスも当然無料で使えます。

エックスサーバーやワードプレスの簡単インストールについての詳細はコチラの公式ページを御覧ください→エックスサーバー

エックスサーバーとは?料金プランや評判の特徵・口コミを徹底解説!
多くのブロガーや中小企業で採用されている大人気のレンタルサーバーがXSERVER(エックスサーバー)。そこで、エックスサーバーの評判を上げている特徴や、口コミ、どのプランがオススメなどを徹底解説したいと思います!