何が違うの?カラーミーリピートとカラーミーショップの比較

シェアする

カラーミーショップとカラーミーリピート

GMOペパポ株式会社から新しいネットショップ作成サービスの「カラーミーリピート」がリリースされました。

GMOペパポは既に「カラーミーショップ」というネットショップ作成サービスをリリースしていますが、この2つの違いは一体何なの?

という疑問をお持ちの方も多いようなので、カラーミーショップとカラーミーリピートの比較解説したいと思います。

カラーミーリピートとは

カラーミーリピートロゴ

サービス名 カラーミーリピート
サービス開始日 2017年11月20日
開発運営会社 GMOペパポ株式会社
所品登録数 無制限
ページ作成数 無制限

カラーミーリピートとは、定期購入特化型のショッピング機能サービスで、同じくGMO株式会社が運営しているショッピングカート機能のカラーミーショップとは姉妹サービスになります。

両者の位置づけとしては以下のように差別化されています。

  • カラーミーショップ= ネットショップ作成
  • カラーミーリピート= 定期購入専門のサイト作成

既にカラーミーショップを利用している方はお気づきの方もいるかと思いますが、実はカラーミーショップにも、定期購入の決済機能があります。だから、カラーミーリピートと機能が重複するのでは?と感じる方もいると思います。

確かにカラーミーリピートとカラーミーショップでは、機能的に重複する部分もあります。カラーミーショップで十分なこともありますが、より定期購入のネットショップ機能で事細かなカスタマイズをしたい場合には、カラーミーリピートしかできないことがあります。

どのような機能が違うのかは後ほど、詳しく解説したいと思います。

カラーミーリピートとカラーミーショップとの値段比較

カラーミー
リピート
カラーミー
ショップ

(エコノミー)
カラーミー
ショップ

(レギュラー)
カラーミー
ショップ

(ラージ)
月額固定費 9,800円 900円 3,240円 7,800円
初期費用 無料 3,240円 3,240円 3,240円
決済手数料 3.4% 代引きは
280円〜
代引きは
280円〜
クレジットは4.0%~
トランザクション 30円 0円 0円 0円

カラーミーショップとカラーミーリピートの機能を比較する前に、カラーミーショップとの値段の比較をしておきます。

カラーミーショップには「エコノミー」「レギュラー」「ラージ」の3つのプランがあり、どのプランも定期購入を利用することが可能です。

エコノミープランは月額固定費900円から利用できるので、カラーミーリピートよりもかなりお得に定期購入機能を利用できるように感じられます。

しかしながら、カラーミーショップのエコノミープランとレギュラープランの決済方法は、「代引き」か「銀行振込み」です。クレジット決済とコンビニ後払いのどちらも利用できないので、たとえ定期購入機能が利用できても実際に買ってもらうハードルが非常に高くなり、まず売れません。

実質的に選択肢としてはラージプランとの比較になります。

カラーミーショップのラージプランは月額固定費7,800円です。初期費用は3,240円と掛かりますが、月額固定費は7,800円です。合計するとカラーミーショップラージプランとカラーミーリピートは同じぐらいの月額料金になるのではないかと思われます。

事業者さんによって①定期購入機能だけ欲しい場合と②ネットショップの一部として併用したい場合があるので、①の場合はカラーミーショップと同じぐらいのコスト、②の場合には2つ分のシステムの費用が毎月必要になるので、本当にカラーミーリピートを別途導入すべきかどうか、熟考しなければなりません。

カラーミーリピートとカラーミーショップとの機能比較

カラーミーショップ
(ラージプラン)
カラーミーリピート
商品 商品コード(SKU) X
決済方法
  銀行振込、代引き、クレジットカード
クレジットカード、コンビニ後払い
実装方法
ネットショップ構築
X
LP作成
購入ボタンの他サイトへの埋め込み
定期購入の
サイクル設定
毎週 X
毎月
隔週 X
1〜12ヶ月に1回 X
初回最短設定 X
日にち指定
曜日指定 X
複数設定 X
オーナーによる変更
購入者による変更 X X

