Wikipediaよりも丁寧に解説!ホームページ作成のWixとは?

シェアする

Wixアニメーション

人気ホームページ作成ツールのWix(ウィックス)。

Wixのようなホームページ作成ツールは他にもJimdoやグーペ、Bind Cloud、ホームページビルダーといった競合ツールがありますが、どれを選んだらいいかお悩みの方も多いのではないでしょうか?

Wikipediaにどんなツールなのか解説があまり詳しくなかったこともあり、Wixでどんなことができるのか記事にしたので、ツールを選ぶ際の参考にしてみてください!

Wix(ウィックス)とは?どんな特徴がある?

Wix

Wixは2006年にイスラエルで誕生した、HTML・CSSによるコーディング不要で直感的にホームページを作成できるWebサービスです。2018年現在は全世界でユーザー数が1億人を突破しています。日本を含めたカスタマーサポートチームはアメリカに存在し、ナスダックにも株式上場している巨大サービスとなっています。

Wixでホームページを作ると以下のようなメリットがあります。

  • HTML・CSSの専門知識不要
  • 自分で更新できる
  • スマートフォンにも自動で対応
  • アニメーションも簡単実装
  • デザインテンプレートが豊富
  • 豊富でリーズナブルな料金体系

HTML・CSSの専門知識不要

Wix編集画面

ホームページを作成するには、サイトの構造を表すHTML、デザインのCSS、またアニメーションなどの動きの実装はJavaScript、問い合わせフォームで情報の受け渡しなどのPHPなど、様々なコーディング・プログラミング知識が必要になります。どんなサイトでも最低でもHTMLとCSSは必須です。

しかし、Wixを使えば、WordやExcelを使うぐらいの難易度で、ホームページを簡単に作れてしまいます。

マウスでテキストやボタンなどを移動すれば、それでサイトのレイアウトを作れてしまいます。

スマートフォンにも自動で対応

Wixスマホ

そんな簡単に作ったサイトでも、スマートフォンで見た際にも自動で最適化(レスポンシブデザイン)されています。

PCだけでなくスマホ対応にするには、本来であれば、高度な技術が必要ですが、Wixで作成すれば、どんなサイトでもレスポンシブデザインになります。

アニメーションも簡単実装

Wixアニメーション

最近はWixのようなホームページ作成ツールもいくつか登場しています。

しかし、その中でもWixが群を抜いて得意なのがアニメーション機能です。

ボタンやテキストをアニメーションさせたり、背景をビデオにしたりといった、動きのあるサイト制作は他のWebサイトビルダーよりも得意としていることで、Wixではければ実装できなかったりします。

デザインテンプレートが豊富

Wixテンプレート

WixのようなWebサイトビルダーではデザインテンプレートを変更することによって、着せ替え人形のように、サイトのデザインを変更することが可能です。

Wixは500種類以上のテンプレートを用意しています。Webサイトビルダーの中でもダントツでテンプレートの数が多いのがWixです。

自分で更新できる

Wixログイン

なぜWixのようなWebサイトビルダーが世界中で人気が高まっているかというと、自分で更新できるからです。

これまでは、新着情報1つ更新するにも、HTML内に記載しなければならなかったので、ホームページの知識がない素人がサイト更新するのが難しかったです。そして、ちょっとした更新でもホームページ制作会社にメンテナンス代などと称され毎月多額の固定費を支払う必要がありました。

しかし、Wixを用いれば、自分の好きな時に、好きなだけホームページの情報を変更することができます。

問い合わせフォームや電話番号の位置を、より効率のいい配置にカスタマイズして、より集客できるサイトに作り変えていくことが可能です。

豊富でリーズナブルな料金体系

Wix料金

高機能なWixですが、合計6種類の料金プランがあり、無料版も用意されています。月額払いと、さらにお得な年間契約があります。

Wix公式サイト

Wix(ウィックス)で作れるホームページ

Wixで作れるホームページは以下のようなものがあります。

  • コーポレート(企業)サイト
  • ポートフォリオなどの個人サイト
  • ショッピング(通販)サイト
  • サロンなどの予約サイト

コーポレート(企業)サイト

株式会社 山忠

問い合わせや資料請求フォーム、PDFファイルの配置に、地図の埋め込みもできるので、企業の公式ホームページ(コーポレイトサイト)の作成で困ることはないでしょう。

Wixのようなホームページ作成ツールを使って作成したホームページの疑問点として「これって上位表示されるの?」ということだと思います。

ブログ記事などは正直わかりませんが、基本的に公式サイトなど権威性が高いページは、Wixのようなツールを使っても上位表示されることが数多くのサイトで証明されています。

