激安ホームページ制作会社を利用する場合の注意点

シェアする

お金

事業がまだ小さめの規模の時は、ホームページ制作費用も節約しておきたいところです。

そこで、格安・激安を謳ったホームページ制作会社を検討している事業者もいると思うので、格安業者を利用する場合の注意点について整理しておきたいと思います。

トータルでの制作コストを確認しておく

激安ホームページ制作会社の中には初期制作費用0円の業者も数多く存在します。

もちろんビジネスな訳で、これにはカラクリがあります。ほぼ間違いなく月々のメンテナンス契約も必要です。

メンテナンス契約は業者によって違いますが、ホームページのサーバーの管理やテキスト・画像情報の更新などの業務です。

最初の制作とは違い、そこまでの作業は発生しないのですが、毎月数千円〜数万円は必要になります。制作会社側にとっては、安く見せかけておいて、月々固定で収入が入ってくるのでウハウハですね。

結局メンテナンス代のおかけで全然格安じゃなかった…

というケースが結構起こってしまいます。

自社でレンタルサーバーを借りて、更新も行えるのであれば、メンテナンス契約不要の会社を選びましょう。

ちなみにWordPressといったCMS用にホームページを制作してもらうと、HTMLやCSSが分からなくても、簡単に新着情報やブログページの作成・更新が行えるので、スモールビジネスには最適です。

他にも

  • ドメイン・サーバー・SSL代などは含まれているか
  • ページ数によって追加料金が必要かどうか
  • 最低契約年数はあるか
  • ドメイン所有者は誰か
  • 他の業者に乗り換える場合、料金が発生するか

など後から思っていた以上に費用が必要になったとならないように注意しておきたいところです。

連絡が取りやすさ

低価格のホームページ制作業者の中には、コスト削減のために、連絡手段を制限している場合もあります

連絡方法がメール・チャットだけなのか、電話サポート可能なのかなど、どのようなコミュニケーション方法が用意されているのかも確認しておきましょう。

ホームページ運営を行っていると、緊急で連絡が取りたくなる場合があります。

そのような場合でもメール・チャットでなければ対応してもらえないのは、ちょっと辛いかもしれません。

ちなみに、個人のWeb制作事業者の方は、住所を掲載していない方もいます。契約した場合、事業者情報を、開示してもらえるのかどうかは確認しておきましょう。

倒産の危険性はないか

ホームページ制作会社は、参入の敷居が低いため、多くのWeb制作会社が乱立している業界です。

ホームページ制作会社が倒産すると、管理維持を委託している場合には、面倒なことになる可能性があります。

安定している会社かどうか、地元での評判、制作実績なども確認しておいた方がいいでしょう。

Web制作者のライフスタイル

個人のWeb制作事業者の方には副業として行っている場合もあります。

また、女性Webデザイナーさんであれば、育児の合間に自宅で仕事を請け負っている場合もあります。

更新・メンテナンス業務を本業や育児よりWeb制作を優先してもらえるのかどうかなど、どこまでプロ意識を持って仕事を受注しているのか確認しておきたいところです。

オリジナルかデザインテンプレートか

格安制作業者の場合、デザインテンプレートを用いた制作になる場合があります。

テンプレートではデザインが決まっていて、そこに会社名などのテキストなどを流し込むだけで完成するので、量産が可能です。

オリジナルのホームページで激安なのか? それともテンプレートを用いて激安なのか? は意味が違ってくるので確認しておきましょう。

もちろん、オリジナルの方が制作コストは高いです。なるべく低価格で作ってもらいたいのであれば、妥協は必要ですが、どこまで希望を汲み取ってもらえるのか確認しておきましょう。

また中には大量のテンプレートを用意しておいて、発注側で選ばせる業者もあります。テンプレートであれば、必ずレスポンシブ対応のものを選びましょう。

レスポンシブ対応とはスマートフォンで閲覧した場合でスマホ用のレイアウトに自動で最適化される機能です。
大量にテンプレートを持っていても、昔に作ったもので、レスポンシブデザインではないのであれば、意味がありませんよね。

非レスポンシブは他にもHTML 構造などが古かったりと、検索エンジン的にも不安要素があるので、選ばないようにしましょう。

そのデザインで売上を上げられるか

テンプレートを利用すると他の会社とデザインがかぶるかもしれないので、同業他社のデザインを確認しておきましょう。

ホームページは企業イメージにも関わるので、同業他社のサイトと比べて、あまりにも古臭いデザインになりそうな場合は、集客の為にも、利用は控えておいた方がいいでしょう。

格安のホームページ制作はデザイン的に安っぽく見えてしまうものも存在します。

いかにも、お金を持ってなさそうに、見えるサイトだと

「本当に取り引きしても大丈夫…?」

「このレストラン、食材の仕入先も危なそう…」

など、直感的に不安な印象を与えてしまいます。

激安ホームページで必要な機能は実現可能か

激安のホームページ制作の場合、欲しい機能などが実現できない場合があります。

予約フォームやSNS連携など、絶対に欲しい機能が実装可能かどうかを確認しておきましょう。

業者のホームページ自体は魅力的か

Web制作会社の自体のホームページは魅力的なサイトでしょうか?

ホームページ制作会社の中には「サイト制作」はできても、「売れるサイト」の制作はできないといった、Webマーケティングの知識が乏しい業者も数多く存在します。

本当にWeb制作事業者なのかと疑うようなデザインやサイト設計ページも存在します。

業者のホームページが見にくかったり、使いにくかったりする場合は利用しない方が無難でしょう。SEOの内部対策知識なども最新の情報を追えていない可能性もあります。

制作実績はあるか

ホームページ制作会社によって、デザインに特徴があります。在籍しているデザイナーが好んで使うテクニックなどで、どのようなホームページなるのかが、なんとなくイメージが沸いてきます。

なので、制作実績を確認して、デザイナーの得意不得意・クセなどを理解しておきましょう。

また何故か読み込むのが遅いサイトが多い場合などは技術的に何か問題があるかもしれないので、利用は控えておいた方が無難です。

まとめ

以上激安ホームページ制作会社を利用する場合の注意点でした。

ホームページ制作業は、数が非常に多く玉石混交です。

激安路線のホームページ制作会社は技術では生き残れないと判断した業者なので、オススメしないという方もいます。

少し勉強すれば、Web知識のない人を騙すのは簡単なので、どの激安業者であれば信用できるのか判断が難しい部分もあります。

そこでオススメなのは、ホームページ制作に資金があまり投入できない時期は自作してしまい、資金的に余裕が出てきたら、激安路線ではないホームページ制作会社に、オリジナルのサイトを発注することです。

自作とっても、Webサイトビルダーを使えば、HTMLやCSSなどが理解できていなくてもWord感覚でホームページが作れてしまいます。

最近人気のあるホームページ作成ツールはWix・Jimdoグーペです。

「安かろう悪かろう」はトラブルの素にもなりやすいです。本当に激安ホームページ制作業者を利用する必要があるのかどうか、もう一度よく考えてから契約しましょう。

また、契約する場合でも、個人でもホームページを自分で作成したことがあるスタッフや知り合いがいれば、契約内容を一度確認してもらっておいた方が、余分な費用やトラブルに会わなくて済みます。

シェアする

フォローする