参考にしたいグーペのホームページ制作事例

SINGAPORE HOLIC LAKSA グーペ

ホームページ作成ツールのGoope(グーペ)

WixやJimdoなどと同じく、Webサイトビルダーと呼ばれるHTMLやCSSなどの小難しい知識が全くなくても簡単にホームページが作成できてしまう今注目のWebサービスです。

しかし、いくら簡単にホームページが作れると言っても、完成するサイトのクオリティが低いのでは意味がありません。

グーペではどんなサイトが作れて、実際の事業者がどのような使い方をしているのか興味がある方も多いのではないでしょうか?

そこで、実際の会社やお店がグーペを利用して、どのようなサイトを作成しているのか事例を集めてみたので、参考にしてみてください!

※画像をタップするとサイトに移動することができます

カフェ「六季」

カフェ「六季」

東京都立川市にある、カフェのホームページです。

店舗情報も画像ではなくテキストにて書かれています。店舗情報は画像ではなく、テキスト情報にすることによって、検索エンジンに内容を伝えることができます。公式情報はSEO(検索エンジン)対策なしでも上位表示しやすいので、グーペで作成されたホームページでも「店舗名 + 住所」などの検索ワードでしっかり1位表示されていることがカフェ「六季」さんのサイトからも分かると思います。

店舗情報の場合、最も権威が高くなるのが、お店の公式サイトに掲載された情報です。「食べログ」や「ぐるなび」よりも信頼性が高いので、画像ではなく、カフェ「六季」さんのようにテキストで記載するようにしましょう。

また、クーポンも下の画像のようにQRコードを利用して掲載することが可能で、カフェ「六季」さんでも利用しています。QRコードならスマートフォンで読み取ることができるので、集客手段として役立つ可能性大です。QRコードが簡単に使えるのはグーペの強みですね。

 

グーペのクーポン例

 

他にもカレンダー機能も利用しています。休業日と営業日がひと目でわかります。営業開始時間と閉店時間情報も、記載することが可能です。

 

グーペのカレンダー

 

 

ブログは無料ブログのJUGEMやAMEBA OWNDを利用して書いており、グーペのサイトにはブログへのリンクを貼っています。

 

グーペ無料ブログへのリンク

Webサイトビルダーはお店や会社の公式サイトを作ることは得意ですが、ブログ(長文の記事)は苦手です。

おそらく、グーペ内でブログを書いても、ブログ記事が検索上位表示されることは少ないです。そこで、カフェ六季さんでは、グーペ公式でもオススメしているように無料ブログサービスを利用してます。

無料ブログは色々な人がコンテンツを発信しているので、検索エンジンに見つけてもらいやすく、検索上位表示しやすいです。たとえば「カフェ 地域名 子連れ」などの一般キーワードをしっかりキーワードを設定して記事を作成すれば、検索からブログを見て集客に繋がる可能性があります。

特に地域名が入っているのライバルが少ないです。田舎で競合が少ないのであれば、ブログ集客する余力があれば是非チャレンジしてみてください。

AmebloExciteSeesaaなど他の無料ブログサービスを利用しても
、もちろん問題ありません。店舗ビジネスはアメブロが検索上位表示されている印象を受けるのでオススメしています。

 

グーペ

スニーカーのセレクトショップ「GALLERY STORE」

スニーカーのセレクトショップ「GALLERY STORE」

ファッションサイトらしく、ナビゲーションメニューなどが全て英語で書かれたホームページです。

日本語のテキストの方が、頭には直感的に入ってきて良いのですが、ファッション関連など世界観を作る必要がある場合には英語で表記し、日本語では多くを語らないという戦略もアリだと思います。

デザインもシンプルでおしゃれな雰囲気に仕上がっています。

画像のページはグーペ内に作成するのではなく、インスタグラムにリンクさせています。グーペも優れた画像表示機能があるのですが、インスタの方がSNSでシェアしてもらいやすいので、SNS上で管理しているようですね。

 

コンサルティング会社(株式会社バルーン)

株式会社バルーン

アパレルコンサルティング事業を行う株式会社バルーンさんでは、コーポレート(企業)サイトとして、グーペを利用しています。

自社でBALLOON STYLEというメディアも運営しているので、グーペを用いずどもWebサイトを制作することは可能でしょう。しかし企業情報を掲載するだけの基本的なコーポレートサイトであれば、管理コストを最小限にする為に、あえてグーぺで作成しているのではないかと思われます。

 

 

LIHO LONDON

 

キッズアパレルブランド「LIHO LONDON」も運営しています。こちらは1カラム(サイドバーがない)デザインで画像を全面に打ち出したウェブサイトになっています。ファッション関連だと、このような1カラム型のデザインが栄えるのでオススメです。

コレクションでは、多くの写真をグリッド上に並べて表示しています。パソコン上でなら、カーソルの左右ボタンで次の画像に遷移することも可能です。グーペの画像ギャラリー機能はかなり優秀だと感じます。

 

ヘアサロン mer by PUUR

mer by PUUR

こちらは美容院のホームページです。

グーペには画像のスライドショー機能があるので、色々なヘアスタイルの写真を表示できます。画像を魅せたい、サロン系のサイトにグーペはかなりオススメですね!

