グーペでブログ運営できるの?頑張れば書けるけどやめたほうがいい

グーペ

グーペでもブログページを作成できますが、無料ブログなどを利用した方が幸せになれます。

この数年、コンテンツマーケティングといったトレンドのおかげで、

ホームページを作ったらには、良質なコンテンツを資産として形成していかなきゃね!

みたいな雰囲気になりました。

コンテンツマーケティングとは簡単にいえば、役立つブログ記事を書いて、検索エンジンからの自然検索数を増やしたり、ファンを作るということです。

飲食店だと「自宅で簡単なプロ並のうどんだしの取り方」

美容院だと「前髪を自宅で可愛く切る方法」

みたいな感じで、ブログ記事を書いてお店の存在を知ってもらったり、専門性をアピールしたりできます。

多くのブロガーは単なる素人領域の情報を発信しています。しかし事業を行っている人たちは、一般人の人が持ってない知識の宝庫です。

役立つ情報を発信できれば、ブログから売上につながるお客さんを増やすことができるでしょう。

ということで、ブログ記事を書くことは時間コストに見合った集客手段になるので、広告以上に重要となっています。

そこでグーペでホームページを作るなら、ブログで集客したいって思っている方もいると思いますが、グーペでのブログ運営はオススメしません。

グーペはブログ機能はない

グーペには、そもそもブログ機能はありません。

もちろん新しいページは作れるので、ブログのように書いていくことはできますが、もともとブログ用に設計されていないので、使い勝手は悪いでしょう。

今の時代はコンテンツマーケティング全盛なんだから、ブログ機能ぐらい実装してよ!

って思うかもしれませんが、

グーペをはじめとした「Webサイトビルダー」はページ数が多くなるようなサイトの作成はちょっと苦手です。

一応WixやJimdoのような別のWebサイトビルダーであれば、ブログも作成できるのですが、それでもWebサイトビルダーでのブログ作成はオススメしないです。

なぜならWebサイトビルダー内でブログを書いている人が少ないので情報が少ないからです。

ちょっと、このボタンのデザインを変更したいんだけど…

といった情報が極端に少ないのがWebサイトビルダーを使用するデメリットです。

インターネットで情報を発信するような人であれば、そもそもWebサイトビルダーは使いません。もう少し複雑で柔軟にカスタマイズできるシステムを利用します。

また、Webサイトビルダー製のブログ記事が検索エンジンに上位表示しやすいかどうかも未知数です。Webサイトビルダーで本気出してブログ書いている人がいないので。

せっかく良質な記事を書いても上位表示にされるのか分からないのであれば、グーペではなく無料ブログを利用した方が遥かにメリットがあります。

でも無料ブログじゃなくて、独自ドメインでブログは運営した方がいいって聞いた…

など、無料ブログにいい印象を持っていない方もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

無料ブログは新しく自分でサイトを立ち上げるよりも、簡単に検索エンジンに上位表示させることができます。

大した内容じゃないのに、アメブロやはてなブログだと、どこの誰が書いたか分からないような記事が上位表示されているのを、見かけませんか?

これは無料ブログのドメインパワーが検索エンジンから評価されているので、同じような内容のブログを独自ドメインのサイトで書いた場合よりも上位表示されやすいのです。

無料ブログのドメインパワーを利用して、多くの中小企業やスモールビジネスの事業者は集客に成功しています。しかも無料で。

それに無料ブログだと、ホームページ内でブログを書くよりも、親しみやすいカジュアルな文体で記事を書きやすいです。

公式サイト内の会社概要といった固めの情報とブログを別々に運営することによって、集客に特化したブログでは、将来のお客さんが親しみやすい文章で書くことができます。

カジュアルな文章だったらFacebookページでもいいんじゃない?

って思ったかもしれませんが、Facebookページは古い記事ほど読まれにくく、検索にもヒットしないので、無料ブログをオススメします。

でも、無料ブログって勝手にアカウント削除されるって聞いたんだけど…

って心配になるかもしれません。

店舗系のビジネスや中小企業のブログが削除されることは稀です。

ネットビジネスだとか、情報サービスのコンサルティングだとかは、ブログサービスによっては削除される可能性がありますが、店舗系の事業者の無料ブログが勝手に削除されることは、あまり聞かないので、安心して使って大丈夫です。

まとめ


グーペには、ブログ機能はありませんが、SEOに強い無料ブログを使えばブログ機能がなくても、問題ではありません。

むしろ会社概要やプレスリリースなど権威性が必要な情報はグーペ、集客目的のカジュアルな記事は無料ブログといった使い分けの方が、同じサイトに書くよりも効果が期待できます。

無料ブログにも公式サイトにも、お互いのリンクを貼り付けることだけは忘れないでくださいね!

リンクを貼っておけば、無料ブログでの記事に興味を持った方が、お店の詳細な情報を確認したり、公式サイトだけでは分からないお店の情報を無料ブログでチェックすることができ売上アップにつながります。

グーペは15日間の無料お試し期間が用意されています。メールアドレスを登録するだけで、すぐに利用できるので、ぜひ一度自分の手で触って体験してみることをオススメします。国産ツールだけあって、日本国内向けのホームページが非常に作りやすいことが分かると思います。

グーペ