工夫次第で自由自在!グーペ作られたホームページの事例

シェアする

SINGAPORE HOLIC LAKSA

簡単にウェブサイトが作成できるGoope(グーペ)。WixやJimdoなどと同じく、Webサイトビルダーの1つです。

グーペでは実際にどのような使い方をされているのか興味がある方も多いのではないでしょうか?

実際の会社やお店がグーペを利用している事例をチェックしてみました。

※画像をタップするとサイトに移動することができます

カフェ「六季」

カフェ「六季」

東京都立川市にある、カフェです。

店舗情報も画像ではなくテキストにて書かれています。店舗情報は必ず画像ではなく、テキスト情報にしましょう。テキストでないと検索エンジンに情報が伝わりません。

店舗情報の場合、最も権威が高くなるのが、お店の公式サイトに掲載された情報です。「食べログ」や「ぐるなび」よりも信頼性が高いので、しっかりと記載しましょう。

クーポンも下の画像のようにQRコードを利用して掲載することが可能です。QRコードならスマートフォンで読み取ることが可能です。

グーペのクーポン例

カレンダーは、休業日と営業日がひと目でわかります。営業開始時間と閉店時間情報も、記載することが可能です。

グーペのカレンダー

ブログはJUGEM(ジュゲム)を利用して書いており、グーペのサイトにはブログへのリンクを貼っています。

グーペはお店や会社の公式サイトを作ることは得意ですが、ブログ(長文の記事)の表示が苦手です。

おそらく、グーペ内でブログを書いても、ブログ記事が検索上位表示されることは少ないでしょう。そこで、カフェ六季さんでは、グーペ公式でもオススメしているように無料ブログサービスJUGEMを利用してます。

JUGEMの方が記事に対する検索には強いです。たとえば「カフェ 地域名 子連れ」などでしっかりキーワードを設定して記事を作成すれば、検索からブログを見て集客に繋がる可能性があります。

特に地域名が入っているのライバルが少ないです。田舎で競合が少ないのであれば、ブログでの集客は絶対にやった方が良い集客施策です。

JUGEMだけでなくAmebloExciteSeesaaといった他の無料ブログサービスを利用しても
、もちろん問題ありません。

スニーカーのセレクトショップ「GALLERY STORE」

スニーカーのセレクトショップ「GALLERY STORE」

ナビゲーションメニューなどが英語で書かれたホームページです。

日本語のテキスト情報の方が、頭には直感的に入ってきて良いのですが、ファッション関連など世界観を作る必要がある場合には英語で表記し、日本語では多くを語らないという戦略もアリだと思います。

デザインもシンプルでおしゃれな雰囲気に仕上がっています。

画像のページはグーペ内に作成するのではなく、Instagram(インスタグラム)にリンクさせています。グーペよりもインスタの方が写真の管理や表示に関しては使いやすいので、効果的な使い方だと思います。

コンサルティング会社(株式会社バルーン)

株式会社バルーン

アパレルコンサルティング事業を行う株式会社バルーン様では、コーポレートサイトとして、グーペを利用しています。

自社でBALLOON STYLEというメディアも運営していますので、グーペを用いずどもウェブサイトを制作することは可能でしょう。しかし企業情報を掲載するだけの基本的なコーポレートサイトであれば、管理を最小限にする為にグーぺで作成しているのではないかと思います。

LIHO LONDON

キッズアパレルブランド「LIHO LONDON」も運営しています。こちらは1カラム(サイドバーがない)デザインで画像を全面に打ち出したウェブサイトになっています。ファッション関連だと、このような1カラム型のデザインが栄えるのでオススメです。

コレクションでは、多くの写真をグリッド上に並べて表示しています。パソコン上でなら、カーソルの左右ボタンで次の画像に遷移することも可能です。

ヘアサロン mer by PUUR

mer by PUUR

画像のスライドショー機能があるので、色々なヘアスタイルの写真を表示できる美容院にはオススメです。

スタッフの情報が顔写真付きで表示されているので、来店したことのないお客さんに、スタッフの顔を知ってもらえます。

可能であれば、スタッフ情報は顔写真付きで詳しく書くと集客に繋がります。

サイトの右上には、常に電話番号とお問い合わせフォームが表示されているので、予約などの連絡が取りやすい設計になっています。

メニューは左上のハンバーガーボタン(3本線)に隠れています。右上に電話番号と問い合わせフォームがあるので、左上になってしまったのでしょうね。

予約画面はホットペッパービューティーへ飛ばすように設計されています。
メニューはグーペ内にも専用ページがあります。画像ではなく、テキストで記載されているので、検索エンジンにも引っかかるようになっています。メニュー・価格情報も店舗情報と同じく権威のある情報なので、しっかりと公式ホームページ内に情報を記載するようにしましょう。

求人ページもあります。

整体院「まのわ整体院」

まのわ整体院

こちらの整体院さんのホームページでは、外部の予約サービスをグーペのホームページ内に埋め込んでいます。一度会員登録しておけば、2回目以降の利用はグーペ内でログインするだけで予約することが可能です。

スイーツ専門店「まきば (makiba) 森下ぷりん研究所」

まきば (makiba) 森下ぷりん研究所

グーペはネットショップ作成サービス「カラーミーショップ」を利用することで、ショッピング機能を実装することが可能です。

こちらのサイトでもショッピング機能を利用して、プリンなどの食品の物販事業を行っています。

また、メールマガジン配信の登録ページも用意されています。メールマガジンに登録する方は、購買意欲の高い方です。購買意欲の高い人たちにプロモーション情報が届けられるので、メールマガジンを利用したマーケティングに活用してみてはいかがでしょうか。

飲食店「SINGAPORE HOLIC LAKSA」

SINGAPORE HOLIC LAKSA

シンガポール料理の専門店です。

こちらのテンプレートではスライドショーは横に流れるタイプです。

スライドショーには大きく分けて、「フェードイン・アウトするタイプ」と「右から左に移動するタイプ」があります。フェードイン・アウトするタイプが高級感でます。右から左に移動するタイプは多くの画像を掲載することが可能です。

海外の料理店ということで、英語ページも用意されています。英語ページは、シングルページで作成されています。
シングルページとは、1ページにホームページの全ての情報を集約させてしまうことです。管理が簡単なので、多くの企業サイトで利用されている形式です。サイトの管理はとにかく最小限にしたい場合はシングルページでのサイト作成も検討してみてください。

まとめ

目的によって、色々な使い方をしていらっしゃいます。工夫次第で、色々な見せ方ができたり、機能を実装することができるようです。

グーペを使えば店舗型ビジネスでも会社の公式サイトでも、様々なバリエーションのサイトが作成できます。HTML・CSSを勉強する時間はないけど、自社で簡単に更新できるホームページを手に入れたい場合はグーペを検討してみてください。

今ならグーペには15日間の無料お試し期間が用意されています。メールアドレスを登録するだけで、すぐに利用できるので、ぜひ一度使ってみてください!

ホームページが驚くほど簡単に楽しく作成できるはずです!

グーペを今すぐ試してみたい方はコチラ!→グーペ

シェアする

フォローする