グーペ使いたいけど独自ドメインって何?購入するなら別のサイトで!

はてな グーペ

Goope(グーペ)でこれから、ウェブサイトを作成したいと思う人もいらっしゃるのではないででしょうか?

グーペならHTMLやCSSが全く分からなくても、ホームページが作成できてしまいます。

でもドメインって何? 毎月料金が発生するみたいだけど購入しなきゃダメ?と悩んでいる方はコチラの記事を参考にしてください。

独自ドメインとは

独自ドメインとはインターネット上の住所です。このサイトであれば「w-2-b.com」が独自ドメインになります。

もしグーペで独自ドメインを使用しないのであれば「http://r.goope.jp/●●●」がホームページのURLになります。●●●の部分は好きに決めることができますが、グーペのドメイン内に、部屋を借りるような形式です。

独自ドメインを取得すると、そのサイトは自分の物になります。独自ドメインを使用しないと、グーペから一時的に間借りしているような状態です。

グーペドメインのデメリット

独自ドメインを使わずグーペのドメイン内でサイトを運営していると、いくつかデメリットがありあます。

無料ブログよりドメインパワーが弱い

SEO

AmebloSeesaaなど無料ブログのドメインパワーを利用して、上位検索させるという手法もあります。
しかし現段階でグーペのドメインのサイトが上位表示されているのは、あまり見かけません。グーペは最近出来た新しいサービスなので、古くからある無料ブログと比べて、ドメインパワーは強くないようです。(ブログなど検索流入しやすいコンテンツが少ないということもあります)

引っ越ししたら使えない

サイトのURLが「http://r.goope.jp/●●●」とグーペのドメイン内にあるので、グーペの利用を辞めたら、そのURLは使用できなくなります。

ドメインが長い

URLがr.goope.jp/●●●となるので、名刺に印刷する場合に長くなり、体裁がよくないです。ドメインは、手打ちする人のことも考えて、できるだけ短く、覚えやすいものにしておきたいです。

ペナルティの影響

もし、グーペ内にある他のサイトがペナルティを受けたら、その影響を受ける可能性があります。ペナルティを受けると検索に表示されない可能性もあります。リスク軽減の為にも独自ドメインの利用をオススメします。

グーペの独自ドメインは高い

 

と、ここまでグーペのドメインよりも独自ドメインでサイトは運営した方が良いというお話をしました。

グーペでも独自ドメインは販売しています。しかし、グーペ経由で独自ドメイン購入すると高いです。

以下がグーペのドメインの利用料金表です。

月額300円(税抜) .com .net .org .info .biz .tokyo .nagoya .yokohama .okinawa
月額500円(税抜) .jp .club .company .gallery .graphics .education .agency
月額800円(税抜) .shop .works .coffee .kitchen .estate .events .community .industries .productions .repair .training
月額1000円(税抜) .expert .recipes

 

このドメイン料金は月額です。年額ではありません。一番安い月額300円だと年間3,600円(税抜)です。基本的にドメイン会社で購入した場合、年間約1,000円で利用できるので、グーペで購入する必要はありません。ムームードメインお名前.comなど別のドメイン購入サービスで購入しましょう。

「ムームードメイン」もグーペと同じGMOペパポ株式会社が運営していますが、なぜグーペ経由だとこんなに高額なのか、意味がわかりません。明らかに損なので、グーペ経由でドメインは購入しないようにしましょう。
ちなみに、ドメインは特にこだわりがないのであれば、一番安い「.com」にしましょう。これが一番汎用的でどのようなサイトにも利用できます。.netも汎用的なドメインですが、店舗ビジネスでは、ちょっと不自然に感じます。

他のドメインは見る人によって印象は違います。無難な.comなら誰が見ても安心するのでオススメです。

まとめ

グーペの借り物のドメインを使用するよりも、自分専用のでドメインを取得した方がメリットが多いです。

独自ドメインを取得する場合はグーペでは取得せずにムームードメインなど、他のドメインサイトを利用しましょう。

グーペは15日間の無料お試し期間が用意されています。メールアドレスを登録するだけで、すぐに利用できるので、ぜひ一度自分の手で触って体験してみることをオススメします。国産ツールだけあって、日本国内向けのホームページが非常に作りやすいことが分かると思います。

グーペ