ポートフォリオなどの個人サイト

Wixでスライドショー

個人のポートフォリオ・ギャラリーサイトもWixの得意なジャンルです。

自分の制作物などを掲載したい場合には画像などを利用すると思いますが、Wixでは画像表示のギャラリー機能があるので、多くの画像を掲載するのも得意です。

またYouTubeビデオの埋め込みなども可能です。

ショッピング(通販)サイト

WixオンラインショップWixショップ機能

Wixだけでショッピング(通販)サイトを作成することも可能です。

ショッピングサイトはクレジットカードなどのセキュリティもあり、個人が手を出しにくい領域の1つです。Wixであればセキュリティなどの問題はWix側に丸投げできるので、ユーザーはWixによって提供された機能を利用するだけで、高いセキュリティレベルのショッピングサイトを制作することが可能です。

サロンなどの予約サイト

Wix予約

サロンやクリニックなど一部の店舗系ビジネスでは予約機能が必要な場合もあると思います。WixにはWixブッキングという機能を使えば、予約機能の実装を行うことが可能で、PayPalにて決済も行うことが可能です。

Wix公式サイト

Wix(ウィックス)で作れない・向かないホームページ

以上Wixで作れるホームページでした。大半の事業者にとって、Wixで作れるホームページで十分です。しかし、Wixも万能なツールではないので、作れないページや作成するのに向いていないホームページも存在します。

大手企業の大規模なページ

大手企業のような、独自デザイン性が高いサイトや、100ページ以上もなるようなサイトはWixには向きません。

Wixが得意とするのは、中小企業や店舗ビジネス・フリーランスなどのホームページです。

ページ数が多いとWixでは管理しにくくなることや、別のサービスに引っ越しすることになった場合のページの受け継ぎが面倒なのでオススメしません。

複雑なショッピング機能を持ったサイト

Wix単体でショッピング機能も利用できます。しかし、100商品しか利用できないなどの制限はあります。

またグローバル仕様ということで、どうしても少し大雑把な作りです。日本の商習慣に合ったショッピング機能を利用したいのであれば、カラーミーショップなど日本のWeb会社が開発しているショッピング機能を別途契約することをオススメです。

読み込みが軽いサイト

Wixの弱点の1つとして、ページの読み込みが遅いことです。Wixは多機能ですが、その分処理が重いのか、ロード時間が少し長くなる時間帯が存在したりします。

もしWixと同じようなホームページ作成ツールで読み込みが速いサイトを探しているのであればグーペをオススメします。

ブログサイト

一応Wixではブログも書くことは可能です。

しかしブログを書きたいのであれば、Webサイトビルダーではなく、WordPressAmebloはてなブログなどの無料ブログサービスをオススメします。理由は引っ越ししにくいことや、Webサイトビルダーでのブログ記事は、良いコンテンツを書いたとして適切に上位表示されるのか未知数だからです。(あまりWixでブログを書いている人を見かけません)

まとめ

Wixのロゴ

  • Wixは2006年に誕生し世界でユーザー1億人を突破している人気ホームページ作成ツール
  • WixではHTML・CSS・JavaScript・PHPなどの知識は一切不要
  • 自動でスマートフォンサイトにも対応
  • 動きのあるサイト作成が得意
  • デザインテンプレートが500種類以上
  • 企業サイト・通販サイト・サロンなどの予約サイトが作れる

Wixでホームページを作成するのがオススメの方は、自分でホームページの新着情報やニュースなどを更新したい中小企業や店舗ビジネスです。

他に似たようなツールとしてJimdoやグーペがありますが、ライバルツールにはないデザインの豊富さや動きのあるサイトが作れるのがWixの特徴です。

とにかくホームページのデザインやボタン・テキストなどの配置をいじくり倒して、ホームページからの集客をアップさせたい方にとってはWixは最もオススメです!

Wix公式サイト


シェアする

フォローする