Wikipediaよりも丁寧に解説!Goope(グーペ)とは

シェアする

Goopeロゴ

ホームページ作成を検討している方の中で、Goope(グーペ)という名前を耳にしたけど、

グーペって一体何?

と、知らない方も多いと思います。

ウィキペディアのグーペの説明が物足りないので、より詳しく解説したいと思います。

グーペとは

グーペは、誰でも簡単にホームページが作成できるWebサービスです。

Goopeロゴ

ホームページビルダーに似ていますが、Webサービスなので、パソコンにインストールする必要はありません。

同じようなホームページ作成WebサービスにWixJimdoがあり、ホームページが簡単に作れるWebサービスを総称して「Webサイトビルダー」と呼びます。


Wixはイスラエル製、JImdoはドイツ製で、日本だけをターゲットとして開発されているわけではありません。グーペは日本のGMOペパポ株式会社が、日本人のスモールビジネスだけをターゲットとして開発しているWebサイトビルダーとして今注目を浴びています。

グーペはとにかく無駄を削ぎ落としたシンプル設計

なぜ、グーペでホームページが簡単にホームページが作成できるかと言うと、

あらかじめ用意しておいた50種類のデザインテンプレートの中から好きなものを選ぶだけで、ホームページのベースが完成するからです。

グーペテンプレート

グーペはWixやJimdoと比べ、とにかく無駄を削ぎ落としているので、ホームページが誰でも簡単に作れるようになっています。パソコンが苦手という人でも迷うことありません。

テンプレートは、飲食店、雑貨店、美容院、会社のコーポレートサイト(公式サイト)から、神社仏閣といったユニークなものまで、幅広くラインナップされています。スモールビジネスであれば、何かしら自分の事業とマッチするものが用意されているはずです。

HTML・CSS・PHPとかホームページ作成のための小難しいWeb知識は全くありません。(もちろんCSSなどの知識があれば、よりWebデザインを作り込むことも可能です!)

サイトタイトルやページ内にテキスト情報を入力するだけで、完成します。

それに日本製ということもあり、以下のような機能が簡単に利用することができます。

  • 問い合わせフォーム
  • お店の予約機能
  • パソコンだけでなくスマホ・タブレット用のデザインに自動切り替え(レスポンシブ対応)
  • カレンダー
  • カラーミーショップと連携させショッピング機能の実装
  • スライドショー
  • フォトアルバム
  • メールマガジン
  • 求人情報の作成
  • メールアドレスの作成
  • PDFファイルのアップロード
  • SNSへのリンクやフォローボタンの設置
  • Web集客を改善するためのアクセス解析
  • QRバーコード機能付きの割引クーポン
  • 住所を入力するだけでGoogle Mapを自動的に実装
  • スマホからのサイト情報の更新

Wixのようにプラグインで機能を拡張していくことはできませんが、その代わり日本人のスモールビジネスで必要になりそうな機能が最初から簡単に利用できるようにカスタマイズされています。

だからパソコンが苦手な方でも直感的にホームページを作成・更新することができます。

飲食店やヘアサロンなどの店舗ビジネスに強い

グーペは特に店舗系ビジネスに強いです。

グーペはもともと飲食店やヘアサロンといった、店舗事業者の方が簡単にホームページが作れることをコンセプトとして開発されました。

そして日本の会社が作成したということで、日本の商習慣に対応した、メルマガや、カレンダー、割引クーポンなどの機能が、用意されています。

グーペのクーポン例グーペのカレンダー

Wixでこれらの機能を利用するにはプラグインを利用しなければならなかったりと、色々と複雑です。Wixは、ほとんど日本語での解説情報がないので、プラグインの利用は大変だと思います…

グーペでは海外対応を狙っていないからこそ、機能が簡単に利用できるようになっています。

WixやJImdoとは何が違うの?

グーペとよく比較されるのが、WixやJImdoです。

WixやJimdoについては、こちらの記事にまとめています。

関連記事:SEOはどれがいい?Wix・Jimdo・Goopeの比較 

要約するとまとめると、Wixが一番カスタマイズ製が高いですが、その分複雑で、レイアウト崩れなど、問題が発生しやすい。(あと、時間帯によってはやけに読み込みが遅いかな?)サポートはサンフランシスコなので、返信までにタイムラグがある可能性も…

グーペは、カスタマイズが低い分、シンプル設計で変なトラブルに巻き込まれにくい。そして、日本人サポートが受けやすい。

Jimdoはその中間です。

ショッピングカート機能もカラーミーショップとの簡単連携で追加可能

グーペではショッピング機能を利用することも可能です。

ショッピング機能は、カラーミーショップという同じGMOペパポ株式会社が開発しているショッピングサイトに特化したWebサービスを利用します。

グーペカラーミーショップキャンペーン

カラーミーショップは、ネットショップが簡単に作成できるということで、10年以上の運用歴がります。

抜群の知名度があり、中小企業向けネットショップといえば、「カラーミーショップ」をイメージする方も多いと思います。

グーペを使っている人は、割引価格でカラーミーショップが使えるようになります。

WixやJImdoでもネットショップ機能がありますが、やはり、日本人の商習慣などが取り入れられた、カラーミーショップなどと連携させる方がオススメですね。

カラーミーショップでネットショップ機能を作成して、コピペで、「カートに入れる」ボタンを表示させることが可能できるので、物販で販路を拡大してみてはいかがでしょうか。

まとめ

以上、グーペについて解説しました。

まとめると、グーペを利用すべき方はこんな方です。

◯グーペはこんな人にオススメ

  • なるべく簡単にホームページが作りたい
  • カスタマイズ性・細部のデザイン性は求めない
  • ブログは書かない or SEOに強い無料ブログで書く
  • 日本企業によるサポートが欲しい
  • カラーミーショップを安く使いたい

逆にグーペを利用すると不幸になる方はこんな方です。

◯グーペをオススメしない方

  • ブログは絶対にサイト内で書きたい
  • デザインを細部までこだわって作り込みたい
  • 内部リンク・メタディスクリプションなどWordPress並のカスタマイズがしたい方

今はWixやJimdoの方が、リリースが早かったので知名度的には負けていますが、今後お店や中小企業の公式サイトとして、グーペを採用する企業も、急拡大するはずなので、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

大半の方にオススメなDXプランであれば1年で12,000円と、お値段的にもお手ごろです。

グーペの15日間、お試しに申し込みたい方はコチラ→グーペ

シェアする

フォローする