ホームページが作成できない飲食店オーナーにはグーペがオススメ

カフェ グーペ

レストランを経営しているけど、ウェブサイトが自分で作れないし、Web制作会社に発注したら高いとお悩みの飲食店経営者の方も多いのではないでしょうか。

Goope(グーペ)なら、HTML・CSSといった難しいことは全く分からなくてもホームページが簡単に作成できます。



グーペが飲食店にオススメな理由

グーペは元々、飲食店特化のホームページ作成ツールとして開発されていました。故にグーペには、飲食店のホームページに必要な機能が数多く備わっています。

テンプレートが豊富

Goope飲食店

様々なジャンルの飲食店に対応したテンプレートが用意されています。無料テンプレートだけでもかなりの数が用意されているので、きっと自分の飲食店にマッチしたテンプレートが見つかると思います。WixやJimdoとは違い、グーペは国産のホームページ作成ツールです。日本人が好むデザインが数多く用意されています。

アクセス解析が利用可能

Google Analytics

ホームページ上のユーザー情報について調べる「アクセス解析」が利用可能です。グーペオリジナルのアクセス解析とGoogleアナリティクスが利用できます。

アクセス解析によって、どのようなページが多く見られているのか、どのような年齢層がサイトを訪れているのかなど、実際の飲食店運営にも利用できるような役立つデータを収集することが可能です。

SNS(Facebook・Twitter)連動

Facebookの「いいね!」ボタンをグーペのサイト内に設置したり、SNSと連動させることが可能です。

オリジナルクーポン作成

飲食店において割引クーポンなどは集客手段として人気の方法の1つです。グーペではスマートフォンで読み取れるQRコード付きクーポンを簡単に作成することが可能です。

グーペのクーポン例

お問い合わせ機能

お問い合わせフォームでメールの送受信が可能です。

電話での問い合わせを減らすことが期待できます。

よくある問い合わせでの質問(FAQ)は、サイト内で情報を提供してあげるようにしましょう。

求人ページ

求人募集も可能です。アルバイトの募集は公式サイトからでは難しいかもしれませんが、社員募集であればお店で修業したいという方が公式サイトから応募してくる可能性があります。

フォトアルバム

メニューの写真など画像を掲載する昨日も、もちろん用意されています。

メルマガ配信

求職者

ビジネスにおいて最も重要な資産は顧客リストだと言われています。飲食店においても顧客リストが重要なのは同じです。

メールマガジンは顧客リストに対し情報発信をすることが可能なので、この機会にメールマガジンによるマーケティングを実践してみてはいかがでしょうか。

PDFファイルのアップロード

Web上では表現できないような紙メディアのような表現も、PDFファイルとしてアップロードすることによって可能です。

ショッピングカート機能

オリジナル商品の物販を検討しているレストランも多いと思いますネットショップでは全国に商品を販売することが可能なのがメリットです。

ショッピングモールの出店料は高いので、個人の飲食店では出店できない場合も多いと思います。それであれば、グーペで作成した公式サイトにショッピング機能を実装してみてはいかがでしょうか。

グーペカラーミーショップキャンペーン

マップ(地図)を埋め込むことが可能

飲食店は実際に訪れる必要があるので、公式サイトにGoogleマップは用意しておきたいです。

カレンダー機能

年末年始や祝日などの営業時間は、公式サイトでも発信しておきたい情報です。

食べログなどでは臨時休業はカバーできないので、公式サイトでイレギュラー(不規則)な急転日は知らせてあげた方が親切でしょう。

レスポンシブデザイン

パソコンとスマートフォンやタブレットなど、画面サイズに合わせてレイアウトが変わることをレスポンシブデザインと呼びます。JimdoやWixなど他のホームページ作成ツールにもある機能ですが、グーペも当然レスポンシブ対応です。

広告なし

公式サイトに広告はふさわしくありません。無料ブログではないので、もちろん広告は掲載されません。

メールでのサポート

グーペは有料のサービスなのでメールでのサポートを受けることが可能です。

WordPressなどは無料ですが、グーペより扱いが難しい上、サポート機能はありません。

 

WordPress (ワードプレス)とは無料で使えるブログツールです。簡単に記事を投稿したり、ホームページを更新することが可能で、このようなシステムをCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)と呼びます。ブログツールですが、カスタマイズによって幅広い機能を持たせることが可能です。世界の4分の1のサイトがWordPressによって制作されていると言われている程、広く普及しています。

WordPressとは」 -W2B-

 

グーペのような有料のホームページ作成ツールを利用するメリットの1つは、分からないことやトラブルがあった場合のサポート体制が整っていることです。

 

飲食店経営の強い味方! 月額1,000円(税抜)で始めるホームページ

SEO(検索に上位表示させること)に強い?

はてな

グーペの公式サイトには「検索順位に断然有利」と書かれています。

この表現に関しては「グーペを使えば検索上位表示される!」と誤解する方がいらっしゃるかもしれませんので、補足させてもらいます。

「グーペ」を使えば、Google/Yahooが検索上位表示してくれるようなことはありません。同じくSEOに強いと言われているWordPressなどでも同様です。

使っただけで検索上位表示されるような魔法のツールは存在しません。存在すれば検索エンジンを騙していることになります。検索エンジンは、検索エンジンの裏を書くような行為が嫌いなので、使っただけで上位表示されるツールが存在したらペナルティ対象です。バレたら検索圏外に飛ばされます

おそらく「検索順位に断然有利」という表記は、HTMLの文法が正しく、検索エンジンがサイト構造を理解しやすい設計ができているということだと思います。

グーペではなくても、他のホームページ作成ツールやWeb制作会社に依頼したサイトでも基本的に正しい文法でサイトは作成されます。素人が自分で作った場合などでは、出来ていないかもしれませんが……

また、WordPressといったカスタマイズ性の高いホームページ作成ツールを使うと、メタディスクリプションやパンくずリスト、関連記事の設置といった、様々なSEO対策も可能なので、グーペがSEOに対して優れている印象は個人的に受けません。

ということで、グーペだけがSEOに対して特別なわけではありません。

また、「サイト構造の理解のし易さ」と「コンテンツ(サイト内の掲載情報)」であれば、コンテンツの方が遥かに重要です。

SEOに強いサイトにしたければ、テキスト情報を充実させることです。

自分の飲食店であれば、食べログよりも、役立つ情報を発信してください。お店のことを知っているのは、そこで働いているスタッフです。お客さんでは書けない情報が数多くあるはずです。

テキスト情報が少なく、雰囲気の良さげな小洒落たお店の写真を載せておくだけでは、検索に強いサイトは作れません。

文字情報こそが検索される為には一番重要です。

まとめ

 

ホームページが作れない飲食店オーナーにはGoope(グーペ)によるホームページ作成がオススメです。

JimdoやWixなどの類似サービスもありますが、飲食店ということであれば飲食店運営に役立つ機能が数多く実装されているグーペが一番オススメです。

もし、ホームページ作成について学習する余裕があれば、WordPressの方がオススメです。カスタマイズできることがグーペより多いです。ただしセキュリティなどの問題もあります。飲食店経営をしながら、HTML・CSS・PHP・WordPressの使い方を学習するのはハードでしょう。

カスタマイズ性がWordPressより多少下がりますが、グーペでも公式サイトとしての集客する効果は十分あります。

グーペは15日間の無料お試し期間が用意されています。メールアドレスを登録するだけで、すぐに利用できるので、ぜひ一度自分の手で触って体験してみることをオススメします。国産ツールだけあって、日本国内向けのホームページが非常に作りやすいことが分かると思います。

グーペ