WordPress (ワードプレス)とは

シェアする

wordpress

WordPress (ワードプレス)とは無料で使えるブログツールです。簡単に記事を投稿したり、ホームページを更新することが可能で、このようなシステムをCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)と呼びます。ブログツールですが、カスタマイズによって幅広い機能を持たせることが可能です。世界の4分の1のサイトがWordPressによって制作されていると言われている程、広く普及しています。

WordPress テーマとは

WordPressのテーマとは洋服のようなものです。テーマを替えただけで、そのホームページのデザインや雰囲気をガラリと変えることが可能です。

WordPress プラグインとは

プラグインはWordPressに機能を付加する為のプログラムです。「お問い合わせフォーム」や「掲示板」など、ホームページに実装したいと思った機能の多くは、既に誰かが作ってくれている場合が多く、プラグインをインストールするだけで、簡単に利用することができます。

WordPressを使うメリット

簡単にブログの投稿が可能

他の無料ブログサービスのようにブログを簡単に投稿できます。ブログを簡単に投稿できるということは、ホームページ制作会社を介さず、自社でホームページの情報をアップデートしていくことが可能ということです。検索流入からホームページに訪れてくれる方を増やすには記事を書くことが非常に重要なポイントですので、自社で記事の投稿がしやすいことはWordPressを用いる大きなメリットでしょう。

無料で利用できる

WordPressはオープンソースなので無料で利用できます。他の営利企業が制作しているホームページ作成ツールは、サービスを利用すること自体に料金が発生することが多いので、WordPressを利用することによってコストの削減ができます。

また無料ブログサービスなどにあるような広告が勝手に表示されるということもありません。

自由度が高い

WordPressよりも簡単にホームページを作成できるサービスはありますが、それらは概して自由度が低いことが多いです。

WordPressは多機能な上、オープンソースの為、世界中の多くの方がテーマやプラグインを公開してくれているので、それらを組み合わせることにより幅広い表現が自分でコードを書かなくても可能になります。

サーバーとCMSが切り離し可能

WordPressの他にもホームページ作成ツールは数多く存在します。しかしながら、ホームページを設置する「サーバー」とホームページ作成ツールがセットで販売されている為に、自社のホームページにサーバーが適さない可能性もあります。

WordPressであればサーバーが重かったり、容量不足と感じたら、自由に引っ越しすることが可能です。

SEO(検索)に強い

WordPressを使っているからという理由だけで検索エンジンに評価はされません。しかしながら様々なプラグインによってSEOに有利に働く可能性のある機能を追加することが可能です。

また、検索エンジン会社が公表している検索順位に影響を与える内部施策の多くがWordPressなら自動的に実行されたホームページを生成することが可能です。

情報が手に入りやすい

WordPressはホームページ制作会社でも、よく利用される制作ツールです。日本語での情報も多く、自力で問題を解決する方法が見つかりやすいです。

またホームページ制作会社でも多数使われているということは、それだけ多くの法人のホームページ環境でも利用されてきた実績があるということを意味します。

WordPressを使うデメリット

HTML・CSS・PHP・WordPress独自の関数の知識が必要

たとえ既存のWordPressテーマを利用したとしても、あなたの実現したいホームページに合わせるために、多少はプログラムを編集する必要が生じるはずです。ゆえに、HTML、CSS、PHP、WordPress独自の関数の知識が全くない場合には学習が必要です。特にCSSは見た目の部分に関わるので、より効果の高いデザインに変更するなど編集したくなることでしょう。

悪意のあるテーマやプラグインの存在

数多くのWordPress用のテーマやプラグインが無料にて公開されています。しかしながら、それらの中には悪意のあるプログラムが含まれていて、あなたのホームページを攻撃する可能性があります。

最初の環境設定が難しい

慣れてしまえば簡単な作業ですが、初めての人にとっては、WordPressサイトのセットアップは少し分かりにくいかもしれません。

アップデートが頻繁

WordPressは頻繁にアップデートが行われています。世界中に多くのユーザーがいるのでその分、攻撃の対象になりやすいです。

そしてアップデートが頻繁に行われているということは、それだけ多くのセキュリティの危険性が発見されているということでもあります。

利用は自己責任

WordPressを使うデメリットとしては、オープンソースなので、たとえ何か問題があったとしても誰も責任は取ってくれません。全て自己責任です。

できないことや向いていないこともある

WordPressはもともとブログを書くためのツールです。プラグインである程度のことは実装できますが、何でもできるわけではありません。

シェアする

フォローする