グーペってSEOに強い?弱い?

シェアする

SEO

グーペにSEOが強いも弱いも関係ありません。基本的にグーペ内に掲載するような情報は、どんなホームページ作成ツールで作っても上位表示されるからです。

ホームページ作りたくて、色々なホームページ作成ツールを比較している方もいると思います。

国産のホームページ作成ツールの1つである、Goope(グーペ)が良さそうに見えるんだけど、ちゃんと検索上位表示されるのかな?

と疑問に思っている事業者の方もいるのではないでしょうか?

折角ホームページをつくるのであれば、やっぱりSEOに強いサイトにしたいですよね。

結論から言えば、公式サイトに載せるような情報であれば、SEOってあまり関係ないんです。

グーペにSEOは必要ない

グーペにSEO対策ってあまり関係ありません。グーペを検討している事業者の多くが飲食店やヘアサロンなどの店舗系事業者の方、もしくは中小企業の公式サイトです。

そしてグーペ内で必要になってくるページは主に以下のようなものです。

  • メニュー/製品情報
  • 住所/アクセス
  • 会社概要/店舗情報

このような情報は何もSEO対策しなくても勝手に上位表示されるようになります。

これらの情報を調べる場合、ユーザーは既にホームページの所有者のことを知っています。

「◯◯レストラン」「◯◯株式会社」と事業者名を直接打ち込んだり、

「◯◯レストラン 住所」「◯◯株式会社 会社概要」など、事業者名とユーザーの検索意図を打ち込んでサイトを訪れます。

ホームページの運営歴が1年以上で、よほど酷いHTMLの構造になっていない限り、上記のような検索ワードでは検索結果の1ページ目に表示されます。

公式サイトが最も権威性が高いので、検索エンジンは公式サイトを上位表示してくれます。

だからグーペを利用しようが、他のツールを利用しようが、SEO対策はあまり必要ないです。

以上です……

おいおい、自分が知りたいのは、近くの人が「◯◯市 カフェ」って入力したら、自分のお店が上位表示させられるかどうかだよ!

自分のビジネスのことを知らない人を集客したいんじゃい!!

って方も多いと思うので、こちらも説明します。

一般キーワードでのSEO

カフェ
たとえば「◯◯市 カフェ」というカテゴリキーワードに対して自分の店舗を検索結果に表示させたいとします。

この場合、SEO対策というよりは、実際のお店の努力が必要になります。

基本的にカフェとユーザーが打ち込んだら、不特定多数のカフェから評判のいい複数の選択肢を知りたいです。だからリスト形式のページが上位に表示される傾向にあります。

試しに検索してみてください。きっとリスト形式のページが大半だと思います。

食べログ、Retty、ぐるなびといったグルメサイトやNaverまとめや個人ブログで複数のカフェをまとめているページが上位表示されるはずです。

一般キーワードで特定の事業者のホームページを上位表示をさせるのは難しいです。

グーペだとか他のホームページ作成ツールのSEOとか関係ありません。

でも、地域や業種によっては1ページ目にそれぞれのお店や会社の公式サイトが表示されているのを見たことがある方も多いと思います。

とても評判のいいカフェだったら表示される可能性があります。

さらに「◯◯市 子連れ カフェ」のような、より競合が低い検索意図だと上位表示される可能性はもっと高いです。

これってどのような理由で検索上位表示されているのでしょうか?

検索ワードや地域、業種によって難易度は違いますが、基本的に公式サイトが上位表示されるかどうかはSEOの力ではなく、事業者の評判です。

◯◯市で、多くの人が、あるカフェについて調べているな… よし!このカフェの公式サイト上位表示してみよ!

と、検索エンジンのアルゴリズムが判断しているかどうかは不明ですが、

検索ワードやインターネット上でのユーザーの行動などから、評判のいいカフェが検索エンジンでも推測可能だと思われます。

中にはブログを書いている人もいて、お店の記事を書いてくれたり、公式サイトのリンクを貼ってくれたりするかもしれません。リンクはダイレクトに検索エンジンに評判であることを伝えてくれます。

だから、最大のSEO対策は、お店を利用してくれたお客さんの満足度を向上し、口コミを通してユーザーがネット上でお店の情報を多く調べてくれるような評判のいいお店にすることです。

また、マスコミなどに取り上げられれば、多くの検索が行われたり、被リンクの獲得もできるので、地元のタウンメディアなどにプレスリリースを送るのもいいかもしれません。

ブログを書いてみる

ブログ

ブログを書くのはSEO的に、非常に有効な手段です。

たとえば「◯◯市 カフェ お子様ランチ」といったキーワードで記事を書けば、案外簡単に上位表示できる可能性があります

記事を見たユーザーが、

「見た目も可愛いし、添加物も入っていなくて、国産の野菜を使っているから子供にも安心だわ」

って思ってブログ記事で存在を知って訪れてくれるかもしれません。

だから、ユーザーが検索しそうなキーワードでブログを色々と書いていくのはSEO対策的には超オススメですね。

◯◯市と地域限定系キーワードは、上位表示がメチャクチャ簡単で、効果絶大です!!

でも、残念ながらグーペってブログ書けないんです。

今時ブログ機能もないなんて、ポンコツやな!!

って思わないでください。

それにブログ機能があろうがなかろうが、無料ブログの利用をオススメします。

店舗系ビジネスなら、特にAmeblo(アメブロ)とかがいいのではないでしょうか。

アメブロで作ったブログはドメインパワーが強いので上位表示されやすく、多くの事業者が集客に成功しています。

独自ドメインでのブログは、なかなか検索エンジンに評価されにくく、集客が大変です。特に最初の1年目はあまりにもの集客力の少なさからブログを書くモチベーションとの葛藤に悩まされるでしょう…

Wix、Jimdo、WordPressといったブログが書けるようなシステムでホームページを作成しているような方でも無料ブログのドメインパワーを利用してブログ運営をすれば強力なSEO対策になるでしょう。

まとめ

グーペだろうが、他のホームページ作成ツールを使っていようが、同様に上位表示される可能性があります。SEOはあまり関係ありません。

ただし、グーペで作成するようなページは基本的に会社概要やアクセスなど、事業者の存在を既に知っている人に向けた情報です。

「カフェ」「美容院」「塾」といった一般キーワードで検索で検索上位表示させるには、口コミなど、ホームページ作成のテクニック以外の部分で頑張りましょう。

また、無料ブログを利用して、様々なニッチキーワードで記事を書いていくことで、ブログが上位表示されるので、公式ホームページと合わせて、利用を検討してみてください。

結論として公式ホームページにSEOはあまり関係ないので、グーペでも、他のホームページ作成ツールでも自分の好きなものを選んで運営すればいいです。

グーペは15日間の無料お試し期間が用意されています。メールアドレスを登録するだけで、すぐに利用できるので、ぜひ一度自分の手で触って体験してみることをオススメします。国産ツールだけあって、日本国内向けのホームページが非常に作りやすいことが分かると思います。

グーペ

シェアする

フォローする