それでは、カラーミーショップのラージプランとカラーミーリピートの機能比較をしていきたいと思います。

カラーミーリピートは支払い方法にコンビニ後払いも選択可能

まず決済機能ですが、カラーミーショップは「銀行振込」「代引き」「クレジットカード」の3つが選べます。一方のカラーミーリピートは「クレジットカード」と「コンビニ払い」です。

一見カラーミーショップの方が選択肢が多いようですが、銀行振込と代引きは定期購入とは相性が悪いです。購入者は振込手数料や代引き手数料を支払わなければなりませんし、毎月、支払いを強く意識します。定期購入では、いかに毎月の支払いについて意識させないかが重要なポイントになります。

この点で言えば、クレジットカードであれば、自動で毎月引き落としが実行されるので、最強の支払い方法になります。

しかし一方で楽天やAmazonのような有名なサイト以外にクレジットカード情報を渡したくない購入者も少なからず存在します。そのような方にとっては、手数料無料で、商品が到着してからコンビニで支払いができる「後払い決済」が用意されている「カラーミーリピート」の方が、売上を上げやすいでしょう。

カラーミーリピート

カラーミーリピートはネットショップ作成でできないが、LP作成は得意

カラーミーショップでは数多くの商品を売ることができるネットショップを作成することが可能です。

カラーミーリピートも複数の商品の扱うことは可能ですが、Amazonや楽天で見るような、商品をリスト表示することはできません。

カラーミーショップのリスト表示

その代わり、カラーミーリピートではランディングページの作成がカラーミーショップ以上に得意です。

画像を選択していくだけで、定期購入と相性のいいランディングページ(LP)が簡単に作成できます。決済機能もページ内に埋め込むことが可能なので、少ないクリック数で定期購入を申し込んでもらうまでの工程が短いLPを作成することができます。

カラーミーリピートLP作成

ほかにも、既にカラーミーショップなどで通販サイト運営している場合には、定期購入の購入ボタンだけを他サイトで実装することも可能なので併用することも可能です。

カラーミーショップ内にカラーミーリピートのボタンのみ実装した例

カラーミーリピート通販サイト内に定期購入ボタンの埋め込み事例

定期購入のサイクル設定

定期購入のサイクル設定はカラーミーショップよりもカラーミーリピートの方が詳細に設定できます。

カラーミーショップにも、「毎月」「日にち指定」などの一般的な設定はありますが、「隔週」「初回最短設定」「曜日設定」など複雑なサイクル設定が行いたい場合には、カラーミーリピートを選択すべきです。

カラーミーリピート

まとめ

カラーミーショップとカラーミーリピート

  • カラーミーショップにも定期購入の機能はある
  • カラーミーショップラージプランとカラーミーリピートの月額費用は大体同じ
  • カラーミーリピートでネットショップは作れない
  • カラーミーリピートはLP作成が得意
  • カラーミーリピートの方がより詳細な定期購入の設定をカスタマイズ可能
  • カラーミーショップなど他のネットショップにカラーミーリピートの定期購入ボタンを埋め込んで併用することが可能

カラーミーショップにも定期購入機能はあります。しかしながら、定期購入という特性上、クレジットカード払いは必ず必要となるので、エコノミー・レギュラープランはおすすめしませ。

さらにカラーミーリピートの場合には、カード決済の他に、個人情報を入力したくないお客さんを取りこぼさないために、コンビニ後払いの決済方法も選択することが可能です。

カラーミーリピートは複数の商品のランディングページを作成することが可能ですが、ネットショップ自体を作成することはできません。

ネットショップも作成したい場合には、カラーミーショップなどでネットショップと併用する必要があります。定期購入したい商品だけカラーミーリピートで作成した決済ボタンを埋め込む方法をオススメします。

カラーミーリピートは実際に商品を販売するまでは無料で使用できるので、まずは実際に自分で使ってみることをオススメします。

カラーミーリピート