 

グーペイメージギャラリー

「mer by PUUR」さんでは、スタッフの情報が顔写真付きで表示されているので、来店したことのないお客さんに、スタッフの顔を知ってもらえるように工夫されています。スタッフ情報は顔写真付きで詳しく書くと集客に繋がりやすいですね。

サイトの右上には、常に電話番号とお問い合わせフォームが表示されているので、予約などの連絡が取りやすい設計になっています。

 

グーペ問い合わせボタンの事例

メニューは左上のハンバーガーボタン(3本線)に隠れています。まるでWordPressで作ったかのようなデザインと機能性です。カッコイイ…!

 

グーペメニュー事例

予約画面はホットペッパービューティーへ飛ばすように設計されています。

 

 

整体院「まのわ整体院」

まのわ整体院

こちらの整体院さんのホームページでは、外部の予約サービスをグーペのホームページ内に埋め込んでいます。一度会員登録しておけば、2回目以降の利用はグーペ内でログインするだけで予約することが可能になります。

 

グーペ予約機能

 

スイーツ専門店「まきば (makiba) 森下ぷりん研究所」

まきば (makiba) 森下ぷりん研究所

グーペと姉妹サービスとして開発されているネットショップカラーミーショップを利用することで、ショッピング機能を実装することが可能です。

こちらのサイトでもショッピング機能を利用して、プリンなどの食品の物販事業を行っています。

 

グーペ事例オンラインショップ機能

 

また、メールマガジン配信の登録ページも用意されています。メールマガジンに登録する方は、購買意欲の高い方です。購買意欲の高い人たちにプロモーション情報が届けられるので、メールマガジンを利用したマーケティングも余力があれば検討してみてください。

 

グーペ

飲食店「SINGAPORE HOLIC LAKSA」

SINGAPORE HOLIC LAKSA

シンガポール料理の専門店です。

こちらのテンプレートではスライドショーは横に流れるタイプです。

スライドショーには大きく分けて、「フェードイン・アウトするタイプ」と「右から左に移動するタイプ」があります。フェードイン・アウトするタイプが高級感が演出できます。右から左に移動するタイプは多くの画像を掲載したり、親しみやすさがあります。

また海外の料理店ということで、英語ページも用意されています。英語ページは、シングルページで全ての情報が1ページに集約されています。

 

グーペ事例英語ページ

SINGAPORE HOLIC LAKSAさんではナビゲーションメニューの中に英語ページへのリンクを貼っていますが、サイトのわかりやすい位置に以下のような国旗の画像リンクを貼っておくことも、もちろん可能です。

 

Wix多言語化ボタン

 

飲食店「切麦や 甚六」

切麦や 甚六

うどん料理専門店「切麦や 甚六」さんのホームページです。

グーペはオシャレなカフェやサロンなどが使われているイメージがありますが、実は和風のデザインも大得意だったりします。というか、競合のWixやJimdoなどが海外で開発されているのに対し、グーペは日本の会社が国内向けだけに開発しているので、日本っぽい雰囲気を演出したいのであれば、グーペが最強です。

「切麦や 甚六」さんではメニュー(お品書き)が非常に洗練された和風なデザインになっています。海外で開発されたテンプレートは日本語テキストのはまり具合がイマイチな場合も多いですが、グーペは日本人しか使わないので、とにかく日本語が読みやすく設計されているのが特長の1つです。

 

グーペお品書きテキスト事例

 

まとめ

Goopeロゴ

  • テキストはなるべく画像にする
  • QRコードのクーポンが作りやすい
  • カレンダー・Googleマップ・予約機能も埋め込み可能
  • 画像ギャラリーがオシャレ
  • SNSや無料ブログと連携させている事例が多い
  • 自動でスマホ最適化
  • ネットショップとの親和性も高い
  • 日本風のサイトが得意

グーペを利用すれば色々なサイトが作成することが可能だということがお分かりいただけたかと思います。

たとえば、競合ツールであるJimdoだと、どんなサイトも同じような「Jimdoっぽいサイトになってしまう」と揶揄されることがあります。没個性がHTMLやCSSの知識なしで作成できるホームページ作成ツールの宿命であったりもします。

グーペも同じような問題を抱えてもおかしくはないのですが、日本だけに開発されているからか、簡単にホームページを作成できるというメリットはそのまま、サイトの個性もはっきりと打ち出すことができる製品に仕上がっています。

グーペを使えば店舗型ビジネスでも会社の公式サイトでも、様々なバリエーションのサイトが作成できます。HTML・CSSを勉強する時間はないけど、自社で簡単に更新できるホームページを手に入れたい場合はグーペを検討してみてください。

グーペは15日間の無料お試し期間が用意されています。メールアドレスを登録するだけで、すぐに利用できるので、ぜひ一度自分の手で触って体験してみることをオススメします。国産ツールだけあって、日本国内向けのホームページが非常に作りやすいことが分かると思います。

グーペ